FC2ブログ

リラックス



私はどちらかというと、目をつり上げて怒っているミストレスよりも、笑っているミストレスが好きです。
FemDomプレイでは緊張感もまたいいものですが、支配者たるミストレスには余裕を持っていてほしいです。
責められる側が余裕を持っているのはちょっと興ざめですが。
今回は、そんな余裕の表情の、リラックスしたミストレスの画像ばかりを集めました。




r2.jpg

無邪気にCBTを楽しんでいるミストレス。いかにも楽しげです。顔の見えない男性の方は、鞭が飛ぶたびに悶絶ものでしょう。あくまで想像ですが。このコントラストがたまらない。




r3.jpg

「ほーら、早くこっちへ来てご奉仕するんだよ。おまえはなめ犬だからね。いい子でなめるんだよ。」
ミストレスには羞恥は不要ですね。この格好は支配者然としていて攻撃的なエロチックさがあります。






r4.jpg

やや年配のミストレスですが、パートナーの股間をつかんでいかにもリラックスした表情。男性の方が年下のように見えますが、どんな表情なのか、ちょっと興味深いです。





b95.jpg

実際の夫婦の家庭での1場面みたいな画像です。(実際はどうだか知りませんが)
夫(?)の方もすご~くしあわせそうに見えますね。
毎日が楽しいでしょうね!


スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

レズビアン



cuckoldいわゆる「寝取られ」は個人的には好きになれません。FemDomの世界では結構人気のあるプレイで、妻がほかの男とセックスするのを指をくわえて見ていなければならないという屈辱に燃えるという男性がかなりいるようです。しかしながら私は関係に別な男が入ってくるともう褪めてしまうのです。自分を支配するミストレスが他の男に「やられる」立場になってしまうのにすごくしらけてしまうのです。自分の中で「女性優位/男性劣位」という図式が崩れてしまうのもいやなのです。まあ、個人的なこだわりですね。
そんな私ですが、ミストレスが他の男性でなく、女性と愛し合うのを見せつけられるのはちょっと興奮します。
妻のレズビアンの愛人が来た日は、裸で給仕するよう命令されたりするのもゾクゾクしますね。

上の画像は、ベッドに縛り付けられて、盛り上がっていく2人を見ています。2人は無力な男性に見せつけるかのように盛り上がっていきます。このアングルで見るとど迫力でしょうね。興奮すると思います。


index.jpg

貞操器具を着けられてしまうと、惨めさが際立ちます。興奮すると男性器官が膨らんできて、苦しい思いをすることになります。それを知っていてわざと見せつける女性たち・・・




tumblr_nawakzWRDB1rkwiyzo1_1280.jpg

女性たちは愛し合いながら、惨めな男性に声をかけます。
「ほーら、目をそむけないでよーく見なさい。あーん、こんなに濡れ濡れだわ。」
「あら、大きくしちゃって、窮屈でかわいそうね~」
「かわいそう。男はつらいわよね!」
興奮するほどに惨めさも際立ってきます。



tumblr_n1ij6smqv71sc9e8zo3_500.jpg

うつぶせに縛られた男性。女性2人はこれからお楽しみ。
でも、2人で楽しむのにこの惨めな男性をセックストイとして使うのもまた一興かも。1人は舌で奉仕させて、もう一人はストラップオンディルドーで責めたりして。
夜は長いし時間はたっぷりありますから・・・

影響力


今回の体験談は、実は間違えて訳したものです。別な体験談を訳そうとして、途中まで訳してみて、「あれ、なんか変だぞ?」と気づきました。でも、途中まで訳したので、まあいいかということで訳しました。


デニスWから:

親愛なるサットン女史:私の妻と私は7年間 以上Femdom 関係を続けています。私は最近妻に、妻の権威に私が隷属することが2人にとってとても自然なことなのに、それが私生活や公共の場で曖昧になってしまっていると言われました。私はそれにとてもショックを受けました。(彼女はいつも私がもっと深く屈従するべきだと言い続けてきました) 私は、妻が我々の関係について彼女の友人たちの誰かに話すのは時間の問題だろうと思いました。 彼女は過去に、何人かの女友達にそのことをほのめかしたのですが、誰も気にとめることがなかったのでいつしかそれを取り下げてしまっていました。

それが先週、いきなり変わりました。。 私の妻の友人の1人が私の留守中に家にやってきました。 ランドリールームにはおよそ20着の、私が手洗いしたパンティー(私のと彼の)が干してありました。 私の妻の友人(私は彼女をベスと呼びます)はパンティーについて一言言いました。 私のミストレスは「私はデニスに今日の午後穿くように言ってあるの。」と答えました。

彼女の友人は神経質に笑って、そして風呂に入りにバスルームに行きました。彼女が台所を通り抜けたとき、メイドとしての私の仕事のリストが冷蔵庫の前に貼ってあるのを見ました。私が毎日行う20の仕事と、週に1回はやらねばならない18の仕事が書かれていました。 週の1日1日ごとに仕事が終わったら四角の中にチェックをするようになっています。 一番下に次のことが書かれていました。「家事をするときは、いつも奴隷の首輪とメイドのユニフォームを身につけること。 もしミストレスが仕事の後に家にいないなら、メイド服と首輪をつけてホームフォンからのミストレスからの指示を聞くように。」

私の妻はそれがが冷蔵庫ドアの上にあったことに気づき、そして、ベスが見ていないすきにそれをはがしました。 彼女はベスが表を見たかどうか分かりませんでした。

ある程度世間話をした後、ベスは「ねえ、あなたとデニスはとても幸せそうに見えるわ。」と言いました。 (周りの人はみんな私たちにこう言います) ダイアン(私の妻)にとっては、またとない機会だったでしょう。「あなた知ってる?私たち、単なる恋愛以上の関係なのよ。」と彼女は切り出したのです。 ベスはそれについてもっと聞きたがりました。

ダイアンはベスに、彼女が関係の完全な支配権を握っているから、我々が決して争わないこと、そして彼女が決定をして、私が言われたとおりにするということを話しました。 彼女は、彼女の嫌いな家事をすべて私にやらせるようになってからは、自由に趣味を楽しめるようになったと言いました。 ベスは最初まったくダイアンが言うことを信じませんでした。

それでもダイアンは、彼女が冗談を言っているのでないこと、そして彼女のルールが絶対であること、そして我々二人ともそうすることが好きなのだと明言しました。 そして彼女は次に、彼女のルールがすべてのエリア、とりわけ寝室で絶対だということを言いました。彼女の結論は「彼は完全に私のかわいい奴隷坊や」ということでした。

ベスが帰るまで、もう少しその話は続きました。しかしながら、数日前、ベスが仕事の前にダイアンに電話をかけてきました。そして非常に興奮しながらダイアンに、前の晩、彼女が仕事から家に帰って来たとき、彼女の夫が家の隅から隅まできれいにしていたと言いました。 彼女が私の妻に、それが最近の最も素晴らしい驚きだったと言ったので、彼女はくすくす笑っていました。 彼はこれまで一度もそんなことをしたことがなかったということでした。 私の妻はベスにしつこく聞くことはしませんでしたが、おそらくいつか彼女にそういう日が来ると確信していたに違いありません。私は多分ダイアンが友人を(彼女が夫にそう仕向けるよう)触発したのだと思います。

私は妻に、彼女の友人たちの何人かに彼女の「成功」の秘訣を話すべきであると思うと言いました。 私は今までありきたりの夫婦関係の失敗談をたくさん聞いてきました。そして、私は女性に従うことで、男たちとの関係の中で生きるよりも、もっと楽しいものになり得ることを知っています。 私は彼女に、私は彼女らの前で、なぜ男性が女性の権威に喜んで服すのか、進んで話す気があることを告げさえしました。

私はどんどん大胆になってきました。 私は別な男性に、私の幸福への鍵は、私の妻が決定することにすべて従うことだということを見いだしたことを話しました。 私は1人の友人に「私は孤独な王になるよりは、大事にされた奴隷になりたいんだ。」と言いさえしました。 私は2人の男たちにからかわれました。しかし多くの男性がまじめに聞いてくれたばかりでなく、中にはそれを望んでいるという人もいました。 私の妻に従うことによって、私は最も素晴らしい贈り物を与えられました:毎日私は目を覚まして、そして私が今の私であることについて神に感謝します。


tumblr_nt161eU6wu1rexx7yo1_1280.jpg


今までFemDomの関係を他の人に打ち明けるという体験談はいくつかありました。
この人たちはよく思い切ってやりましたね。私はその気はありません。
この男性の告白を聞いた男性の反応が興味深いと感じました。
男性の中にはそこそここういった嗜好の人もいるんでしょうね。
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード