FC2ブログ

危険な関係



今回はまじめに、考えたことを書こうと思います。
私は、FemDomに限らず、D/sは、一種の「変態行為」であると考えています。なぜなら、生殖という生物学的な目的を指向した行為(つまり挿入のセックス)以外で性的興奮を得るからです。
まあ、変態かどうかは今回はどうでもいいのですが、D/s(支配/服従)の関係というのは、非常に危険をはらんだ関係だと思うのです。なぜなら、1人の人間が自分の権利と自由を放棄して、他の1人の人間にゆだねてしまうからです。その関係のアンバランスさにスリルを感じるのがサブミッシブというわけですが、それは常に危険な行為であることは間違いありません。
もしもドミナント側の人間が邪悪な意図を持っていたとしたならば、サブミッシブは防ぎようがありません。体に重大な損傷を負わされるかもしれないし、社会的な名誉を故意に傷つけられるかもしれません。はたまた財産を奪われることになるかもしれないのです。よく、体験談に、「財産をすべて妻名義にし、給料はすべて妻の口座に振り込まれ・・・」なんていうのもありますが、考えてみればこれは相当危険な冒険ですね。
絶対的な信頼関係、愛情関係が前提になっていなければ、D/sはとても危険な関係だと言えると思うのです。

D/sの危険性のもう一つ。
それは、精神的に健全であるかどうかです。
D/sは、一種の変態行為であったとしても、「健全なメンタルを持つ人のみに許される変態行為」だと言えると思うのです。たとえば、ドミナが変な妄想にとりつかれていたとしたら、そんなドミナに鞭打たれるのを想像しただけで身の毛がよだちます。虐待されて育ち、ゆがんだメンタリティを抱えたドミナに責められて、本当に殺されかねません。
また、D/s関係で夫婦をやっていくのだとしたら、人格的にちょっと異常を抱えたミストレスワイフの言動にもの申すことができないとしたら、まともな社会生活も破壊されてしまいます。
世の中、D/sとはまったく関係ないところでも人格的にちょっとおかしい人がけっこういますから。

D/sは、一方的な関係の中で歓びを共有するというのが大前提になるのだと思います。
健全に「SM」「D/s」しましょう。
bliss.jpg

スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

健全性

健全な精神を前提としてこそ、D/sが可能になるという示唆には同感です。kaisubさんはこういった記事を書かれるのが魅力的です。煽りでない記事も必要だと思います。

D/sに限らずSMは危険度が高いと思います。

健康な精神で始めても健全でいられるかという難問もありそうですが、よく分かりません。男性は賢者タイムがあるので戻りやすいとは思いますが。





疑問

先日のレスにも大笑いすると同時に、楽しそうだな~と感動さえ覚えましたが、お子さんがいらっしゃる時にはどうしているのかな?と疑問を持ちました。。。
女性上位主義の友人によると、Mrs.Silkに貞操器具などをつけられて、支配的に扱われれば扱われるほど、より依存的になっていった、と聞きました。友人は、私に対しても、依存的で、メールのやり取りをする中で、どんどん彼は、病的になっていってしまいました。それを受け入れた私も、共依存みたいになってしまいました。そこから意識的に脱け出し、対等な友人関係に戻るのは、少し大変でした。
Mrs.Silkには、女装趣味のご主人がいたそうですが、離婚してしまい、二人の間の子どもである娘さんは、母親の女性化活動を手伝っていたそうです。
友人は、Mrs.Silkにドラッグをたくさん飲まされた話もしていました。でも、それは、みな、当たり前のことみたいでした。ミストレスにすべてを委ねる以上、危険な関係でも、受け入れなければならない危うさも感じました。
Mrs.Silkの場合は、親の主義をカミングアウトしているわけですが、Femdomカップルの話を見ていると、あまり、子どもの話が出てこないような気がします。そこで、子どもの前では、どんな風に、D/s関係と対等な夫婦の関係のスイッチを入れ替えているのか、そう簡単に入れ替えられるものなのか、はたまた、いつかカミングアウトするものなのか、宜しかったら、何か、参考になることを教えてくださると嬉しいです。D/s関係は、依存的な関係なのかについても少しお聞きしたいです。できれば、色々な方々のご意見が聞ければ幸いです。宜しくお願いいたします。

minichiさんへ

>男性は賢者タイムがあるので戻りやすいとは思いますが。

賢者タイムですか。あの、急速に頭が醒めていく感じは、女性にはなかなかわからないかもしれませんね。
あの落差は、ちょっと辛いものがあります。
でも、いくら賢者になっても、またすぐにお馬鹿になってしまうのはどうしようもないですね。

パンスト女神さんへ

コメントを書かれたひとつのテーマは「依存」ですね。これは私にはちょっと難しいテーマです。
依存は、心理臨床では病的な状態としてとらえられますが、D/s関係では、意識的に依存関係に入っていこうとするところがあります。特にサブミッシブは、相手にすべてをゆだねるのですから、全面的な依存ですね。薬物ということを書かれていましたが、これもあり得ることです。薬物や犯罪といったリスクは相手次第によっては避けられないのかもしれません。そう考えると本当に「危険な関係」なのだと思います。
「共依存」ということを書かれていました。ドミナント側がそういう状態になるということはあまり考えたことがなかったので興味深く読ませていただきました。いわれてみると共依存の関係というのはあり得るかもしれませんね。よくDVの夫婦にありがちだといわれていますから。
もう一つの疑問、子どものことについて。
これは記事として書こうとしていたテーマでもあります。
いろいろな考え方の人はいるようですが、エリス・サットンは「子どもは親のD/s関係に巻き込むべきではない」という考えです。子どもが大きくなって独立するまではD/s関係は「クローゼットの中で」という表現をしています。私もその考えに全面的に賛成です。
子どもには子どもの人生があります。親が特異なものを持っているとしたら、それで子どもに影響を与えるべきではないと思います。
尚、エリス・サットンと夫は、あえて子供は作らないという生き方を選んだそうです。

どうもありがとうございます。

ご教示いただき、どうもありがとうございました。大変参考になりました。色々なことをコントロールしたり、配慮したりしながら、D/s関係を築いているのだと思いました。
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード