FC2ブログ

おさななじみ




Sな女の子とMな男の子、そんなおさななじみの2人が大きくなって・・・
SM小説なんかではよくある設定なのですが、これは体験談です。



私は「隣の男の子」と結婚しました。
彼は私がデートした唯一の男性です。
私たちが13歳であったときから、私たちは(今まで)ボーイフレンドとガールフレンドでした。私たちがセックスの体験をし始めるまで、私は決して彼に対して恐れも、あるいは嫉妬も感じませんでした。
私は彼にキスのしかたを教えました。(あるいは私が彼にキスしたと言うべきですか!)。
私は彼に私の胸を見せて、そして彼に、私を楽しませる方法を教えました。
けれども私が初めて彼の勃起を見たとき、私は少し怖くなり、同時に魅せられていました。

あるとき、私たちが互いに16歳の時、私の母親の寝室でセックスゲームをしました。私は私の腿の間にろうそくを持って、そして彼に私がそれを使うつもりだと言いました。
ジェフは怖がりました、そして私はその反応を好ましく感じました。私は彼に向かって、私の母親のスリップの1着を投げて、「今日は女の子になってみたらどう?」と、言いました。

もともと弱くて、そしてサブミッシブなジェフは、素直に私に言われたとおり女性の着衣をしました。
彼がいかにも恥ずかしそうで、弱々しく見えて、私は興奮しました。私はぜいたくなサテンスリップの上から彼の体を触り、そして愛撫しました。彼の胸は信じられないほど私の刺激に敏感になりました。そして滑らかな黒いサテンのセクシュアルな感触に、彼は興奮ですすり泣きました。
彼がひたすらもだえ苦しんで、そして無力にうめいていたとき、私は彼の上に乗って、そしてろうそくのペニスで彼を「突き」ました! 彼は何かを言おうとしました。だから私はホットな濡れたキスで彼の口を覆ってしまいました。
私はろうそくを彼の肛門に挿入し始めました。そして彼は私にそれをやめるよう懇願しました。私は彼に本気でそういっているのか聞きました。そうしたら、彼は私を見て、そして彼の懇願を「どうか優しくやって」に変えました。私は彼が私と同じくらいそれを望んでいることがわかっていました。
私は潤滑について知りませんでした。しかしろうそくの蝋はそれが彼の中に容易に滑っていくことを可能にしました。
私は彼の敏感なニップルを優しく撫で続けながら、ろうそくで彼とセックスしました。
彼は私の母親のベッド中いたる所に液を噴き出してしまいました。母が家に帰る前に、私たちは洗濯物の中に掛ぶとんをほうり込まなければなりませんでした。

私たちの倒錯のゲームはそれが最後だったと思います。しかしジェフはセックス雑誌を学校に持って来ました。私たちは熱心に(主としてストッキングとサスペンダーを身につけている半裸の女性)驚くべき内容に見入っていました。私が「セックス用おもちゃ」の1ページの広告を見るまでは。
そしてそこには、大きい、太い威嚇するような、ストラップオンディルドーがありました。そしてそれはひどくおびえた様子の男性の上に立った、とても魅力的な若い女性が身につけていました。

そのイメージは何年もの間私の心に残りました。実際それは私のファンタジーの中心になりました!
私が21になったとき、シカゴへの旅行で、私は ストラップオンディルドーを買いました。それはウエストのひもと結び付けた股の部分の厚いベルトと、その下を結ぶ細いひもでできた、ぎこちない奇妙な作りでした。リアルなペニスは、威嚇的に突き出していて、革ひもで支えるにはあまりに重かったです。それは上下に揺れました。
私が初めてそれを身につけたとき、私は鏡を見て笑ってしまいました。けれどもこれは後にいくつも購入することになるストラップオンディルドーの最初のものでした。
私は私自身内部に挿入する大きなダブルディルドーさえ買いました。!
しかしながら、ストラップオンディルドーは、私の個人的なお気に入りでした。私のウエストにそれをひもで結び付ける単純な行為は私を奮い立たせるのに十分でした!

ジェフは私のフェティッシュについて何も知りませんでした。そして、我々二人ともに大学を卒業するまで、ジェフと私はデートしました。
22歳の時、私は彼と結婚しました。
私はよく考えてプランを練って、新婚旅行を計画しました。
私は私自身のために美しい短いナイロンナイトセットを、そしてジェフのためにブラを買いました。
そして、もちろん、ストラップオンディルドーも!

私はホテルの部屋で、かわいい白いナイティを着たまま、ジェフの服を脱がせました。 私は手のひらを彼の胸に押しつけて、カップのような形に盛り上げました。私はジェフに小さい胸の盛り上がりを作りました。そして、親指と人差し指で、ジェフのこわばった乳首を弄びました。
私はそれにキスして、私の口にくわえ込みました。 彼の震えている乳首を、舌でパッと払うようになめました!
「私はあなたの胸が好きよ。」
私は彼に
「私はあなたにブラをしてほしいわ!」
と、言いました。
彼は私の抱擁の中で硬くなっていました。しかし私は彼を愛撫して、そしてキスし続けました。私の唇と手で彼をなだめて、私は
「私はあなたにきれいなブラを買ったの。あなたはそれを身につけるのよ。」
と、ささやきました。

彼は青白くなりました、そして、私がその箱からフェザーライトのサテンとレースブラを取り出したとき、彼あうちひしがれた顔になりました。
私が冷たくて滑らかな肩ストラップを彼の腕に通したとき、彼は震えていました。そして、私が彼の胸にそれをしっかりと固定したとき、彼は目を閉じました。私は私の手の平を彼のブラの冷たいサテンカップを通して彼を愛撫するために使いました。彼の乳首は私の刺激に激しく反応しました。

私が他の箱に手を伸ばしたとき、ジェフは彼の小さいが、完ぺきな胸をじっと見下ろしました。 彼は穏やかにそれをカップのような形にしました。
私は腰に、ストラップオンディルドーを装着しました。 私が私の腿の間に ディルドーの内側のベルトを引き上げたとき、ジェフはそれを見上げました。
彼の目はショックで広がりました。
私はしっかりとベルトを固定して、そして8インチの突き出したペニスのシャフトを誇らしげに撫でました。 私はストラップオンを身につけることがそれだけでも好きでした。 それは私を強力で、そして強い気持ちにさせてくれました。そしてそれは必ず私の気持ちを奮い立たせました。
ジェフは、まだ、まだウェディングベッドの上に座って、彼の雪のように白いサテンブラをしたまま、彼の頭を振って、そして後ずさりしました。
「だめ! ベティー、やめて!」
彼のおびえに、私は思わず興奮して震えが来ました。私は狼のようににっこり笑いました。
「あなた、あの日、私の母親の寝室でのことを思い出さない? ほら、あのろうそく」
私はからかいました。ベッドの上に乗ると、私は彼を近くに引き寄せました。彼ののどにキスすると、私はささやきました。
「いったい何人の女性が、こんな風に結婚式の夜に怖がっていたかしらね。ジェフ、あなたは他の花嫁と同じようにおびえている処女よ。あなたは私に屈服して、そして楽しむことを知るのよ。」
私は彼を反対向きにして、そして後ろから彼に乗りかかりました。 私は一方の手で彼の髪をつかんで、そして空いた手で、彼の尻の裂け目の中に、私の太いシャフトを入れました。
私は彼とセックスしました、そしてそれは私が彼のバージンを奪っているような感覚でした。
私がディルドーを引き抜いたとき、ディルドーの先端にちょっぴり血がついていました。
「ご覧なさいジェフ、私はあなたのサクランボをいただいちゃったわ!」

彼はその夜私に屈服しました、そして我々の結婚の役割は永久に定められていました。
我々の性生活は、ジェフを女性化させることと、私がジェフにストラップオンを使うことが中心です。彼は口唇で私を楽しませます。しかし伝統的な性交はまれで、めったに行いません。
ジェフは我々の新婚旅行以来、性的には十分に満たされていません。そうさせておくのが私は好きなのです。私は決してジェフが不貞をはたらく心配をしなくてもよいでしょう。 彼は私を敬愛して、そしてサービスします。すべての結婚生活はこうあるべきでしょう。


性的に満たされない状態の置かれるのが、男にとって一番つらい責めだと思います。だから、この花嫁は、それを楽しんでいるのですね。同時にこの花婿もそれを楽しんでいるのでしょうね。
奥さんが最初からこれだけ割り切って、夫を支配する気持ちが強い女性だから、「夫の奴隷化」はどんどん進んじゃうでしょうね。
スポンサーサイト
[PR]

Voodoo



前回に引き続きのシリーズです。
Voodoo族の呪術を使って、ボーイフレンドの股間を責めています。
日本だとわら人形が呪いの代名詞のようになっていますが、海外でも似たものがあるんですね。

Wheel of Missfortune



あるブログからいただいたイラストです。
タイトルは、「Wheel of Missfortune」(幸運ならぬ不運の回転板?)
ただしmisでなくmiss独身女性に引っかけてるようです。

ストーリーがあります。ナタリー(左の女性)は大学の恋人と、いまいち満たされない関係でした。(性的に)ある日、古い友人のサディ(右側、アジア系ということ)と出会い、2人でこのボーイフレンドをしつけることにしました。
さっそくこのボーイフレンドに貞操装置をつけてしまいました。
このボードを見ると、一番大きい紫のところが「去勢」同じく大きな赤のエリアが「永久に貞操装置を外さない」「1ヶ月」「3年」「10年」「6ヶ月」「1年」「3ヶ月」「5年」「9ヶ月」
そして、ごく細ーいところに「オルガスム」と書かれています。

このサディという名前、Sadisticから取ったようで、残酷なフェミニストなのだそうです。

ううっ ひどい・・・・!

sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード