FC2ブログ

引退後の生活



仕事もなくなって、夫婦2人で悠々自適の毎日を送れるなら、こういうのもいいですね。
Predominantのインタビューから抜粋です。


Predominant :あなたはどのように女性支配ライフスタイルに関わるようになったのですか?

Boss Lady: FemDom の私の最初の経験は、私の夫が1980年代初めから半ばに賃借したアダルトビデオに関することです。 私の夫は時々「ポルノ」を賃借したものでした。そして私たちは私たちの生活でロマンスをひき起こす方法として一緒にテープを見ました。 それはすべて彼の考えでした。しかし私は決して堅物ではなかったので、彼と一緒にこれらの映画を見ました。そして私たちはセックスを持ったものでした。 ある一本のビデオで、人物の1人が革の衣装を身につけた Dominatrixでした。そして彼女は主演の男性をむち打ちました。 私は彼女がブーツで彼を踏み潰し、彼女が彼を這い回らせ、そして家畜のように呻かせたことを覚えています。彼女は彼を犬の皿から食べさせました。そして彼女はもっとたくさん彼を辱めました。 それは FemDom 映画ではありませんでした。しかしそれは多分5分ぐらい続いた1つの場面でした。

私の夫はひとことも言いませんでした。しかし次の日、彼がビデオ店にテープを返しに行く前に、私は彼が再びそのシーンを見ているのを発見しました。
それは彼が見たテープ全体の唯一のシーンでした、そして彼は3、4回テープを巻き戻して、そして、彼がテープを返す前に、繰り返しその同じ現場を見たのだと思います
私はそれについて彼とどんな話をしたかくわしくは覚えていません。しかし私は彼にその場面が彼をその気にさせたかどうか尋ねました。 私はとても興味をひかれました。彼は非常にストレスが多い仕事をしていましたが、自分と同性が、女性によって辱められることを見て楽しむということにです。

我は々二人とも強烈な個性を持っている攻撃的な人間です。 彼の小さな告白の後に私に、私たちは寝室で若干の FemDom ゲームをし始めました。 私の夫は私に主導権をとるようすすめました。そして私たちは寝室でD&Sゲームをしました。 私は主導権を握ることが好きです。だから私はどちらかといえば、はやく女性支配に入り込めました。
私たちはローカルな BDSM グループ一度出席したこともあります。しかし私は感銘を受けませんでした。 非常に率直に言って、悪く思わないでほしいのですが、このグループの人たちは変態に見えたのです。 私はこんな言い方をするのはいやなのですが、そこの人たちのようになりたくはないと思いました。 そのために、30代後期と40代の大部分の間は、厳密には私の夫と女性支配の関係はなかったのです。

Predominant:あなたはいつ、単なるプレイから、女性の支配のライフスタイルに発展していったのですか。

Boss Lady:私の夫が彼の仕事をなくしたとき、私は私の空想を満たすことに決めました。 私は夫を女性化してかわいいメイドにしました。私は完全に彼を女性化させました。そして彼は私の家をきれいにして、そして私のために雑事をして彼の引退後の日々を過ごします。 彼はまったく庭的になりました。そして私はそれが気に入っています。

それはプロセスでした、彼を女性化するために、手間はかかりませんでした。私は私が私の支配と、彼に深い服従を強制する性的な力を使った方法を見いだしていきました。私ははじめ、彼に女性の洋服を着せて、がそこ(に・で)彼を持っていた途端に、私は女性の衣類を着て彼を女の子のようにさせて、家事をやらせ始めました
彼が女性のランジェリーを着けていたときだけ、私は彼とセックスをすることにしました。 私は彼に対していっそう支配的になり始めました。そして、彼に、私のためにすてきに、そして女らしく装わせ、彼にストラップオンディルドーを使い始めました。 私は彼の男性の衣類の大部分を捨てました。そして私は彼を婦人服だけを身につけてドレスアップさせました。 私は口では言えないほどパワフルでエキサイティングな感じがしました。 彼はとても男性的でした。そして彼は会社では部下の女性達に厳しく命令していました。それが、かわいい男の子メイドになってしまったのですから。 私は彼も同じようにこれを楽しんでいるのがわかります。彼は私のフルタイムの家庭奴隷としての、彼の新しい役割にとても満たされています。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード