FC2ブログ

25年前




25年前のSMの話。
それなりの歳の人でないと知らないことだと思います。要するに私はそれなりの歳なのですが。
25年前、あるいはその前。
「君はS?それともM?」
という発想はありませんでした。
SMといえば、男は当然S、女は当然Mと考えられるものでした。
SM雑誌でも、男Sものがおよそ9割を占め、後半の方に1つぐらいM男性のための読み物があるという状態でした。
本でもテレビでも、Mの男が登場するまれな機会があると、
「なにこれ、変態」
「きもちわるい」
「信じらんない」
と、笑いものにされ、バカにされるのが常でした。
Mの男という存在そのものが不自然で、社会的に著しく信用を欠く存在とされていたといってもいいでしょう。
Mを公言する勇気を持った男性は、希有な存在だったと思います。
もちろん今でもそうですが、その当時自分のMとしての性癖を堂々と言えた人は、尊敬に値するのではないでしょうか。

今、時代はずっと良くなりましたね。
「おれ、どちらかといえばMかな?」
なんて言っても、
「あら、そう」
ですませてくれますから。
もちろん今でも社会の中では少数派であるという事実は変わりません。
でも、それは未来永劫変わらないのかもしれないかもとも思います。
少数派なりに楽しむスペースと、相手をしてくれる女性がいてくれればそれでいいのだと思います。

それにしても、女性S、男性Mが、昔ほど奇異な目で見られなくなったのはうれしいですね。
社会はいい方向に動きましたね。
女性の地位が上がったのだと思います。また、ネット上でマイノリティーが情報共有するようになったのも大きいのではないでしょうか。

em929.jpg

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

社会で活躍

女性も社会で働くのが当たり前になりました。正社員だと休暇を使い、職場に復帰してきます。寿退社なんて死語でしょうね。

 中学生の時に^^初めてのSM雑誌は出会いはSMセレクト!多分その雑誌は実家にある^^SMマニアSMスパイダー?SMファン!ハマったなぁ^^そうですよね^^M女性ばっか^^一部の記事に浣腸物の風俗があった様な^^雑誌の小説を一生懸命に読んで興奮しまくり^^あれ以来未だに活字に興奮しますもの^^不幸を背負わされた美人バレリーナ姉妹が望まずに罠にはまり調教されて・・・望まないのに内なる快感を与えられて^^なんて^^時代小説みたいなのもあったり^^楽しい雑誌がいっぱいあったなぁ。
 
 いつの頃から自らがMだなんて自覚する様になったかは思い出せないが^^さっきのバレリーナ姉妹の心理的肉体的な追い込まれ様に興奮した当たりからだったら始めっからだ^^中学生でマゾヒスト?自覚はないが今の自分の評価でそうなんだから多分そうなんだろう^^恥知らずな淫乱雌豚だわね^^!

男性マゾヒズムの社会的評価

 女性にMが多いというのは分かるのですが、M男性は今も昔も、本当にマイノリティーだったのでしょうかね...

 確かに目に見えるかたちではそうだった。

 しかし、潜在的に、「もしかして...俺ってM?」みたいな人は意外と多かったのではないかとも思ったりします。

 だからこそ抑圧が強く、表に出にくい。

 メディアの中で、わざとらしいほどM男ものが排除されていたのは、編集者や出版側にはそれを認めなくない心理的な防衛機構が作用していたんじゃないか。


 それ以上に絶対に少数派だったのが、S女性でしょうね。

 社会的に、そして集団心理的にS女性、M男性が受け入れられやすい世の中になったことは、多様な価値観が認られるようになったということで、喜ばしいことであります。


みにちさんへ

たしかに女子社員の人は昔と違ってちゃんと働けるようになりましたよね。
これからもっともっと女性が強くなりそうですね。

たつやMさんへ

SMセレクト、SMファン、SMマニア・・・
懐かしい名前ばかり。
ひっそり読んでました。
そのうち女性S男性M専門誌が出だして。
でも、やっぱり今のネットの世界が、多様性でも奥深さでも当時より断然充実しています。
M男にとってはいい時代になりました。

homerさんへ

編集者や出版社の抵抗というのはたしかにあったでしょうね。
社会全体、「男は強いもの、女は弱いもの」という概念が強くあったと思います。
私は「強い」男の子ではなかったので、けっこう辛い思いをした方です。
多様性が認められるようになったということは、社会、あるいは文化に余裕ができたということかもしれませんね。
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード