FC2ブログ

剃毛率調査


明らかに無毛ですね


あちらのサイトを見て、女性が男性を責めている画像などを探し、よく楽しんでおります。まことにしょうもない趣味であります。あちらの画像は、おおかたモザイクもぼかしもないモロ出しで、細かいところまで詳細に写っております。ところが、いろいろ見ているうちに、気づいたことがあります。性器の周りに毛のない画像がいやに多いのです。男性も、女性も共に無毛が多いように感じられました。
そこで、まことにばかばかしいのではありますが、無毛の画像がどの程度多いのか、統計調査をしてみることにしました。
いろいろな画像サイトを調べ、性器の周りに毛があるかないかを記録していくというものです。はじめてすぐに気づいたのは、女性は着衣か、あるいはセクシーなランジェリーを着て股間が隠れているものが多く、なかなかサンプルが集められないということです。やはり、この世界は「着衣の女性、裸の男性」という構図が主流なのですね。女性は調査がやりにくいので、男性に絞って調べてみることにしました。
主に「FemDomTGP」に登録されている画像サイト(もちろん無料)を中心にやく150の画像を調べました。画像の種類も、顔面騎乗、股間責め、口唇奉仕、ムチ打ち、踏みつけ、貞操装置着用、ストラップオン、乗馬調教と、なるべくバラエティに富むようにしました。
その結果、約60パーセントが毛あり、40パーセントほどが無毛という結果になりました。約というのは、実際に見てみると、どちらか判別できないケースが結構あるのです。生えてるのか生えてないのか。明らかに剃った後で、また生えてきたんだなあというのもありました。それを含むと逆に60から70パーセントは剃っているということになるかもしれません。
貞操器具を身につけるときは、やはり剃った方がいいのでしょうね。ほとんどツルツル状態でした。
なぜ毛を剃るのか、それはたぶん心理的な意味からでしょう。
無毛状態の男性器は滑稽で無防備な感じがします。どこかの女性の体験談に、剃毛した夫の男性器がいとおしくて、握ったりさすったりしてずっとおもちゃにしていたというのがありました。毛深いのはいやだという女性は多いようです。
なお、画像を調べていてもうひとつ気づいたのは、体に入れ墨を入れている人が実に多いということです。私は個人的にタトゥーには嫌悪感があるので、見ただけでもう遠慮という感じなのですが、特に外国の方は当たり前のように入れているものなのですね。
しかし、忙しいとかいいながら、よくこんな暇なことをやったなあと我ながら感心してしまいます。
スポンサーサイト
[PR]

初体験



ある男性の初体験。いい感じ。
うらやましいなあ。

彼女は仕事で町に出なければなりませんでした。しかし私は彼女と一緒に行きました。そして私たちは海岸沿いの美しい古いホテルに泊まりました。 彼女は仕事を早めに切り上げることができて、そして私たちの部屋に戻りました。そしてそこで私たちは飲み物を飲んで、話をして、キスしました。

彼女は突然話をするのをやめ、私をじっと見ました。私は背筋にふるえが来ました。彼女は目を細め、口元はかすかな笑いがありました。

「服を脱ぐのよ。」と彼女が穏やかに言いました。 私が恥ずかしがりながら、言われたとおり服を脱ぐのを、彼女がベッドの上にくつろぎながら見ていました。

「横になって。」彼女が命令しました。私はすぐに従いました。

彼女は、私の隣に来ると足を組んでベッドに座りました。私の垂直に立ったコックを、黙ったままちょっとおかしそうに凝視しました。 彼女は、私の赤くなっている顔から私の張りつめたペニスまで交互に見渡し、、「私、あなたに触ってもいないのよ!」と言って、笑い始めました。 彼女は、今まで見たことがないほど美しく、そして女性の魅力とパワーにあふれていました。

彼女は、手で私のコックのを包み込むようなしぐさをしました。それでも決して触れてはくれませんでした。私が必死で届かせようともがきましたが、それをかわしてしまいました。そんな私のむなしい努力を愉しんでいたようです。 彼女は軽く、2本の指で私のコックの先端をなでました。彼女はじっと私を凝視していつしか微笑みは消えていました。 私は思わず「もっと・・」と懇願しそうになりましたが、それが彼女を遠ざけてしまうのを恐れてそれをしませんでした。 その時、彼女は私に、手でベッドの上板をつかむように言いました。そして彼女は私の足を開かせて、その間に膝をつきました。 彼女は私が変になるほど私をくすぐり始めました。そして一方の手が私の肛門の周りをくすぐり始めたとき、私は思わす手を離しそうになりました。 彼女はもちろんそれに気づいて注意しました。そして、一方の手で私のコックを弄びました。 その後、私が夢見ていたことが起きました。 彼女は彼女の指を濡らして、そして私の体の中に押し入れてきました。彼女の顔には犯している喜びが表れていました。 私はうめき声を必死に押さえました。 彼女は指を入れたり出したりしながら、私から視線を外しませんでした。そして、悶え、乱れる私に「わかってるわよ。」と囁き続けました。 指の動きは深く、そして速くなりました。私はもう我慢ができないほどになりました。 私はついに耐えられず、手を離して下ろし、彼女を止めてしまいました。私の最高の瞬間であったにもかかわらず。 彼女はその時ストップして、私にキスして、そして彼女の中に私を入れて、そしてオルガスムを得るために、私に乗りました。(私は少しがっかりしました)

それは究極のD / Sシーンとは言えないでしょう。革もなくムチもありません。彼女はTシャツとショートパンツを身につけていました。でも、そんなことはどうでもよかったです。 彼女の貪欲な表情、情け容赦のなさ、そして彼女が私をぎりぎりまで追い込んだこの一夜は、私たちがさらに親密になると共に、私にとって一生忘れられないものになりました。 私は今までアナルに挿入されるということにあこがれたことはありませんでした。 けれどもこれはひとつのポイントでした。 彼女は自分が欲したことをして、そして彼女の願望、彼女の意志で私を本当の服従に追いやりました。 そして、もちろん、私はアナルへの挿入に興奮します。彼女には感謝しています。 私は前に恋人と一緒に空想を行動に移しました。しかし私は今回本当の屈従をした気がします。 その後で、私は彼女にマッサージをして、彼女がオルガスムを味わうまで口唇で奉仕しました。その後彼女が眠りにおちるまで抱きしめました。

ただ、残念なのは、後に彼女が「普通の人たちみたいに仲良くできたらいいのに」と私に打ち明けたことです。 私たちは、その後、旅の間何度も愛し合いました。すべてバニラ(ノーマル)なセックスでした。私は彼女にプレッシャーをかけたくないので不平不満を少しも言いませんでした。

私は私たちの関係が発展して、彼女が支配的な性質に目覚めてくれることを夢見て辛抱強く彼女に尽くし続けます。
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード