FC2ブログ

スラリと伸びた脚



今回は、スラリと伸びたミストレスの脚を集めました。
以前、むっちりふとももの特集をしたので、スレンダーな脚の特集もしないと不公平だなと思い、企画しました。
スレンダーな脚は、たしかにカッコイイです。ブーツを履くと決まります。
女性としてのセクシュアルな魅力とは必ずしもイコールではないかもしれませんが、キリリと決めて、鞭を振るってもらうといいですね。

s2.jpg


s3_20121114200110.jpg
ミストレスオードリーの画像です。この人はとってもチャーミングで、いたずらっぽく責めてくれそうなファンタジーを持ってしまいます。


s4_20121114200109.jpg


画像を探してみて感じたのですが、スレンダーなミストレスの画像でも、意外に腿はふっくらした方が多いですね。やはり女性としての体の特質なのでしょう。
スラリとした女性も、キリッとしていいですね。



スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

二枚目

印象的ですね。

ピンク色で女の子らしいのに
限りなくCFNMという矛盾というか
演出された違和感が面白いです。

4枚目

スラリと伸びた脚は、やっぱり、すてきですね~。どの写真も、とてもきれいな脚をしていますが、4枚目の奴隷は、フェティシズムが強そうな感じがします。ガーターストッキングで性器をいじめられているような。。。ストッキングの感触は、独特で、気持ちいいそうです。。。特に、足でいじめられるのは、屈辱度が高いと思います。
脚は、女性にとっては、ちょっと油断すると、セルライトがついてしまう部位です(涙)。むっちりした太ももも、結構受け入れられていたので、少しほっとしましたが、やっぱり、若い時の、スラリとしていた脚の方がいいので、ボディブラシでマッサージしたり、お風呂の中でマッサージしたり、お風呂を出てからも、オイルでマッサージしたりしています。
そして、ニーハイブーツとレザーのスカートやガーターストッキング、ラメの入ったパンスト、網タイツなどをはいて、ベレー帽もかぶって、おしゃれを楽しんでいますわよ。。。

ミニチさんへ

この画像、いろんな意味で不思議な画像です。
この女性の顔、一見すごく不気味に見えました。
でも、うつむいている角度でそう見えたんだと知ってほっとしました。
それから、広くて豪華で、すごくきれいに掃除された寝室ですね。
何かちょっと違和感を感じるのですが・・

パンスト女神さんへ

女性としての苦労がいろいろあるのがわかりました(笑)
4枚目の画像、女性の表情がなんともいえないです。
ストッキングの脚は、私も好きですね。こういう風にされるのも好きです。
ストッキングは女性の脚の魅力をすごく引き出してくれるアイテムだと思います。
ところで最近5本指ソックスが流行っています。5本指のストッキングまで発売されているのをみました。
私はなぜかあの5本指にまったく色気やセクシーさを感じないんですが、これは私だけなんでしょうかね。

同感です。

kaisub様も、こんな風に、屈辱的に扱われるのがお好きと分かって、嬉しいです。
ストッキングは、春・夏、秋・冬のサイクルで新作が出ますが、私は、デパートのストッキング売り場で、おしゃれなパンストをチェックするのが大好きです。しかし、先日、5本指のストッキングを売り場で拝見して、ストッキングに美学を感じていた私は、ちょっと、ぞっとしてしまいました(笑)。でも、私の夫は、5本指のソックスが、指と指の間がむれなくて良いといって、気に入ってはいております。なるほど、人それぞれだな~と思いました。はくのも、ぬぐのも、5本指は、結構手間だと思うんですけれどね。。。(作るのも、面倒そう。。。)多分、足の形全体でとらえていたつま先の美しい線が、指の形になって、リアルになったのが、違和感を感じる原因だと思います。仰るとおり、セクシーではありませんわよね。
kaisub様は、色々なテーマで、多彩な画像を紹介してくださるので、コメントも、レスも含めて、楽しんでいます。これからも、楽しみにしています。

パンスト女神さんへ

ありがとうございます。
5本指ストッキングをセクシーじゃないと感じるのは私だけじゃないということがよくわかりました。
ウチの妻は5本指ソックスの愛用者ですが、ストッキングだけはやめてくれと頼みました。

今日、画像ファイルのストックを誤って消してしまいました。
こまったなあ・・・

あらら、大変。

画像ファイルの消失、さぞ、がっかりされていることとお察しいたします。ブログのバックアップを取る方法があると聞いておりますが、その中から、少しでも、復活させることは、できないでしょうか?おそらく、ストックの量は、はるかに膨大でしょうけれど、これから、また、気長に、集めてくださいませ。のんびり、お待ちしております。

Femozione(フェモチオーネ)

宜しかったら、この機会に、いくつか、すてきなストッキングを紹介させてください。
'Femozione Can Can'で検索されてみてください。(デパートなどではなかなか売っていないので。)Fukusukeのオンラインショップと楽天の福助店で手に入れる事ができますが、今まで、色々なガーターストッキングを集めてきましたが、このガーターストッキングの黒は、ピンクのすてきなレースが使われていて、とても、繊細です。これを、思い切って、奥様にプレゼントされてみては、いかがでしょうか?もし、気に入って、はいてくださったら、ひざまずいて、足から、太ももにかけて、崇拝感一杯で、ゆっくり、何回も、時間をかけて、キスをされたら、女性としては、肉体的にも、精神的にも、とても気持ちよくなるのではないかと、私個人の経験ですが、思います。
Fukusukeは、FRANTICAやFemozioneその他のブランドがありますが、伝線もあまりしませんし、きれいなストッキングを作っていて、デパートのストッキング売り場で、いつも注目しています。
今の時期は、寒いので、タイツなども、女性ははきたくなりますが、'FRANTICA ラメラインタイツ'(ディープパープル)もとてもすてきです。(最初、Fukusuke Web Shopで買いましたが、あっという間に、売り切れてしまったので、検索したら、イオンモールショッピングで見つけ、安くなっていたので、買い足しました。デパートにはまだあるかもしれません。)
それから、GIVENCHY(ジバンシー)のパンストも、すてきです。性器の部分が、マチになっていて、セクシー度が高く、よく作られているのと、すてきなデザインが色々あるのがおすすめです。GIVENCHYのパンストは、あまり、ウェブ展開されていません。いつも、デパートで、買います。(シーズン終わり近くになると、セールになるので、その時に買ったりしています。)
5本指のストッキングはやめて、と頼むのも、一つの方法だと思いますが、男性から、美しいストッキングをプレゼントされたり、一緒に選んだり、パンスト足に注目されて、唇や胸や髪、大切なところを愛撫されるのと同じように、重点的に愛撫されると、女性としても、足に対する美的認識度が、変わってくると思います。パンスト足崇拝は、楽しいですよ。
(このコメントを、どなたかが、ご参考にしてくださると嬉しいです。この場をお借りして、ありがとうございました。)

パンスト女神さんへ

'Femozione Can Can'
見てみました。
なるほどおしゃれでセクシーですね。
ランジェリーなどを見ると思うのですが、おそらく男性は、フリルやレースなどの装飾があまりない、薄い布が女性の体にまとわりついているといったものの方がセクシーに感じると思うのです。(これは私個人の感覚なのか、それとも男性一般にそういうことが言えるのかわかりませんが)それに対して、女性はいろいろな装飾をつけて楽しみたいという気持ちが強いのだと思います。だからきっと、女性が一番お気に入りのゴージャスなランジェリーを着ても彼の方はイマイチだったなんていうすれ違いもあるだろうと思います。
この'Femozione Can Can'は、その両方を満たす絶妙のバランスといった感じですね。(写真のモデルのポーズがセクシー!)

ありがとうございます。

色々お忙しい中、ご覧くださって、どうもありがとうございます。
ランジェリーや下着は、女性の体のフォルムの美しさを引き立てる小道具に過ぎないと思います。女性としては、いつまでも美しく、女性ならではの力を発揮したいと思います。
それでは、おそらく、これから掲載する分のストックが消えてしまったとお察ししますが、楽しみにしています。




個人的な望み

私の個人的な望みを申しますと、女性があまりシャイにならないでセクシーさをどんどん出してほしいということです。
女性が性的魅力を発揮すれば、かなりの男は女性の思うままにコントロールされてしまうはずだと思います。
おそらくそうやってコントロールされてしまうのは、多くの男性にとって悪い気はしないのではないかと思うのですが。
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード