FC2ブログ

家庭の中で

家庭の中で、きっとどこかの家庭でひっそりと行われているであろう、妻と夫のFemDomな日常・・・
そんな妄想をかき立てられる画像の数々を紹介します。勝手に妻と夫のせりふを考えました。

00 00 9
妻「ジム、ちょっと来なさい。」
お呼びが掛かったので、ジムは食器洗いの手を止めて、ミストレスのもとへ。
ジムは全裸です。
夫「ミストレス、お呼びでしょうか。」
それでもミストレスは何も応えようとせず、新聞を読んでいます。どうも機嫌がよろしくないようで。
ジムは、どんなしくじりがあっただろうかと考えながら、これから受ける叱責、それにきついお仕置きを覚悟するのでした。


1bz.jpg
妻「ちょっと、この報告書は何よ!」
夫「なにって・・・その」
妻「レシートが足りないじゃないの!」
夫「一部なくしてしまったものがありまして。どうぞお許しを。」
妻「ふざけるんじゃないわよ。来月はその分減額するからね。」
夫「そんな、それじゃ昼代も足りません。」
妻「私に口ごたえする気?」
夫「そんなつもりじゃ・・・・」
妻「うずくまって尻を出しなさい。さあ、今すぐよ!」



00 05 5
妻「ちょっと、昨日の態度は何?パーティーで、私に恥をかかせてくれたじゃないの。」
夫「そんなつもりじゃ・・」
妻「いくら普通の夫婦のふりをするったって、私のことを冗談のネタにするなんてもってのほかじゃなくて?」
夫「おお、お許しください。」
妻「自分の立場を思い知らせてやる必要がありそうね。今日は、血しぶきが飛ぶまで打ち据えてやるから覚悟するのね。」



20120626 24
妻「正直に言いなさい。ゆうべはマスターベーションしたでしょ。」
夫「・・・・・・はい。」
妻「これは誰の所有物なの?」
夫「ミストレスの所有物です。」
妻「それを勝手に使っちゃったのね。私の許可なしに。」
夫「申し訳ありませんでした。がまんできませんでした。どうぞお許しを。」
妻「意志が弱いのね。貞操器具が必要ね。」
夫「そればかりはお許しを。もうしませんから。」
妻「まずはおしりに思いしらせようかしら。後ろを向きなさい。」

普段着の妻と全裸の夫、それだけで立場を象徴しているようですね。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

ガーターベルト


コメント欄で、ガーターベルトのことでちょっと盛り上がっていたようなので、ガーターベルト画像特集を組みました。
いざ集めてみると、意外にこれというものが見つかりません。
でも、やっぱりガーターベルトは男のあこがれ、女性をセクシーに見せますね。
個人的には黒が好きです。おそらくほとんどの人がそうではないかと思うのですが。

baku.jpg

blacka06.jpg


IngaLarsson3.jpg

s4.jpg

ling020.jpg


05_20120917011058.jpg

femdom01.jpg

dom_co_il-347.jpg




きめポーズ


脚を開いて、グッと踏みしめたミストレス。
その脚の間から、ひざまずく奴隷の姿が見える。
絵になるきまりポーズです。

でも、あまりに同じようなポーズの画像がいっぱいあるんで笑っちゃいます。
1枚1枚違ったミストレスのポーズ、おしりや脚の美しさをお楽しみください。

tumblr_kv0tbcpfm61qzyzquo1_500.jpg

b2b2.jpg

IMG_3057.jpg

tumblr_m0zcgbAs8E1qgnjaoo1_400.jpg

w8.jpg

tumblr_ljt3gpeniS1qizamdo1_1280.jpg



相性



「相性が合う」というのはこういうことを言うのだろうなと思います。

キャシー女史の少年から:

親愛なるサットン女史:私の妻 /ミストレスと私は、ともにあなたのウェブサイトをとても楽しんでいます。 私たちは15年以上の間fem / dom 関係にあります。
高校を出た頃、私はバトンルージュ地域の多くの化学プラント会社の1つに働きに行きました。ところが、1984年に、大不況となり、私は仕事を解雇され、別な仕事に就くために学校に戻ることに決めました。

法律職の補助をする仕事でした。その頃たいていの法律家補助員は女性でした。しかし待遇も少し良くなり、男性もその仕事に入ってき始めていました。
卒業式が終わり、私は大きなニューオーリンズ法律事務所に仕事を見いだしました。 私が新人で、そして経験があまりありませんでしたから、私は若い1人の女性弁護士に割り当てられました。 彼女はちょうど法律学校を卒業したところで、そして私より10歳若かったです。
最初女性の上司を持っていることは奇妙に思われました。私が内気な性格であったのに対し、彼女は外向的で、そして攻撃的でした。私は自信に欠けている方でしたが、彼女は断固たる自信を持っていました。

彼女は私が少し緊張していいることに気づき、私をリラックスさせようとしました。
彼女はある時聞きました。女性の下で働くことを、私はどう感じているかと。
彼女は私に、彼女自身は男性の部下を持つのは好きであること、そして私たちは良い相性ではないかと感じるということを言いました。
私は上司として彼女を尊敬しました、そして彼女が私に指示したことは忠実に守りました。それは、彼女の机をきれいにしたり、彼女のコーヒーを淹れたりといった個人的なことや、お使いなども含みました。 私は一度もこのような自信に満ちた女性に接したことはありませんでした。そして、彼女を喜ばせるためにベストを尽くすと彼女に言いました。

次の数カ月にわたって、私たちは一緒にしっかりと働きました。 新しい弁護士として、彼女は多くの時間外労働に従事することを期待されました。 私はしばしば遅くまで彼女と一緒に残り、彼女の個人的な使いなどもしました。 私はここでたくさん仕事をしました。そして彼女はもっと私に仕事を与えました。

ある晩、私たちが共に夜遅くまで働いた後、彼女は私を、近くのレストランに夕食に誘いました。
私たちは夕食を食べながら、打ち解けた話をしました。
彼女は私に、仕事を持つ男と関係を持つことはいかに難しいことかを話しました。
彼女はちょうどある男性と別れたところでした。彼は彼女が仕事を辞めて、そして彼と一緒に家庭を持つことを望んだのです。
私は冗談半分に、もし彼女が私と付き合ったなら、彼女が仕事においてもそして家庭においても共に上司となるに違いない、そして彼女のキャリアが優先されるだろうと言いました。私たちは二人とも笑いました。しかし私は、彼女がそれに興味を持っているかもしれないと感じました。

数日後、私は彼女に、週末暇があるので、もしも私に手伝って欲しいことがあったら言ってくれれば私もうれしいということを言いました。 彼女は、私の申し出について考えた後で、して欲しいことがあると言いました。彼女は、彼女の高校の友人の結婚を祝ってやりたいと思っていたのでした。彼女は私に、アパートを掃除してもらえるかと尋ねました。 彼女はまた、祝賀パーティーのために、私が、飲み物とサンドウィッチを用意してくれるだろうかと尋ねました。 私はこの機会に飛びつきました。

その晩、私たちの関係は、上司と部下から、主人と下僕へと変わりました。 数週間後に、彼女は私に、彼女と一緒に住むために引っ越して来るよう言いました。
そして、私たちは結婚しました。
私たちはずっと愛し合っています。私たち二人のいずれもが、彼女がボスであるということを知っています。そして私たち二人とも、そんな関係が好きなのです。


彼女は寝室で、彼を縛ったり鞭を振るったりしているでしょうか?
していないかもしれないし、彼が内心それを望んでいるのに応えて彼を調教するようになっているかもしれません。
ひとつ言えるのは、はじめから相性ぴったりだったということですね。
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード