FC2ブログ

くるしそう





ストラップオンディルドーを受け入れた男性の体験談です。
この種の体験談はたくさんあるのですが、挿入から行為の終わりまで、ここまで詳細に書かれているものは少ないです。
太いのを入れられるというのは、本当に苦しいんでしょうね!
経験のない私にはわからないのですが。

ヨーロッパに仕事に行って、私に女性の権威を認めさせることになる女性と出会いました。彼女と私は、男性と女性、どちらの性がより優れているのか、激しく議論しました。
論理は私に分がありました。それでも、彼女は屈する気配はありませんでした。
たしかに男は王国を征服し、ついには月にまで到達しました。しかし、それがなんだというのでしょう。 新しい芸術や発明の分野の発展のために、ほとんどの男はどれだけのことをしようとしたというのでしょう・・・と。

言い争ううち、私の中で性的な欲求が高まってきたのに気付きました。
残念ながら、議論するうちに時間がたち、遅くなってしまいました。
その後で、私たちは少しとりとめない話をしました。
彼女は、自分はふつうは人から好かれる女性だと言いました。特にベッドの中ではより魅力的だと言いました。
そして、彼女は、そこで男と対等な強さであることを楽しむのだと言いました。
私は女性が強いなどとは考えていなかったので、彼女の言葉を信じませんでした。
彼女は、もしも私が喜んでそれをやってみようというのなら、私に挑戦してみたいと言いました。彼女は私に女性の力を証明して見せたいというのでした。

私は、彼女にロープでしばられて、ホテルの椅子に拘束されるという条件を許しました。私の尻、特に私の肛門の入り口付近に大量のローションが塗られました。
そして彼女はバスルームに消え、しばらくして準備をして戻ってきました。
彼女はハイヒールを履き、ストラップオンディルドーを装着していました。
彼女は私に向かってゆっくりと歩いてきて、片ひざをつきました。そして私の頭を持ち上げました。 私はまったく彼女の容姿にショックを受けいて、そして恐れました。
けれども彼女は何もせず、ひとことも言いませんでした。ただ、私が私に向かってディルドーを向けると、じっと私を見つめました。

長い時間が過ぎたあと、彼女は、私に顔を寄せ、長い、濡れたキスを与えました。女性の舌が私の口の中に侵入してくるのは初めての経験だったので、少なからずショックを受けました。 柔らかくて、そしてとっても甘くて、私はどういうわけか震えてしまいました。

彼女はそのあと、私の後ろ側に移動して、そして私に寄りかかりました。 私は彼女の胸と、彼女の勃起した乳首が私の肌に押しつけられているのを感じました。 同じようにディルドーも私の後ろの入口に触れました。 彼女は少し動きました。そして私の肛門は少し反応して、そして、ちょっと引っ込めました。私は彼女のバストに押しつけられるのを感じました。 それは本当に私を興奮させました。

私はまだディルドーの大きさについて考えてもみませんでした。しかし、まもなくそれが私を押し開けようとし出したとき、私は痛みを感じました。
彼女は前に体をもたせかけてきて、そして私の耳許に、今まで誰もやらなかったような方法で、あなたを感じさせて、そして奪ってあげるとささやきました。私は何も言い返すことができませんでした。
痛みの中で、私はまた少し押し開かれていきました。私は悲鳴を上げることも、あるいは彼女にやめるようにも言いませんでした。しかし私の体は無意識に彼女から逃れようと、むなしい努力をしていました。

彼女は押し込み続けました。無慈悲に、執拗に私の中へ押し込んで来ました。彼女の手は(すでに)私の腰をつかんでいました。そして彼女はもっと力をもめて押してきました。興奮を感じながらも、私はけいれんを起こし始めました今までに経験がないほど肛門を痛めつけられために、肛門がけいれんを起こしてしまったのです。そして、彼女にもうやめて欲しいと訴えました。
けれども彼女はそうしませんでした。 その代わりに、一方の手を私のペニスに回して、そして静かにそれを撫で始めました。

彼女は手の中にそれを包み込むと、(まったく弱々しくなってしまっていた)シャフトの周りに彼女の柔らかい指をからめ、そしてゆっくりとしごき出したのです。私はこれ以上にないほどの苦しみに苛まれながら、同時に彼女の手の中で勃起させ、快感も感じていました。私はけいれんを起こしていましたが、同時にリラックスし、彼女が深く私の中に侵入してくるのを許しました。
それは信じ難い経験でした。私は苦しみと歓びを繰り返し味わいながら彼女のディルドーに攻められ続けました。彼女のあの耳許へのささやきと、私をしごく指の動きを、私は死ぬまで忘れないでしょう。

最後には、もうこれ以上私が広げることができなくて、彼女は両手で私のしりを押し広げました。 そして、とうとう彼女の恥丘が私にぶち当たるまで押し込んできました。 私は再び叫び声を上げました。彼女は私のしりから手を離し、その柔らかな手で再び私の苦痛を和らげました。

そのあとは、彼女は、柔らかくなり、大きく開い私のしりを、突いたり引いたりの運動を繰り返しました。突かれるたびに、私は彼女の手の中で奇妙な感覚を味わっていました。そして、ついに私はいってしまいました。
私は射精しました。喜びがおさまっても止まらないほどでした。どういうわけか 私の中に侵入したディルドーにより、いつも以上の快感を味わってしまったのです。

彼女は私の息が整うのを待って、ディルドーをハーネスからはずしました。でも、それはまだ私の体に挿入されたままでした。 彼女は私のわきに来て、そして再び私の頭を持ち上げて、そして私に再び長い甘いキスをし、涙ぐんだ私の瞳をしっかりと見据えました。
そして、彼女はバスルームに行きました。私は1人で、私を苦しめたディルドーを抜き取ろうとあがきました。 そのあと彼女は戻ってきて、私の後ろに回って、それを抜き取りました。
私たちはそのあとほとんど話をしませんでした。私は彼女の説明を聞こうとは思いませんでした。

しかしながら、1つたしかなことは、彼女は力ずくで私をやる事もできたのに、優しい言葉でディルドーを受け入れるよう私を誘いました。そして、彼女は私が苦しむのを無視することができたのに - その代わりに彼女はそれを喜びに変えました。 彼女は、女性の優越について何も知らない男をやる事で、彼女自身の歓びを高めていたのかもしれません。 でも、私は大きな歓びを味わいました。 苦痛に耐え、無事だった事だけでなく、彼女自身の女性の力を味わわされた事にもです。
彼女はこの経験で、私に大きな歓びを与えてくれました。 だから私は女性を敬愛するのです。


tumblr_lixwpgzYz81qdm06yo1_500.jpg
スポンサーサイト
[PR]

つん、つん




ちょっと笑えるでしょ

サブミッシブ

- + 0000 XPL PSTD

最近、自分の中で、ちょっと変化を感じています。
前よりも、サブミッシブとしての性質が大きくなってきたように思うのです。

先日、妻と、東京にショッピングに行きました。妻のネックレスを買う約束をしていたのです。妻はあっちこっちいろいろと店をまわりたがりました。私はずっとそれに従って一緒に店をまわりました。
「やっぱり前の店に戻りたいんだけど。」
と言われても、快くその通りにしました。
欲しかったアクセサリーを買うので、妻もうれしくて気分がよかったのか、
「あの公園行ってみようよ。」
とか、
「韓国料理が食べたいな。」
とか、いつになく、積極的です。
その日はほとんど妻のリードに従っている1日でした。

不思議に自分の中で、ほんわかいい気分でした。なにやらロマンチックな気分で・・
リードされている自分に、ほんのちょっとだけ興奮している気がしました。
日常の生活の中で、こんな風に感じるのは今までなかったのではないだろうか?と思いました。
今までは、そんな気持ちになるのは寝室の中だけで、日常生活では切り替わっていたはずです。
「従っている」
その感覚だけで楽しめる。これが「サブミッシブ」というものなのでしょうか。
だとしたら、自分はサブミッシブの世界に一歩を踏み出したのかも。

最近ではよく家事仕事を言われてやっています。
プレイの主従関係の中じゃなくて、ふつうの関係では、やっぱり皿洗いや掃除をするのはめんどくさいし、煩わしいです。でも、妻に言われたことをやらなければいけないんだと思うと、「従っている自分」「支配されている自分」に、ちょっとだけ感じるものがあります。

アメリカンヒーローたち



コミックのヒーローを使ったBDSMの絵をいくつかみつけましたので、ご紹介します。
もちろんすべてFemDomものです。

最初のはスパイダーマン。スパイダーマンって、どこかMっぽいものを感じさせるヒーローです。磔にされちゃって、股間、痛そう。でも、もしかして、大きくさせてるのかな?




img20010315193533.jpg

これはバットマンのロビン君、キャットウーマンにおもちゃにされちゃって、見事いかされてしまっています。どういうシチュエーションでここまで来たのか想像すると楽しいです。



img20030416201159.jpg

これはバットガール?
超セクシー、でも、こんなピンヒールじゃ戦うどころか歩くのも辛いでしょうね(笑)


superbondage.jpg

お次はスーパーマンとワンダーウーマンsuper bondage というタイトルが付いています。
ワンダーウーマンの持つ投げ縄は、重要なアイテムで、縛ると嘘をつけなくなってしまうというものだそうです。
「もし、クリプトナイト製貞操器具がお気に入りなら、待ってらっしゃい。今度はクリプトナイトの先端を持つストラップオンディルドーを味わわせてあげるからね。」
と言ってます。
クリプトナイトとは、スーパーマンを決定的に弱らせる鉱物。スーパーマンあやうし!



Supergirl.jpg

スーパーマンの従姉妹、スーパーガール。
下も上も潰されてます。



最後はおまけ。TomJerry.jpg

トムくん、やられてます。本編でこんな場面あってもおかしくない気がしてしまいます。

逆の経験



ペイジ・ハリスンという人がいました。この人はFemDomライフのアドバイザーみたいなことをやっていたらしいです。もちろんこの人も結婚生活ではドミナントです。その、ホームページにちょっと興味深い体験談がありましたので、粗っぽく訳してみました。
残念ながら、ペイジ・ハリスンさんのホームページは、いつの間にか閉鎖されてしまったみたいで見あたりません。
やっぱり商売成り立たなかったのか、あるいは嫌がらせでもうけたのかもしれませんね。


カレンから:

親愛なるペイジ

夫と私は非常に異なっています;正反対の者同士が惹かれあうというのは本当です。
彼は非常に創造的で、そして、芸術家肌で、それに対して私は現実的な才覚があり、そして理系のエンジニアとして彼以上の収入を得ます。
さらに、私は農場で育ち、の都会育ちの夫とちがって、動物とふれあうのが大好きです。

私たちは結婚して15年以上になります。そして私の夫は次第に私にサブミッシブであるようにしつけられていきました。表面上上は変わらないですが、私たちの関係の中では次第にはっきりとしてきました。

私は典型的な女らしい態度やメイクをしません。しかし、男性が私の支配的な面に惹かれることを知っていました。
私が仕事で忙しくなり、そして一方彼は料理を楽しむようになり、いつも、家庭では彼が私に仕えるようになりました。そして洗濯物や、他の家事も。私の指示通りにやるようになりました。
加えて、私の夫は5フィート7インチと、私よりも背が低いです。私は女性ではありますが、陸上競技で鍛えた体は肩にも腿にも筋肉がついていて、貧弱な彼よりも力強いです。
彼よりも数インチ背が高いことで、私は支配的な印象を与えることでしょう。
私はしばしば、私が稼ぎ手であり、彼は家庭内で私に従っている存在だということを態度と立場で外に知らしめています。

私の夫はいつも物静かで、滅多に他の人に異を唱えることをしません。
そして、夫は私の積極的で強引なところに惹きつけられていました。私の外見的なたくましさと女性的な面が同居していることに気づいていました。彼はこのことにも強く私に惹かれていたのです。

私たちの結婚生活ではいつも私が家計と重要な事柄を決定しました。
彼はしばしば私に金を求めます。月に1回台所のテーブルに座って、彼が支出詳細を私に報告し、私が今後の彼への支払い額を決めます。

数年前、FemDom ライフスタイルについてさらに多くを学んだ後、私は彼が望むフェティッシュ願望について問いただしました。
そして、彼の服従願望が大きくなってきていることを知りました。
私は今、彼のサブミッシブ衝動、要求を満たしてやっています。
私はよく、彼を私の衣装ダンスの場所に連れて行って、衣類の整理をさせます。
私のランジェリーのところに行かせ、私のパンティとパンティストッキングを手洗いするよう命じると、彼は激しく興奮します。
女性のものすべてが彼を興奮させます。そして、彼は私の身につけたブラ、パンティとパンティストッキングに触ると、特に興奮するのです。

最終的に、私は彼がバイセクシュアルな面を持っていることを知りました。そして、今は彼をよく(貞操器具の中に)ロックします。
これは彼にとって必要なことであり、また、彼はそれを受け入れています。
しかしながら、彼は彼を傷つけている CB - 2000装置について不平を言いました。 彼は小さいです。そして、器具は彼を傷つけるのです。 いい方法はありませんか?

今、私は彼を支配していると、女性支配のエネルギーが内からあふれ出てくるのを感じます。
彼は、私が彼を辱めて、そして教え込むことがすきです。それはしばしば私の友人たちの前や、公共の場でも行われます。彼は、これを通じて自分のあるべき立場を思い知るのです。
私が夫と意見の対立が生じると、夫を寝室に連れて行きます。すると彼はサブミッシブになり、私に抵抗できなくなり、じっと目を見るだけでいうことをきくようになります。

私は完全に主導権を握ってからは、常に夫に対しては攻撃者で、私の思い通りにやっています。 彼はもう口をとがらしてセックスを要求することはありません。私は(彼と対してからは)男性らしさによって脅やかされるように感じたり、性的に恐れを感じません。

私は最近彼にストラップオンセックスをしました。そしてこれは彼をもっと深くサブミッシブにしました。私がストラップオンを着けて彼を突き刺すとき、彼は、自分がより弱い性であり、受け入れる側であることを思い知らされるのです。

私は時々、私が夫を支配する、この人間関係を興味深く思うことがあります。
私の支配は、20台の時につきあっていた男性との被虐待的体験から来ていると感じているからです。
私は初めに虐待されて、そして虐待されることを恐れました。
それで私は意識して支配するか、脅すか、あるいは私を虐待しないであろうパートナーを探し求めました。
私は自分の中での葛藤や教え込まれた家父長制を現実に克服して、支配的な女性になることができたのです。



古いものなので、中にCB2000とありますが、今頃は、CB6000を着けて快適に苦しんでる(?)かもしれません。
後半部分、20台で男に虐待されて、そこから自分がドミナント側になったとこの人は言っています。その関係を楽しむことはなかったのでしょうか。
もしかしたら、この人は「S」であると同時に、自分に向かうと「M」にもなる人なのかもしれません。
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード