FC2ブログ

Pretty Domina



 Pretty Dominaという女性向けのサイトをやっています。実は、最近このサイトを閉めようかと思ってます。「明るくてファッショナブルなドミナへの誘い」というコンセプトで作ったのですが、最近「これって何か違う」と感じるのです。
 女性はボンテ-ジのファッションやちょっとしたノリでFemDomの世界に足を踏み入れるかもしれません。でも、それって結局、最終的にうまくいかないんじゃないかって思うのです。
 SMクラブの女王様と客が仲良くなって結婚したっていう話を聞きます。あり得ることです。でも、結婚したら家事やら日常のもろもろに流されて、奥さんはすっかり普通の主婦、すっかりSMなしの夫婦になってしまい、がっかりという例を聞きました。それでもいいという人はもちろんそれでもいいでしょう。でも、カップルでSM、夫婦でSMというのを指向している人にとっては残念です。
 どうしてそうなってしまうのか
 それは、互いに「プレイ」ばかりに目がいっているからではないでしょうか。プレイは寝室の中で、一時的には楽しいかもしれないけれど、ともに生活するパートナーであれば、それは生活のほんの一部にすぎません。日々の生活で忙しかったり疲れていたりしたら、女性はプレイなんてしたいとは思いません。「旦那いじめてストレス解消すれば?」と思うのは男の発想です。
 一般に、女性は男性がイメージしているほどセックスを欲しません。それなりに楽しむかもしれませんが、プレイで純粋にサディスティックな喜びに浸っているという女性は少ないです。大部分のドミナは、加虐に興奮すると言うよりは、愛するパートナーを喜ばせているという充足感から喜びと充足感を得ています。「相手に尽くしたい気持ち」という言い方をしてもいいかもしれません。そんな気持ちは少しでも余裕があって生まれてくるものです。日々の生活に追われる中では自然消滅してしまうものです。子どもができるとこの傾向はさらに顕著になります。残念ながら、我々男と違って、女性は性的満足抜きでもけっこう平気なのです。
 食事が終わるとゴロンとなってビールを飲みつつテレビを見る・・・そんな旦那が夜ベッドの中で「女王様責めてください」なんて言っても「私疲れてるの、もう寝るわ」と言われるのがオチです。    
 奥さんにしてみれば、「散々ふんぞり返ってるくせに、責めてくださいもないもんだ」という気持ちでしょう。
 SMプレイが日常の関係と何らかの形でつながっていなければ、やっぱりプレイだけでは成り立たない・・・そう思うのです。
 FemDomカップルは、うまくやっていくためには、適切な関係作りが不可欠です。
 その関係の作り方もっと目を向けていくことが重要だと思います。

 そう思うと、「Pretty Domina」は、見ていてちょっと空しい気がしてきます・・・
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

うーん

導入作りとしては素敵なサイトですが、閉鎖を検討ですか。
残念です。

 現実は色っぽいもんじゃないですよねぇ^^
でも、御奉仕中の^^御奉仕後のパートナーの満足を自分の充実感にしますがねぇ^^「気持ちよかったありがと。」って頭をポンポンって軽く撫でられて「もういいよ・・・」って寝てしまわれるのって憧れるけど^^逆に御奉仕してくれる優しい奥様の日が半分は有るな^^

minichiさんへ

見ていただいてありがとうございます。
今はけっこう忙しくて手をつけられないんですけど、
もう少ししたら閉じようかと。

たつやMさんへ

たつやさんのところは、お互い理解した上で、
枠をきちんと決めてやってらっしゃるの外衣ですね。
2人で関係を考えて、同意して楽しめるものになれば、それがゴールなのかな。

無くしちゃうの?もったいないなぁ

Pretty Domina見ました。閉鎖しないで続けてくださいね。

こんにちは!いつも、「ちょっぴりFemdom?」を楽しみに拝読しています。今まで、「Pretty Domina」を知らず、ページが紹介されていたので、見に行ってきました。感想としては、「ちょっぴりFemdom?」の方が、おもしろいと思いましたが、せっかく、がんばって作ったページを閉鎖しないで続けて欲しいと思いました。私は、元々、ごくノーマルで、夫もノーマルですが、友人の妻子持ちのイギリス人男性のホームページの日本語がおかしかったので、昨年の9月にメールで連絡して直してあげたら、しばらくして、突然、彼から、「縛られたい」とメールが来て、彼は、女性上位主義、パンストフェチ、Mrs. Silkの所での体験を語り始めました。私は、彼のメールにずっと耳を傾け、最初は、「変態」しか思わなかったけれど、だんだん、彼の考え方を受け入れるようになりました。私は、彼の「女神様」扱いの神格化が気持ちよかったし、ユニークで憎めない考え方も、おもしろかったからです。彼は、緊縛や拷問も好きで、私は、ハードなむち打ちの画像を見せられて、最初は、拒絶反応が起きましたが、だんだん慣れてきました。彼は、特に、電気拷問が好きでしたが、そんな機械はなかったので、私は、彼の性器に針拷問と万力拷問、cat o' nine tailsでむち打ちし、黒のガーターストッキングのパンスト足崇拝のあと、私のソングをはずして、私の大切なところをなめさせました。彼は、女装も大好きで、普段からこっそりパンストをはき、黒のレースのブラジャーやスリップもこっそり着ていますが、その姿は、とてもかわいかったです。彼は、自分は女の子だ、といつも主張して、催眠にかけて欲しい、と言っていますが、実際に見たら、まさに、女の子そのものでした。彼は、けなげにも、肛門(vagina)を無防備に差し出し、私からdildoを挿入され、私が取り寄せた常時装着用のbutt plugも挿入されました。彼は、貞淑で、緊縛された上で、それらの「儀式」をしたのですが、射精禁止も言っていたので、私は、彼が、射精しない程度に性器いじめをしました。私は、母親から、「いじめてはいけません」を言われて育ちましたが、男性から、「性的にいじめて欲しい」と言われて、いじめたのは、とても楽しい体験でした。残念ながら、彼は、奥様に、自分の性癖を認められておらず、本性を隠して生活しています。そして、奥様への罪悪感と私に迷惑をかけることから、今では、メール交換はしなくなってしまいましたが、女性上位主義というユニークな世界を体験できて、夫とは違う、性的な扱いをされて、私は、女性であることをより楽しむようになりました。また、より、性的になったと思います。私は、工芸作家なので、自分の主義は、自分の命を作品に変える作品至上主義ですが、人生のスパイスを味わう事ができて、良かったと思います。これからも、サイトを見ることを楽しみにしています。

そのままでもいいと思いますが。。。

国内ではFemdomやDominaのブログはわりと少ないです。
SM自体はある程度認識されてる現代ですが、殆どがM/FでF/Mは少ないです。
そういう意味で「Pretty Domina」は貴重です。
ご多忙なら、閉鎖ではなくしばらく放置でいいのではないでしょうか?
閉鎖はもったいないと思います。

昔は男尊女卑という言葉すらあり、女性は男性の一歩後ろを歩き男性を立てるという雰囲気だった日本です。
海外とは国民性や文化が違うので、Femdomの世界は広がりにくいとは思います。
でも国内にもマニアはいますし、そういう性癖の人もいます。
そういう人たちにとっては、素敵なブログです^^。

S女性とM男性、パートナーや恋人なら楽しむことができるでしょうが、夫婦となると家庭もあり・日々の生活の諸問題もあり・プレイを楽しむムードは薄らいでしまうのでしょうね。
それでも、頻度は少なくても時折「Dominaプレイ」が顔を出せば良きスパイスになる気がします。

清楚な服装の初老の女性がケインを持ち立っていて、横で頭の禿げた初老の男性がズボンを下ろしお尻を出してる光景が、海外のモノクロ画像にありました。
普通の家庭の居間のような場所でした。
これからケインでお仕置きを受けるのでしょう。
とても自然な感じの画像でした。

長年、夫婦でいて生活を共にしてきた中にも・ちゃんとFemdomやDominaが溶け込んでる感じでした。
若い頃のような激しいプレイはなくとも、それなりの「行為」はちゃんとある。
そんな夫婦がいいなぁと思いました。

尤も、海外はお仕置きや躾といえばスパンキングが基本的伝統でしょうし、さらに英国やその近隣では特に躾は厳しく、子供の剥き出しのお尻をケインでお仕置きする家庭も多いとききます。
そんな慣習がある国々ゆえに、Femdom的行為も生活の中に溶け込み自然な感じになってるのでしょうね。
国内にもFemdom嗜好の方々はいますし、ちょっとしたきっかけで徐々にそういう夫婦も増えてくる気もします。

みなさんのご意見ありがとうございます

たつやさんへ
・・・・そうですね・・・たしかに・・・・

パンスト女神さんへ
すごい体験談きかせていただきました。まるで海外の体験談を訳しているような錯覚に陥りました。偏見や固定概念を捨てて、女性が一歩踏み込む思い切りを持ってくれると、男性にとっても、女性にとってもポジティブな体験になり得るというすばらしいエピソードだと思いました。
お書きいただいたエピソードの中で、私はFemDom行為、関係における男女の違いのようなものを感じました。男性の場合、被虐や服従は、純粋に性欲に根ざしたものだと思います。しかし、女性の場合は、自分が大事にされる、崇拝される、優越感、自己拡大感が要素として大きいのではないかと思われるのです。また、相手を感じさせ、満たしているという思いも満足感につながっているのではないかと思います。
もちろんセクシュアルな要素はあると思います。
いい話をお聞かせいただきありがとうございます。
パンスト女神さんにとっては、海外の体験談に比べればPretty Dominaは、ちょっと内容的にぬるいですよね(笑)

kanさんへ
サイトを評価していただきありがとうございます。
>尤も、海外はお仕置きや躾といえばスパンキングが基本的伝統でしょうし、さらに英国やその近隣では特に躾は厳しく、子供の剥き出しのお尻をケインでお仕置きする家庭も多いとききます。
そんな慣習がある国々ゆえに、Femdom的行為も生活の中に溶け込み自然な感じになってるのでしょうね。

kanさんは日本とあちらのFemDom文化の違いをよく理解されていますね。海外のFemDomが実生活と結びつきやすいのはひとつはそれがあると思うのです。
FemDomを自然に楽しむ夫婦、カップルが少しでも増えたらいいという思いで始めたサイトですが、これを見た女性はどう思うかな?これを見せたら女性はどんな反応をするかな?
これを考えると、だいぶ問題ありかな?と思えるのです。
FemDomの世界に誘うのはほとんどが男性の方です。でも、誘われた女性が本当に満足できる関係でなければ長続きはしないのです。それに、女性だけでなく、男性の方も覚悟を決めていかなければならないはずですよね。
その辺のところを考えながら、いずれ全面リニューアルしようと思います。軽いおねえちゃんを誘って引っ張り込むのじゃなくて、まじめに女性主導のカップルのあり方を考えていくきっかけになるような・・・そんな風に考えています。
私の中でまだ完全に考えがまとまっていないので、ちょっと時間がかかるかもしれません。

もう1回サイトをじっくりながめてみて、気に入らなかったらいったん閉じます。「まあ、いいか」と思えたらリニューアルまで残しておきます。
そうさせてください。

sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード