FC2ブログ

同意



 今年最後のエントリーです。
 このブログは、FemDomといっても、どちらかというと、カップル、夫婦の間でのセクシュアルな女性支配をテーマとしています。だから、SMクラブや、個人女王様によるSMプレイに関することにはほとんど触れていません。さらにこのブログではエキサイティングなプレイのシーンに関する記事があまりないので、国内のFemDomサイトの中でもかなり異端なのかなと思います。
 最近はプライベートでちょっと沈滞気味。そうなると、あんまり翻訳する元気も出ないんですよね。結果的に更新もあまりできませんでした。
 今年は、ちょっと低迷期が続いたかな?来年はどうなることやら。

 最近思うことをひとつ。
 ブログ、Devastating Yet Inconsequential(前回エントリーで紹介)を見ていて強く思いました。
 FemDomに限らず、D/s関係を支えるものは、2者間の「同意」だなと。
 ただし、同意といっても、D/s関係の場合は、より深いレベルでの同意が意味を持ちます。表面的にはご主人様と奴隷がお互い確認しながら事を進めていくのは変です。主人様の意志がいつも通り、奴隷は無理矢理それに従わされるのが自然です。その下の深いところで、そうすることがお互いにとってもっとも楽しいことだから、そうしようという「同意」ができています。
ちょっと、例として、過去に紹介した体験談の中から引用してみます。


 私は、彼が私の大きなおもちゃで私に挿入する間に、すばらしいオルガスムを持っています。サービスは2、3時間も続くかもしれません。夫は、首や手首が痛むとこぼします。
 私が完全に満足してから、彼に私を抱き締めるように求めます。我々は通常疲れ切っています。
 彼のペニスは岩のように固く、そして先端からはしたたりがあります。けれども私はほとんどいつも彼を否定します。もし私が特別いい機嫌で気前がいい時は、足で刺激してやるか、マスターベ-ションすることを許します。しかし、たいていの場合はそれを許しません。
 それは次のような理由からです。 私は、彼がオルガスムを否定されると、一週間ずっとサブミッシブゾーンにとどまることを知ったのです。次の週の間、彼はいとも容易に私の言いなりになります。彼は私に従順で、私は彼を興奮させ、私に仕えることを熱望させることができます。私が彼にオルガスムを与えると、彼はたちまち眠りに落ちます。そして次の日彼はいつもより自己中心的で、そして気難しいです。夫のオルガスムを取り上げることは意味のあることです。



この妻は、自分にとって夫が従順な存在であり続けるよう、夫のオルガスムを拒絶します。夫のM心を刺激しようとしているのではなく、自分の都合のいいように利己的に振る舞っているのです。
夫は哀れです。きっと、オルガスムを許してもらえるよう懇願していることでしょう。
でも、そういう妻の利己的な態度、自分の哀れさが夫を興奮させるということ、お互いにそれを楽しめるということを2人で「同意」しているのです。
寝取られは多くの場合、お互いの固い同意の上での行為です。妻は夫にそれをわざと見せびらかしたり、話したりします。それを夫も興奮するという同意があるからです。でも、妻が浮気をして、そのまま夫と素っ気なくなり、家に寄りつかなくなってしまうようだったら、それは夫にとって、全然楽しくないでしょう。同じ寝取られでも、そういうのはお互いが楽しめるという同意の範囲外にあるものでしょうから。

個人的には、パートナーと、しっかりとしたお互いが楽しめる同意を早く確立したいものだと思っています。
新年の目標かな。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

考えないと・・




体験ものなどでよくあるパターンとして、夫が妻にカミングアウト、妻は「あなたがそれで喜ぶのなら」と、寝室で夫を縛ったり、鞭打ったりしてくれるようになります。
しかし、やがて、妻は寝室でのプレイがいやになってやめてしまいます。なぜなら、寝室では、妻の前にひざまずき、支配される奴隷となる夫が、終わったとたんに、怠惰でふんぞり返り、家事は皆妻にやらせる男に戻ってしまうことにしらけ、嫌気がさしてしまうのです。
結果として、こういうFemDomはうまくいかないことが多いです。
これは男の側が考えないと・・・

でも、女性の側の問題で関係が崩れるパターンもあります。
あるご夫婦は夫の希望を妻が容れる形で、寝室での女性支配の関係が始まりました。
お互いがプレイを楽しみつつ、互いの気持ちを尊重し合いながらうまくやってきました。
でも、妻は、やがて、もっと矛盾のない24/7の関係を望むようになりました。つまり、寝室の中も、日常生活も関係なく、常時夫は妻に服従し続ける関係です。
やがて2人の同意の上で、24/7の関係は始まりました。
家事の大半は夫に課され、性行為は妻が望んだときだけ、すべては妻の意志を中心に生活が回り出しました。
こういう体験談はいくらでもあります。
しかし、数ヶ月後、2人の関係は壊れました。
夫が妻に対して、関係の解消を申し出たのです。
理由は、夫を支配する妻があまりにも多忙で、夫のことを顧みなかったからです。
24/7の関係ですから、夫は妻に命じられた仕事をするのは当然です。それは契約として決められたことです。しかし、命じられた家事をやることは、夫にとって、妻の力に支配され、服従している自分を感じ、それが興奮につながるのです。だから、同じ家事をやるのでも、一度「お願いね」といわれてそれきりになって、あとは忙しく自分の仕事をこなしているだけでは、夫の方がサブミッシブとしての自分を感じることができなくなってしまいます。夫の心の「サブミッシブのエネルギー」が切れてしまったのですね。
夫に家事をやらせたら、1人くつろいでいる姿をわざと見せつけたり、夫の仕事の至らない部分を見つけて叱責したりといったことが、夫のサブミッシブとしての気持ちを満たすことになるのです。
その、いわば「メンテナンス」を怠ってしまったのですね。
この、メンテナンスに気を配っているミストレスの奴隷は、たいてい過酷にこき使われながら、すごく幸せそうにしています。

やっぱり、お互い相手のことをよく考えないといけないということでしょうか・・・

けがをして


ちょっとけがをしてしまって、日常生活ではなかなか不便しています。
行動範囲が狭まってしまって、気持ちも委縮してしまった感じです。

ところで、けがをしてふと考えたことがあります。
このけがの痛いところを女王様にグリグリ責められたりしたらと想像すると・・・・うーん、全然楽しくない。
意地悪なことされて、いやなことをされて、いたぶられるのはそれだけで興奮するし、痛みもそれなりに快感です。でも、けがをしたところを責められるのはいやです。
病院の治療で痛い思いをしても、ぜんぜん楽しくもうれしくもないし。
当たり前のようで、これはとても不思議な気がします。なんで痛みと被虐的状況を、性的興奮の伴うものと伴わないものと、より分けてしまうのだろうか?すごく不自然な好き嫌いをしているようにも思えてきます。痛いことや不快なことはすべていや・・・これが自然。
やっぱり自分の中のマゾヒスティックな感情は奇妙で不可解です。

こんなことを考えながらも、責められる自分に興奮してしまうことには変わらないのですが・・・
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード