FC2ブログ

上に上がって



前回はつま先にキスをする画像でした。そこで今回はそこから上に上がってみたいと思います(笑)
膝、腿、そしてもちろん・・
ひざまずいて女性の女性たる部分にキスをする。
エロチックな服従の誓いの儀式みたいですね。



bws2.jpg
「聖なるもの」のように大事に口づけして、そしてご奉仕、そんな雰囲気が出てます。



tumblr_njptgiiO9p1tqqbj7o1_1280.jpg
ミストレスの秘所に口づけさせていただける、光栄の至りです。
かしこまった正座が似合います。



tumblr_nekktkgP6I1tqqbj7o1_500.jpg
まるでペロペロなめ犬のようですね。



tumblr_njfk77rlKe1qzs681o1_1280.jpg
腿をそっと押さえる手がうやうやしく何かを拝領しているかのようです。
女性の肉体への奉仕はbody worship(肉体崇拝)と呼ばれます。
その意味がよくわかる1枚です。



tumblr_nri6y3Ckjy1uwy3aio1_500.jpg
よく見ると、かなりスリムなミストレスですね。


tumblr_lvjcuvdXb71qjuo72o1_400.jpg
黒のランジェリー姿の女性の前にひざまずく着衣の男性。
シチュエーションを想像しづらいですが。
それにしてもこのミストレスはパワフルでたくましい!

FemDomにおける性器接吻は、普通のセックスと違い、女性への忠誠、服従の気持ちが込められるものです。
女性性器への口づけ、奉仕に対して、一方の男性性器は・・・・もちろん足で踏みつぶされ、または無残に足蹴にされます。
このギャップが、D/sプレイの一つの醍醐味といえるのではないでしょうか。



スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

つま先にキス



女性の前にひざまずいてつま先にキスする
これって支配/隷属の象徴的な行為であるように感じます。
そんな画像ばかり集めてみました。


tumblr_nl7atng45l1s43y20o1_500.png

ポーズを決めるミストレス。
つま先にキスをさせるのは絵になります。
やはりハイヒールの足だとかっこいい!



tumblr_mohqrshyVA1qjuxboo1_1280.jpg

「よしよし」という感じで奴隷の背中を軽く踏みつけるミストレス。
高く上げられた奴隷の尻のパンティが、より屈辱的に見えます。
ところで、この姿勢、ミストレスは寄っかかってないとつらいですね。



tumblr_m8dy40pglw1r3r30ko1_1280.jpg

双方着衣のままというのがかえって興奮します。
日常的にこんなことしているの?というファンタジーをかき立てられて・・・



tumblr_nof28n4DYz1sg147jo1_1280.jpg

もろカメラ目線ですが、このアングルは珍しい。
男性がつぶれたカエルみたいで無様です。



tumblr_nk407xr7rx1tdy0plo1_1280.jpg

ブーツにキスです。
なめているようにも見えます。
ブーツもきりりとしまっていいですね。



tumblr_nfmxkoERW81trh1gho1_1280.jpg

個人的には今回の画像のベストの1枚です。
ごく自然な感じがするし、余裕に満ちた女性の表情がすごくすてきです。
素足がかえって魅力的で、こんなシチュエーションにあこがれてしまいます。



tumblr_nnounbXMZB1u7r953o1_1280.jpg

これは夫婦っぽい雰囲気出してますね。
奥様にワインをお出しして、ひざまずいてつま先にキス。
この後は足下に控えて次の命令をお待ちするのかな。


自分が引いたカード



tumblr_nmv6ovXkrb1slgw5xo1_500.jpg

今日はちょっと重いことを書きます。

最近思ったこと。
大阪で悲惨な事件が起こりました。2人の中学生が男に拉致され、無残に殺されました。動機はまだはっきりとはしていないようですが、どうやら猟奇的な殺人事件のように思われます。
猟奇的な殺人事件は昔から何度も繰り返し起こっては、その都度社会に衝撃を与えています。特に幼女の連続殺人事件には胸が痛みます。営利目的や怨恨などの原因が考えられないこのような犯行を行うのは、多くの場合、異常な性欲を持つ、性的な変質者です。犯罪に関する本を読むと、様々なこうした事例が記されています。女性を殺して、その死体とセックスする変質者もいました。次々とサディスティックな方法で人を苦しめながら殺しては、それを夜思い出してマスターベーションにふけるという残忍なサディズムを持った犯人もいました。または成人ではなく幼い少女を陵辱することで興奮する変質者も。
彼らは生まれつきなのか、後天的なものなのか、とにかく異常性欲を持つ者です。それを自分の中のファンタジーで抑えきれなくなってしまい、それを行動に移してしまったのです。言い方を換えるなら、残忍な犯行に及んだのです。もしも彼らがごく普通のノーマルな性欲を持っていたなら、ファンタジーが抑えられなくたって、普通に彼女を作っていちゃいちゃ楽しめたかもしれません。または、風俗で抜くことだってできたでしょう。でも、彼らが自分の中に持っていたものは、絶対社会とは相容れない、社会からは受け入れられないものです。
そう考えると、加害者、犯人もまた哀れな悲しい存在に思えます。
彼らは悲しい「変態性欲者」だといえるでしょう。
ある意味、自分との共通項を感じます。自分も「サブミッシブ」「マゾヒスト」というノーマルでない性欲を持った者です。変態性欲者であることには変わりはありません。
でも、自分の中のファンタジーを抑えきれなくなったとしても、それを行動化したとしても、社会の中で害をなす存在になることはありません。他人のあざけりを受けることはあっても、少なくとも犯罪者となり、他人を傷つけ、悲しませることはありえません。
自分は変態であっても、まだ幸せだったのかもしれないと思います。
これって、なにかすべての人が、神様の手から1枚ずつカードを引いているような気がしてきます。そのカードは、「ごくノーマル」とか「ロリコン」とか、「年増好き」とか、「ゲイ」とか、「マゾ」とか書いてあって、それがその人の性的嗜好を決定づけるカードになってしまう。そんな中でも「屍姦」とか、「極度のサディズム」とかは最悪のカードでしょう。彼らはそんなカードを引いてしまったのではないでしょうか。
被害者や家族の気持ちを想像すると、暗澹たる気持ちになります。自分だったら気が狂ってしまうのではないかとすら考えます。でも、同時に加害者にも同情を感じてしまう自分がいます。
かつて、自分の性癖に悩みました。普通のセックスにあまり興奮できない自分を悲しく感じました。でも、なぜか性的にもわりかし満たされて、家族と普通に社会生活を営めています。
自分の引いたカードはそう悪くないカードだったのかも・・・
自分はまだ幸せな変態なのかな?と思います。


sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード