FC2ブログ

「痛み」と「苦痛」



新年あけましておめでとうございます。
今年も地味にぼちぼちやっていきますので、よろしくお願いします。

新年最初の話題は、全然新しい年とは関連のないことを。
痛みや苦痛はなんで快感につながるんだろう
ということについてです。
Alt.Sex.Bondageのニュースグループで、昔BDSM入門みたいな企画があって、その中でどうして痛みが快感たり得るのかという記事があったのでそれの訳を引用してみます。

SMを知らない人は、SMプレイで行われる苦痛を伴う行為の魅力が理解できない場合が多いようです。叩かれるのどこが楽しいのでしょうか?あざをつけられて何がうれしいのでしょうか?
(途中略)
 よく用いられる説明として、苦痛を和らげるために脳はエンドルフィンと呼ばれる脳内麻薬物質を生成しているというものがあります。これによりハイな状態になるのです。「ランナーズハイ」といわれる状態は、肉体を酷使することでエンドルフィンが出ることによって生じます。トウガラシを食べた後の快感も同じ原因によります。これこそSMプレイで鞭打たれたりスパンキングされたりすることが楽しい理由なのです。それは苦痛ではなく快感なのです。とりつかれたように練習する運動選手は、こういった化学的な反応を起こすほど体を使うことを楽しむ本質的なマゾヒストと言えます。


この論によると、苦痛によって、それを和らげるために脳内でエンドルフィンが分泌されることによって快感が得られるということです。
なるほどと思います。でも、正直なところ、今ひとつ実感はありません。
私はよく画像にあるような、尻が真っ赤になって血がにじんでいたりするようなハードなむち打ちは受けたことがありません。また、ほとんど本気のすさまじいボール蹴りも受けません。だから、実感がないといっても、それをしている人には実感があることなのかもしれません。そういう人でないと、この論を肯定したり否定したりはできないのでしょう。
私がこの論で疑問に思うのは、「痛み」「苦痛」そのものに対してエンドルフィンが出るのだとしたら、ドアに手を挟んだり、頭をぶつけたりしても快感が得られることになってしまうのではないかということです。神経レベルだけで説明するのはちょっと無理があるのではないかな?と思ってしまいます。
goddess_set0000018.jpg


私個人の考えとしては、苦痛や痛みそのものでなく、苦痛を与えられ、苦しんでいる自分に興奮しているように思います。相手の思うままにされ、一方的にやられているという無力感、屈服感に心がビンビン反応しているのを感じます。だから、痛みと快感は必ずしも比例はしていないと思うのです。
SMプレイは、すごく心理的な要素が大きいのではないでしょうか。認識した状況を、頭の中で快感に変換しているみたいな。
これって、他の人もそう感じていることなのだろうか?それとも、ハードなプレイをしている人は違った感覚なのだろうか?
ウーン、理屈っぽいな。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

あけおめ^^正月早々の話題にいい感じ^^

 他人に説明を求められたならば^^そんなは無しかともあるでしょう^^でも変態に理屈も理論もましてや他人に理解を求めようなんて面倒デイ!^^その話のどこら辺に興奮するんですか?ってそんなの解るもんか!^^アタシの動物の脳みそのどっかの部分が大喜びで興奮して何かを体の奥から外に向かって大噴火をしちゃうんでぃ!!^^
 アタシなんか射精無くって奥様が「いいの?大丈夫?」って心配してくれるんだぞ!^^羨ましいだろ?って説明したら^^日本語としても理解不能だと思う^^
 
 変態って罵られるより小声で陰口を聞こえる程度の小声で影口言われて、否定も肯定も批判もせず・・・ただ表情だけで微かに微笑むのさ^^

 しかた無いのよ^^足を踏み入れてハマチャタンだから^^

謹賀新年

Alt.Sex.Bondageかあ~懐かしいですねえ
英語の勉強のつもりで僕も随分と読み込みました。

 エンドルフィンだかドーパミンだか知りませんが、その説はよく耳にしますよね。

 ナノ・テクノロジー的には感情も意識も全て生命反応は化学/科学的に説明されるのかもしれませんが、SMはもっとアナログだと思っています。痛みが快楽に変換するには、その痛みが誰から与えられるものか?という要素も大きな影響があると思う。

 嫌いな人からの苦痛はドアに手を挟んだ時と同じように、痛いだけ。

 崇拝することのできる、愛している人からの苦痛であれば、痛くても堪えようとするだろうし、それを快楽として受けとめることも可能なのではないでしょうか。

 なんてね。SMは理屈じゃないですな。

 今年もよろしくお願いします(^^/



御免なさいね。
誤字脱字の多い一年になりそうです。興奮して指が震えるのかな?^^

たつやMさんへ

今回のエントリー、ちょっと理屈っぽかったでしょ。
画像ばっかりが続いたんで、なんとなくこんなのをやりたくなるんですよね。
まあ、難しいこと言わなくても理解のある奥様がいれば事足りるというところですね(笑)
「射精なくてもいいの」と心配してくれる奥さんも旦那思いですが、「射精なんかさせないからね」という奥さんもこれまた旦那思い。旦那が何を望んでいるかですね。

誤字脱字、私の場合、エントリーを読み返すとよく見つけるけど、めんどくさいからそのままにしておきます。

Homerさんへ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

>嫌いな人からの苦痛はドアに手を挟んだ時と同じように、痛いだけ。

これ、まったくその通りです。おもしろいですよね。
そのうち、考察してみたいですね。
ある意味、SMはセックスと同じといえるのかもしれないななんて思ってしまいます。

ただ痛いから気持ちいいということではないのはたしかですね。
まだまだよくわかりません。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

エンドルフィンの科学的理論はマゾヒストじゃない学者が科学に解明できないものはないとして理論付を無理にでも行おうとした結果の理論だと思います。
私は美人に土下座して頭踏まれるだけで悦びですし、煙草に火をつけるのも興奮します。
普通の人がセックスのときに興奮するのと同じ状態ではないかと思います。
Mもフェチの一種と捉えた方がわかりやすいのではないかと思います。

新年おめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。

やはりその状況が大事なんでしょうね。
お相手の方も含め・・・
ただ、その状況下でも耐えられる痛みと
耐えられない痛みはありますけどね。
僕の場合は、一本鞭での鞭打ちは、
数回しか受けれませんね。
肌が切れて、血まみれになるほどの
画像を見ることがありますが、
とてもとても無理だと思います。
限界ってあるのでしょうね。
経験を積めば、耐えられる痛みも
強くなってはいきますが・・・

僕も細々と更新していきますので、
たまには覗きに来て下さい。

D/s生活以前にSEXの前戯的SMをしましたが、あくまで遊びでゴッコ程度でした
鞭なんか無いしベルト二つ折りで赤く色が染まる程度、痛いと言えばすぐやめる
これからD/sの懲罰としての鞭打ちとなったら、痛いの前に猿轡ですかね?鞭も準備ですか?
痛いを超えて脳内物質で快感になる、そこまでいってみたいような怖いような・・

イイチコさんへ

こんにちは
>私は美人に土下座して頭踏まれるだけで悦びですし、煙草に火をつけるのも興奮します。
これ、よくわかりますよ。
やっぱりMは心理的な部分で興奮する度合いが全然違いますよね。
そうでない人にはきっとわからない部分でしょう。

今年もよろしくお願いします。

駄目M男さんへ

こんにちは お久しぶりです

1本鞭は厳しいんでしょうね。
私はまったく経験ないですが、駄目M男さんでも耐えられないっていうんじゃ、私はきっと全然駄目でしょう(笑)
画像見るとすごいのありますよね。お尻が血でにじんでて。
私はバラ鞭がせいぜいです。

今年もよろしくお願いします。

ちびでぶすさんへ

本気のD/sとなったら、鞭打ちも厳しいでしょうね。きっと。
あんまり手加減してくれなくなるかも。
うらやましくもあり、自分は無理かなとかも思ったりします。
奥様との関係、今年も深めていってください。

こんばんは。少し前の記事へなのですが興味深く、私もよく考えるテーマでしたのでコメント失礼します。

痛いことが快感になる
というのは実際にあるようです。

ただ、そこにたどり着くには、相手への思いや、状況に興奮することなどが必要だと思います。
痛いことが快感になったとしても、痛いことは痛いので(笑)
それを受けたいと思わせる何かがないとダメだと思うのです。
また痛いのが快感になる過程で我慢しなくてはならない局面もありますから…。

技術的なことは、いきなりひっぱたかないとか、痛みの種類を考慮したり、タイミングをはかることだと思います。
何回も繰り返すと、痛み=快感の回路が完成して
思いや状況、技術が低くても、快感に変換されやすくなるようです。

人の身体と心は面白いですよね。

どちらからアプローチするのかは、人それぞれですが、精神と肉体は切り離せないし、相乗効果でエスカレートしていくものだと思います。

私もついつい理屈っぽくなってしまいました(笑)

Ruikoさんへ

コメントありがとうございます。
この記事は、やっぱりちょっと書いていて自信のない部分もありました。
何しろ、自分はそれほどの経験がないのですから。
今までいろいろな人がこのことについて言っていましたが、Ruikoさんの説明はもっとも明快で理にかなっていると感じました。
つまり、心理的状況と身体的状況を連合させることで、脳内に痛み=興奮のバイパス(回路)を作ってしまうということですよね。
Lady Misatoも、この連合のことについて言っていた気がします。

経験者はさすがですね!
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード