FC2ブログ

自分で後始末



以前、FemDomカップルのゲームについてのエントリーの中で、こんな部分が気になっていました。

cc:私たちは二人とも裸になります。そして私は Adi のコックにコンドームをかぶせ、そして Adi に handjob を与え始めます。 もし彼が2分間我慢することができたら、彼はあとで現金に換えられる「ワンポイント」を獲得します。 もし彼が負けたなら、私はコンドームと出したものをそのまま氷トレーに入れ、凍らせます。私はそれから 彼の飲み物に、この凍ったものを入れて飲ませます。あるいはその凍ったものを直接口に入れてしゃぶらせるかもしれません。 私はそれを CUM CUBE(CC)と呼びます。

このゲームでは、男性が負けたときのペナルティは、自分が出したものを飲み物と混ぜて自ら飲まなければならないというものです。「自分の出したものは自分で後始末しなさい」とミストレスが命じるというのは、FemDomの体験談では、けっこう出てきます。
男性が女性に対して「射出する」「ぶっかける」「汚す」といった、セックスにおける攻撃的要素が完全に否定されて自分に返ってくるというわけです。
私は経験がないのですが、精液は、とんでもなくまずいものだそうですね。女性の中には彼氏のペニスをくわえてフェラチオをして、彼が口の中に出したものをそのまま飲み込んでしまう人もいると聞きました。実際まずいのってどの程度のもんなんでしょうね。
もしもオルガスムに近づいたとき、自分が発射したら、そのまずいものをなめて食べなければならないと思うと、その屈辱的な状況に興奮する気がします。
でも、いざ発射してしまうと、性的な興奮は一気に醒めますので、その心理状態の中で逆にそれをやらなければならないのはかなり苦痛でしょう。

tumblr_luwu3udqPw1r44tsuo1_500_20170219181434687.jpg

興奮もするけど、なかなかにしんどいプレイですね。
いやなことだけに、つらい状況だけに、あとで振り返るとまた興奮するかもしれませんね。
ちょっと複雑です。
経験のある人に聞いてみたい気もします。

tumblr_m1tjk6v0Rc1qb0flwo1_500.jpg


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

後ろから引っ張らないで!



今回は股の後ろから急所をぐいっとつかんで引っ張っている画像を集めました。
男性の最も弱いところを、しかも後ろから
やはり人間後ろからされるのはより被虐的な心理になります。
「ああ、一方的にやられてる」っていう感じ。
ゴルゴ13は絶対にこんなことされないでしょうね(笑)

beh7.jpg

女性のなんとも楽しそうなこと
顔は見えてないけど、男性の方は苦悶で顔がゆがんでることでしょう。
そして哀れなうめき声を上げていることでしょうね。


beh4.jpg
これはひもをかけて、後ろからぐいぐいと引いています。
女性の側だけ見てると犬の首輪にかけたひもを引いているみたいですね。
なんとも惨めで屈辱的です。


beh1.jpg
これもひもで引いています。でも、クリップで陰嚢を挟んで、それを引いています。
これは痛いな。
女性の口元のかすかなほほえみがなんともいえず魅力的。
こんなほほえみで責められたい!


beh5.jpg
ボールをくくったひもを天井にかけて
それを時たま手でくいっくいっと引くと
そのたびに「ウギャー」と叫んでしまうことでしょう。
テレビを見ながらのお手軽簡単な絶叫責めです。


beh2.jpg
おしりをたたくブラシを手に、もう一方の手で股間のボールをムギュッとつかみます。
おしりがちょっぴり赤くなってます。
軽くひとたたきしたあと、一休みついでに軽く股間なぶりといったところかな。
まさか手に取ったボールをパシパシってことはないでしょうけど・・



tumblr_o6ru95seVO1u9hnodo1_1280.jpg
最後はシルエット画像。
男性器を閉じ込めた貞操器具にかけたひもを後ろからぐいぐい引っ張ってます。
そんなに痛くはないかもしれないけど、いたぶられ感で立ってきてしまうかも。
そしたら閉じ込められているだけに、痛いですね!





sidetitleプロフィールsidetitle

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード