FC2ブログ

給仕(3)

かなりしつこく給仕の3回目
今回はショートストーリー

サブミッシブ男と結婚し、ドミナとして目覚めた若妻
2人の幸せなFemDom新婚生活
ところが、夫の姉が、弟夫婦の関係が普通でないことを鋭く察しました。
妻は義姉に、自分が夫を支配していることを告白しました。
そして、「信じられない」と言う義姉を自宅に招いたのでした。
そして、夫に全裸での給仕を命じたのでした。
3m.jpg
「ワインに、おつまみをお持ちしました。」
妻は、かしこまる夫を見据えると、
「お姉様にワインをお注ぎしなさい。」
と命じたのでした。
「はい、ただいま。」
姉は、全裸で従順に給仕する弟の姿に、あっけにとられています。

WS000014.jpg

妻は、夫との結婚生活をつぶさに義姉に話しました。
2人は打ち解け、グラスを重ねるごとに話が弾みました。
WS000015.jpg

義姉はいつしかFemDom結婚のすばらしさに魅せられていきました。

WS000017.jpg

「お義姉さま、今度一緒に夫をいたぶってやってくれませんか。夫もきっと喜ぶと思いますから。」
「それもいいかもね。」
そうこたえながら、義姉は心の中で思いました。
「そういえば、小さい頃、よくいじめてたっけ・・・」


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

姉が引導を渡すのですね。確実に夫はおとされるのでしょうか。

 似た話を持ってますよ^^弟夫婦の様子がどうもおかしいと思った少し行き遅れ気味の気の強い姉が、弟が仕事の出張で出かけている間に弟の妻に「貴方達夫婦の様子はどう見てもおかしい、気の弱い弟だから貴女は食事の用意もお掃除洗濯全てを弟にさせて、貴女は昼間っからアタシを家には入れるがマジャマのまま!アナタはおかしい!」「義姉さん^^弟君はアタシにプロポーズの時にこういう生活を自分から望んでアタシにそうさせているんです喜んでこうしているんですよ^^アタシと弟君がドコで知り合ったのか教えましょうか?SM倶楽部ですよ勿論アタシが女王様です。プレイに没頭するあまりに普段の生活に結婚生活にアタシとの関係を結婚と言うよりは奴隷契約って^^・・・これがその契約書ですよ。」奴隷契約書にはサインと実印が押されてる「・・・いかがですか?義お姉様^^一緒に弟君をマゾヒストとして遊びませんか?」
ストーリーは似ていますが最後が、怒った姉と女王様は取っ組み合いの喧嘩になりますが喧嘩に慣れた女王様に叶いません^^縛り上げられて下の毛を剃られる^^無理矢理なプレイ常態で姉は女王様に女として屈服してしまいます。
 出張から帰った弟が見たのは妻に従う姉の姿、SMの趣味は姉にはないのでプレイにはなりませんが、掃除洗濯食事と全てが姉の役目になり、弟はその姿を見て外出中に何があったのかを理解します。
姉さんも仲間に慣れたと思って話しかけると泣きながら「マゾヒストがなんなのか読み物では知ってるが、それがなんなのかアタシには解らない、でも毛を剃られた時の屈服感は忘れられない、人として負けた気がした、お前が何が気に入ってこうしているのか今は解らないが、お前の為にアタシが気の済むまではこのまま従う事にする」
 終わりが少し違うストーリーで^^最後にアタシの妄想は^^アタシには未だ独身の弟が居ます、その弟に僕がMですって告白して弟に嫌らしい笑い方をされながら「そうなんだMなんだ^^知ってたよお前が変態だって事くらい^^ようやく決心が付いて話す気になったのか!ほら!なに服なんか着て人間の振りしてんだ変態マゾヒスト!サッサと服脱いで土下座だろ!足の裏にキスして見せな!はっはは^^」って・・・のは最近の妄想・・・駄目だな・・・

みにちさんへ

姉じゃなくて、妹でもまたおもしろいかもしれませんね。
弟はいやだな。

たつやMさんへ

このストーリーは、完全に私の独創によるものではないのです。これと同じような体験談があったと思います。
このブログのどこかにあります。どこだか忘れましたが。
きっとこういうストーリー、結構あるのでしょうね。
私個人的にはお姉さんはあくまで「女性」ですから、屈服するのでなく、最後まで支配する側でいていただきたい・・・・
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード