FC2ブログ

Ingrid Bellemare


luluで、デジタル書籍をダウンロードしました。luluは便利です。私のように翻訳ソフトに頼っている者にとっては、ペーパーバックを買うよりPDFでダウンロードした方がずっとありがたいのです。値段も安いし。luluに登録するときは、キャッシュカードがあれば、できます。でも、さすがに日本じゃないのでJCBカードは使えませんでした。
前はエリスサットンの本をダウンロードしましたが、今回は、イングリッド・ベルメアという女性が書いた奴隷のトレーニングマニュアルをダウンロードしました。(写真はご本人だそうです)
内容は、全然エロチックなものではありません。正直、ちょっとがっかりしました。
男性奴隷がミストレスにお仕えする「作法」をきちんと書いてあるものでした。
つまり、奴隷はどのような配置で、どのような方法でミストレスにマッサージしたり、家事労働などをしたら喜ばれるのか、その際、どのようなことに気を配ればよいのかということを、女性の立場で書いているのです。こういう風にお仕えしたら女性としてはより快適だということです。
性的なご奉仕についても、整然と、きちんとしたマニュアルとしてかかれていて、拍子抜けするくらいです。
この方は、スウェーデン生まれで、現在はオランダに住んでいるということ。しばらく長い間プロの女王様をやっていたそうですが、その後、フルタイムの専属奴隷を持ち、今はFemDom、あるいは女性主導の人間関係に関するアドバイザーやプロモートみたいなことをやっているみたいです。
この女性自身が書いていることによると、専属奴隷を選ぶときには、山のような候補者の中から、彼女が本当に気に入った一人を選んだそうです。
自分の性的満足のことはいっさい考えず、純粋にご主人様のための「労働」に従事できる男を選んだそうです。だから、本当にただの「僕」で、おそらく家畜を飼うような感覚に近いのではないでしょうか。
私は、おそらくこの女性に気に入られることはないと思います。また、ほとんどのM男性は落第になるのではないでしょうか。
S女性、M男の需要と供給のバランスを考えると、S女性にとっては絶対的な「買い手市場」ということになるのでしょう。
それは、日本でもあちらでも変わらないということですね。

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

お~!

Kaiさんのブログ、見るだけに徹しようと思っていたのですがluluの話題まで出るとは・・・!
私も過去にElise Suttonの「Female Domination」と「The FemDom Experience」をluluで購入しました!
拙い英語力で文章を読み、興奮というかある種まじめな性関係(特に夫婦)に妙に関心したものです。
やはりSM(FemDom)は海外が一枚上手だと思います。プレイではなく生き方なところにリアリティを感じるからでしょうか。

ともかくドツボなKaiさんのブログ、これからも応援しています。
これを機会にまたコメントさせて下さい!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ODLさん、はじめまして。

>やはりSM(FemDom)は海外が一枚上手だと思います。プレイではなく生き方なところにリアリティを感じるからでしょうか。

一番違うと感じるのは、国内のSMは、シーンにやたら目が向いていることでしょうか。
そういう意味では同感ですね。
もっとライフスタイルに目を向けないと、女性を引き込めないというのが私のいつも思っていることです。
これからもぼちぼちやっていきますので、応援してください。
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード