FC2ブログ




ドミナント女性が、自分の夫を支配するのに、自分の妹を巻き込むという体験談は、以前も紹介したことがあります。
夫にしてみれば、妻以外の女性に自分が妻に責められる姿を見られる、あるいはその女性が妻と一緒になって自分を責め、辱めるという状況は、魅惑的です。
しかし、第三者をプレイやD/s関係に引き入れるのはリスクも大きいものです。関係を暴露されれば、自分の社会的な信用、地位を失う可能性もあるのですから。
そこで、比較的リスクが小さい第三者が、「姉」や「妹」になるわけです。

この体験談の中の妹は、すごいです。パワフルで。




エリス、私の物語を聞いてください。私たちは1年前にあなたのサイトを見つけました。そして私たちはときどきfemdom ライフスタイルを実践していました、しかしあなたのサイトは私たちが日24時間/週7日へと移行する手助けとなりした。 自己紹介すると、、私の夫は23歳、私の妹は21歳、私は25歳です。私は私と私の姉妹の若さを強調したいです。なぜならあなたが私たちの世代への理解があるから。 それは今、世界で女性達の手で引き起こされつつあることなのです。

私は、私が一家の稼ぎ手となるよう、夫に手助けをさせました。 今まで、私は私の妹の世話もしています。 彼女は私たちと一緒に住んでいます。そして、私が働いている間に、私は彼女に私の夫を支配することを許します。 彼女は働きません。しかし彼女はフルタイムの大学生です。

私は夫と結婚して5年、出会ってから6年になります。 彼女が同居するために我が家に引っ越してきたとき、とにかく、彼をびっくりさせてやろうと思いました。そして、ストラップオンと、ロープ、それにfemdom strap-on 映画「カーブオーバーボーイフレンド」を買ってきました。 私の妹は常に支配的でした、そして私もそうでした。 私の夫は常にサブミッシブでした。

私たちは映画を見ました。そして私たちは全員、非常に興奮していました。 それから私は妹に。私の夫が私の奴隷である、そして、彼女が私たちと一緒に住んでいる間に、彼が彼女に従うであろうと言いました。 私の支配を実証するために、私は夫に真っ裸になることを命じました。そして私は、台所テーブルの上にうつぶせに彼を縛り付けました。 私は strap-on と新しい dildo を取り出しました。 そして私は、私の妹の前で、私の夫にストラップオンでファックをしました。彼女はちょうど映画を見たところでしたから、彼女も興奮しました。 私はそれから彼女にストラップオンで彼にファックすることを許しました。そして彼女は私以上に激しく彼を犯しました。私の夫はほとんど耐えることができませんでした。

次に、私たちは後ろ手に彼の手を縛って、浴そうに彼を入れました。そして私たちは彼に口を開くように言いました。 私たち二人とも2人とも、着衣のままでしたが、パンティーだけは下ろして、彼の口に向かって放尿しました。 私たち二人ともは同時に彼の口にそして彼の顔中いたる所に放尿しました。そして、私たちが彼に飲み込ませる許可を与えるまで、口を尿で満たしているよういいました。彼は本当に本当に弱った様子でした。

その夜を境に、夫は私たち二人の奴隷になりました。 彼はただ私とだけ親密な関係です。しかし私の妹は、服を着たままでストラップオンで彼を犯すこと、それに、私が持っている木製のパドルで、彼の尻をピシャリと打つことを許されます。 彼は家の中ではほとんど常に裸です。そして私は私の妹に彼の尻をピシャリと打って、そして手で彼のペニスとボールをたたくことを許します。 私たちは彼にゴールデンシャワーを与えることが好きです。そして彼は私と妹両方からたくさんそれを受けます。

私の姉妹は驚いたことに、彼女が尿意を催したときに、夫にそれを知らせ、夫に彼の顔にゴールデンシャワーを降らせてくれるよう嘆願させました。 私の妹がこのように彼を辱めるのを見ると、私も熱くなります。私は同じく彼女がパドルで彼の尻をピシャリと打つのを見ることが好きです。 彼女は私がするよりずっと強力で、そして厳しいです。 私は彼と結婚しているから彼に哀れみを感じているのだと思います。 私は同じく彼女がストラップオンを使うのを見て興奮すると告白しなくてはなりません。 彼女は彼を犯しながらが「尻軽女」「雌犬」などとののしります。見ていてとても興奮します。

私たちの親と私たちの家族の他のメンバーはこんなことが行われていようとは夢にも思わないでしょう。彼らはみんな遠くに住んでいます。そして彼らが訪ねて来るとき、私たちはすべてできる限り行儀よく振る舞います。

私の夫はすべての家事と料理をします。 彼は週に3日働きます、そして得られる少しの収入は私のもとに来ます。 私は多くの稼ぎがあります。私は稼ぎ手です。私の妹と私は非常に親密です、そして私がどのように私の夫を支配するか見ること、そして彼女が私に手を貸すことを許すことは素晴らしい経験になったことと思います。 2人のきつい女性に仕えなければならない夫は、気が休まるときがないでしょう。



この体験談を書いているドミナント女性は、妹と共同で自分の夫を支配し、責めていますが、同時に夫婦という線引きもしています。
妹は、夫の男性器を責めるときも、ストラップオンプレーをするときも、「着衣」のままです。(聖水の時だけは別?)自分以外の女性の裸体を見て、夫が欲情するというのは許せないというこだわりがあるのでしょう。自分は夫婦として、妹よりもよりセクシュアルな関係であるという形を保っているといえるでしょうか。
ただ、この夫の立場だと、常に自分だけ全裸をさらしてしまうという立場、かえって興奮してしまったりして・・・
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード