FC2ブログ

おあずけ



久々の体験談です。


2月23日水曜日:

私は仕事から家に帰って来ました、そしてミストレスはコンピュータの前にいました。 ミストレスは今週第2シフトで働いています、そして彼女は始業1時間目に家を出ればいいことになっていました。私は服を着替えて、そしてジムに行く準備をします、しかしミストレスが私に寝室に来るよう命じました。 彼女は性的に興奮していました。そして、仕事に出かける前に、私が彼女を楽しませることを望んでいました。

私はベッドの上に横になりました。そしてミストレスは、ブラとパンティーだけになりました。 彼女は私の上に登って、そして私の顔に彼女のプッシーを押しつけてきました。 彼女は私に、パンティーを通して彼女の芳香をかぐことを命じました。 彼女はセクシーな、官能的なささやきで話をしました。そして彼女は私に、彼女の香を味わうように言いました。 その後、ミストレスは、彼女のパンティーをなめて、彼女のパンティーを通して彼女のプッシーをなめることを命じました。 私はその通りしました、そしてミストレスは興奮してきました。ミストレスが彼女のブラから彼女の胸を出して、そして私の手をその上に置きました。 彼女は私に、彼女の乳首をつまむことを命じました。 彼女はそれを激しくされることを望みました。

私が彼女のプッシーをなめながら、胸を愛撫しているうちに、ミストレスは激しく興奮してきました。 ミストレスはその後、私に信じられないような驚きを与えました。彼女は本当に彼女のパンティーを脱いで、そして、私のペニスを彼女のプッシーに滑り込ませたのです。最後にそれをしたときから、6カ月以上たっていました。 その暖かみと歓びは、言葉では言い表せません。 ミストレスは私に、腰を動かすよう命じました。私は起きていることが信じられませんでした。 私は彼女とセックスし始めました。そしてたった2回腰を突いただけで、私は粋そうになりました。 喜びはあまりに激しすぎました。私はこのような喜びには慣れていませんでした。 ミストレスはそれを感じると、すっと私の上から腰をひいてしまいました。私はがっかりしました。 ミストレスは、たった2回のピストン運動しか私に許しませんでした。それは、私が粗相をした過去を思い出させました。

ミストレスは、私がいかにセックスに不器用であるかを私に言い聞かせました。 彼女は私を口唇によるサービスに熟練するよう訓練しました。しかし彼女とセックスすることに関しては疎くなっていました。彼女は私が彼女の中で耐える能力がいかに不足しているかということを私に話しながら、心なしか表情は楽しそうでした。 私は彼女に、もし私が今よりもしばしばこの特典を許可されるなら、私のパフォーマンスが改善するであろうと説明しようとしました。

「ナンセンス、そんなの最悪だわ」と彼女は言いました。そして彼女は私の舌で彼女を楽しませることを命じました。 私は彼女の腿の間に行きました。そして私は彼女を何度もオルガスムに導きました。 私が口頭で彼女の clit を刺激していると、ミストレスは私の指も使うよう命じました。 私が彼女の clit をなめ、そして吸いながら、私の3本の指を、私のペニスであるかのように、彼女の中に挿入しました。ミストレスは同時にこれらの感覚の両方を感じることが好きです。そして彼女は深い、長い、そして激しい爆発的なオルガスムを得ました。彼女は私に、最後ののオルガスムに達するまで舐め続けるよう命じました。 最終的に、彼女は私に彼女の愛液すべてを舐め取ることを命じました。私は1滴もこぼさずそれをしました。

ミストレスがそれから、彼女のパンティーで彼女自身をきれいにふきました。そして彼女は夜の残りの時間、私がそれを穿くように私に与えました。 私は彼女のずぶ濡れのパンティーをはきました。そして彼女の濡れた部分は私の垂直のペニスを包みました。いつものように、私にはオルガスムはなしです。

ミストレスがシャワーを浴びて、そして仕事のために準備をしました。 私は夜の間行うべき私の仕事に精を出しました。


お預けっていうのもまたちょっぴり興奮します。でも、ここまでやられて、この人、奥さんが出かけた後、本当にがまんできるんだろうかって思います。
私だったら、正直、がまんできません!自分で出してしまうと思います(笑)
スポンサーサイト
[PR]

離婚騒動


女優、沢尻エリカの離婚騒動に関するニュースが盛んに報道されています。
今回の騒動は、「べつに・・・」の時とはちょっと違ったものを感じています。あの時は、「エリカ様」とか言われて、高飛車な挑戦的な態度をさんざんに叩かれていました。でも、どう見ても「世間知らずな女の子がドジやったな」という印象でした。和田アキ子あたりが「何様のつもりだ」とか言って憤慨してましたが、「ああ、叩かれたな~、叩かれるだろうなああれじゃ。」という感想で終わりました。私の中では。
 
今回の離婚騒動では、もっと図太く、したたかなものを感じます。沢尻エリカが一方的に離婚を言い渡し、夫の方はおろおろするばかり。完全な女性主導、強い女と弱い男の離婚劇という構図が展開しているかのように映ります。
彼女の目つき、顔つきを見ても、堂々としていて、「男なんて私にかかればこんなモンよ」とでも言いたげな態度です。
強くて高飛車、女王様然としたものを感じるのはおそらく私だけではないでしょう。
 
しかしです。
そんなものを感じながら、強い女性、支配的な女性が好きな私ではありながら、
私はこの人が嫌いだなと思います。
「弱い私を守ってほしいの」みたいな媚びを売る女性は好きじゃありません。強い女性が好きだなあと普段思ってはいるのですが、それでも、この沢尻エリカという「強い女性」に、どうしても好感を持てないのです。
この人にむち打たれたいとは思わないし、ひざまずいてお仕えしたいなんていう気は全然起こりません。
 
私の中での結論です。
どんな女性でも、強ければ、尊大に構えていればミストレスとして惹かれるわけではないということ。
それプラスマイナス自分の好み、自分のこだわりのようなものが作用して、魅力を感じたり、感じなかったりなんだろうと思います。
私の好みは、ヒステリックに怒って気まぐれにムチを振り回す小娘のような女性でなく、余裕綽々で男をひざまずかせて支配し、残酷な微笑みを浮かべながら男をいたぶり、責めなぶっていく・・・そんな女性です。
だから沢尻エリカにはミストレスとしてあこがれないのでしょうね。きっと。
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード