FC2ブログ

恥ずかしい!




言葉による辱め。あるサブミッシブの夫を、妹の前で辱めます。
それも、ペニスの小さいことを。
私はどちらかというとペニスの小さいことを辱めるのは好きではないのですが(前回書きました)これは、他の女性の前で辱めることで、ちょっと違った興奮があります。



彼は私に服従します。彼は家事をします。彼は私を幸せにするために最善を尽くします。彼は私にとって、完璧な男性です。 でも、考え直してみると、完璧とは言えないかもしれません。彼のコックは小さいです。まあ、完璧な男なんて存在しないかもしれませんが。

私が私の妹の前でこのことを言ったら、ネイサンは赤面しました。 彼が思いもしなかったので、すごく恥ずかしい思いをしているのが私にはわかりました。

「ねえ、あなた、そうでしょ? あなたのコックはとっても小さいのよね?」

ネイサンは、これが彼を辱めるプレーであることに気づきました。 私はときどき彼を辱めるようなことを言います。それに対して彼は口答えしたり言い返したりしないようになっています。けれども公共の場での辱しめには彼はあまりなじんでいませんでした。 辱めのあとには、ほかに誰がそこにいるかにかかわらず、その場でD&Sプレーセッションにつながっていきます。 私は他の人たちの前で、わざと彼を支配しています。

私の妹はそれに協力して、言いました;

「それは本当? あなたのコックは小さいの?」

ネイサンは非常に辱められました。 それは一目瞭然でした。 彼はうなだれて、まるで悪いことをしているのを見られた子供のようでした。 彼はあまりにも恥ずかしくて、妹に答えることができずにいました。

「私の妹はあなたに質問したのよ。 彼女に答えなさい。ネイサン。」

彼は小さな声で答えました。しかし私たちには聞こえませんでした。

「悪いけど、あなたの声聞こえないわ。もっと大きな声で!」

ネイサン、この教養ある、そして才知に長けた男は、今、何も言えずにいました。

「いいかげんにしなさい、ネイサン。 彼女をいらいらさせないでちょうだい。」

「私は小さいペニスを持っています。」彼は最終的にそれを口に出しました。

「はい、そうなのよね。そして、私はそれを我慢させられてるのよね。ちがう? 私はこんなちっちゃいものとメイクラブしなけりゃいけないのよ。
私の妹や友だちに、あなたのとこの夜の生活、どう?なんて聞かれたとき、私の夫のコックは小さすぎて、満足できないわなんて答えなきゃいけない私の気持ち、わかるかしら、ネイサン? あなたは私を女性としてどうやって感じさせるつもり? 答えてちょうだい!」

「私にはわかりません。」

「だめね、わからないのね。 あなたはひざまずいて、あなたと結婚してあげている私に感謝するべきです。 そして、ひざまずいたまま、あまりにコックが小さいことについて、私に謝ってほしいわ。 一人前の男でないことについて謝ってちょうだい。私の妹と友人たちに、私の夫が小さいコックを持っていることについての恥ずかしさに耐えなければならない私に謝ってちょうだい。」

ネイサンは、妹の前でこんなことを言われて、ぼう然としていました。 彼は私たちの前にいやいやながらひざまずきました。そして彼は心を込めて、私に謝りました。しかし彼は私たちを見ることができませんでした。

「ネイサン、謝るときは、ちゃんと私を見なさい。」

彼は恥ずかしい思いをしていました。しかし、私は彼のズボンの中に小さいふくらみを発見しました。

「私は妹に、私が何を我慢しなければならないか、ちゃんと見せるべきだと思います。 あなたのズボンを脱ぎなさい。さあ、はやく。」

私の夫はためらいました。しかし私はそのような状況下で私に従うことを強いるのが好きです。 彼は彼のズボンを脱ぎました。そして、彼がその下にパンティーをはいていたのを見たとき、私の妹は笑いました。 私たちは、彼のはいているシルクのパンティーのことで彼をからかいました。そしてそして次に、私は彼にそれを引き下ろすことを命じました。

「彼女に見せなさい! 私の妹に、私が何を我慢しなければならないか、見せるのよ。」

彼はパンティーを引き下ろしました。彼のコックは勃起していました。

「誰があなたに勃起させていいと言ったかしら? ご覧なさい、ヘレン、勃起させているのにこんな小さいのよ。見てちょうだい。」

ヘレンは黙ったままでした。でも、口を開いたとき、その一言は強烈でした。

「私は今までこれほど小さいペニスを見たことがないわ。」彼女はからかいました。

ネイサンは辱められました。 彼女が言っていたことが真実であったかどうかはどうでもいいのです。でも、最高の一言でした。 不安な思いを弄ぶことができます。

「パンティーをはいて、そして台所に戻りなさい。 私たちは、そんなものをいつまでも見ていたくないから。 さあ、皿を洗いに戻りなさい。」

私は彼を行かせました。そして妹と私は、彼をネタにして、大いに笑い、楽しみました。その夜遅く、私の姉妹が帰ったあと、私は寝室の中で彼を支配しました。そして彼は。私の妹の前で私にされたことで、非常に興奮していました。 ネイサンは恥ずかしい思いをしました。彼はひどく辱めらました。しかし彼は情熱的でした。そして彼は subspace の中に深く入っていました。
私は、ストラップオンで彼を犯しながら、私の妹が彼のコックの小ささを面白がっていたかを思い出させ、彼を辱めました。そして彼はストラップオンディルドーでやられながら、また、小さなペニスで我慢させられている私に謝らねばなりませんでした。
その後、彼は彼の舌で私にご奉仕をしました。そして、彼は私を天国へと導いたのです。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

男性のシンボル



SMプレイでは、言葉による辱めがよく行われます。
パートナーの女性に、自分の男性器を辱められることに興奮するM男性はそれなりにいるようです。
特にペニスが小さいことについてからかわれたり笑われたりするのは、一般に男性にとってはきわめて屈辱的で、耐え難い侮辱でしょう。
「おまえのって本当に小さいのね。子どものオチンチンみたい。」
とか言われたら、どんな感じがするでしょうか。

ところで、ペニスが小さいことをからかう体験談などをを見てみると、
「こんなちっちゃいんじゃ女性を満足させられないわね。」
「○○さんのは、この3倍の長さはあるわよ。立派よ。」
みたいな辱め方をよくしています。
こういう言い方をされて興奮するか、興奮しないか。
私はズバリ後者です。

この言葉を聞くと、この女性が、大きなペニスを挿入されてアヘアヘ言って悶えている様を想像してしまい、興ざめしてしまうのです。
ペニスが女性を満足させる、立派であるというのは、本来は男性が優位に立ち、攻撃的役割を担っているということを認めてしまっているように思えて、どうもイマイチです。
同じことが、「寝取られ」にもいえますね。
興奮する人は、他の男性に対する自分の劣位に感じる人なんだろうと思います。

できることなら、男性という存在そのものが弱く、劣位にあるという感じを持ちたいですね。そういう気持ちになったときに、私の場合は興奮します。その弱さ、劣位のシンボルとして辱められるのが最高に感じます。
言葉ではないけど、ペニスを踏みつけられたり、ボールを蹴られたりするのは、個人的にはすごく興奮するのです。
「男の人って大変よね。こんな滑稽なもの、股間にぶら下げて、蹴られると弱いのよね。エイッ!」
なんてやられたら、イッてしまいそうです(?)

顔面騎乗



久々の画像エントリーです。
今回は、顔面騎乗の画像を2つのせます。私も顔面騎乗は大好きです。

ところでこの画像、顔面騎乗にしては妙に生ぬるい感じがしませんか?
このミストレスの乗り方自体、男の顔をさほど圧迫していません。苦しんでいないですよね。
「こら、鼻つまんじゃうぞ!」
とか言ってるのでしょうか、このミストレスの表情を見ていて、本気で責める感じが伝わってきません。
春川ナミオのイラストにあるような残酷な微笑みとはまったく異質のものです。

画像をもうひとつ

ashleysmother48.jpg

これも同じく、
なんともソフトでスウィートな雰囲気の顔面騎乗ですね。
「今日は激しいプレイをする気にならないなあ」
とか言いながら物憂げに男性の顔の上にヒップをのせているような。

強烈な顔面騎乗の写真は数ある中で、今回は思いっきりおとなしくて迫力のない顔面騎乗の画像をご紹介しました!

持つべきものは良き友



持つべきものは良き友!
この友だちがいなかったら、この人はドミナとして花開くこともなかったのかもしれません。


リタJから:

親愛なるエリス、私は結局、3年ほど前に、親友の薦めで女性のドミナントのライフスタイルを試みることにしました。私の夫は長い間そのことはあきらめていました。同時に、私は彼がいつも女性支配のウェブサイトを見ているのを知っていました。
私の友人は、彼女自身の女性主導の家庭生活について、私に隠さず見せていました。それを見て私はとくに決心することはありませんでした。私自身がそれを始めるなどとは思いもしませんでした。 私が彼女の家を訪問したときは、いつでも、彼女の奴隷はひざまずいていました。私は、この取り決めの良さも感じていました。

私が夫に、私がそれを試みてみてもよいと告げたとき、彼は極めて幸せそうでした。
けれども私は彼に、もし私たちがこれをするなら、彼が守るべき約束があることを警告しました。 これは本当に真剣にやることであって、その日だけで終わるものではないということです。 そして、それ以降のことをお話しします。

私の友人は私にアドバイスを与えて、そして私が彼を訓練するのを手伝いました。
それを始めてすぐ、私に何かが起こりました。まるで人生が変わったかのようなことです。 私は決して自分がこの新しい役割の中に、これほどポジティブで、強くて、そして力強い感じを得るとは思ってもいませんでした。 私は自分が常に彼の女王として崇拝されることを望んでいたことを悟りました。 私の奴隷であることが彼の願望であったから、これは私のふさわしい地位でした。
そして私はみるみる厳しく、そして真剣になりました。 多分夫がいつも想像し、期待していたD/sファンタジー以上になりました。

彼女は私に、彼の性的な衝動を完全に支配することの重要性を教えました。
そして私は彼のコックを貞操器具にロックしました。 私が私の性的欲求を感じたときは、彼の口にディルドーを装着し、それにまたがるか、または座って、彼に(ピストン運動の)仕事をさせます。彼(の性器)がかまってもらえないままにされることはますます彼を従順なサブミッシブにしました。
今私は彼のコックの支配をとることがいかに重要であるかがわかります。彼は常に私を喜ばせることばかりを熱心に考えているのです。

最初、私は彼を調教するのに、手でのスパンキング、ヘアブラシとベルトを使いました。けれども1カ月以内に私は彼にクロップを味わわせました。親しい友人が私に紹介し、彼女自身の奴隷にそれを使うところを見せてくれました。それは強力で、奴隷をより効果的に調教できることができました。

およそ6カ月の後、再び私の友人たちに勧められて、私は strapon を使うことに決めました。 彼女は親切にも彼女自身の奴隷を使って、私に教えてくれました。そして、私がそれを夫に試してみる前に、私は数回彼を練習台にしました。
私は strapon の見た目と、こみ上げてくる力強い感じにほれ込みました。 長い時間をかけて、私は彼(の穴を)押し広げていきました。そして今、彼は私のお気に入りの大型のdildo を受け入れることができます。

私は同じく長い間に、彼の罰を厳しくしていき、今ではクロップのみを私の毎日のむちとして使用します。
私が本気で彼を罰するか、あるいは調教する時は、スペンサーパドルか、または杖を使います。 罰なのか、あるいはセッションなのかによります。
私は大変体への罰を楽しんで、そしてひどいむち打ちを執行するのに何のためらいもないようになりました。
私は特に、彼がへたりこんで動けなくなってしまうのを見るのを楽しみます。

私は、彼の手を梁か鉄パイプからぶら下げて、懲戒する地下室でのセッションに夢中になっていきました。 彼の足は床に着いていますが、それでもけっこう厳しいものです。

私のトレーニングは成果をあげました。 彼はすべての家事と他の雑事をするようになりました。そして私と私の友人たちの前でひざまずき、熱心に給仕をします。
私は家ではたいていの時、彼をまっ裸にさせておきます。そして彼は非常に従順な、そして私を敬う奴隷になりました。

私はこれほど幸せだったことはありません。そして私たちの結婚は、これほど幸せで強固だったこともありません。
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード