FC2ブログ

女性に優しいFemDom



この体験談を読んでまず感じたこと。
こういう風にやればまずほとんどの女性はFemDomに乗ってくるだろうな・・・
これは本当に女性本位に考えられた方法だと。
ただ、これで男性側が楽しめるかどうか、それが問題ですね。
妻に権限を奪われて、徐々に無力な立場に追いやられていく・・これには私はちょっと興奮してしまいます。



親愛なるサットン女史、私の物語は、どのように日24時間/週7日女性支配ライフスタイルに移行していったかを示すものです。

私が彼女にあなたのサイトを見せたとき、私の妻は女性の支配を試みることに気が進みませんでした。 彼女はフォーラムと物語と論文を一読しました。しかし彼女はそれのいずれも事実である、あるいは実在の人の書いたものだとは信じませんでした。 私は彼女にこのライフスタイルを選択させるためにどう話したらいいかわかりませんでした。 私は彼女に、重要なことはすべて彼女が権限を握るということを提案しました。そして私が彼女が望んだことには何にでも賛成するであろうと言いました。

私は決して自分が賢かったとは思いません。しかし私は下からトッピングするのでなく、彼女に女性の支配の力を初めて経験させるアプローチを偶然見つけたのでした。 私が彼女に、ただ、すべての権限を握ってほしいと言ったとき、私は誠実でした。 我々は寝室で倒錯的なことはしなかったです。彼女はフェティッシュ衣装を着なくてもよかったのです、そして我々は彼女がエリス・サットンのサイトで読んだ何もしませんでした。唯一のルールは、彼女がルールを作る、そして私がそれに従うということでした。彼女は同意しました。

彼女はゆっくりとそれを始めました、大きな変化は起こりませんでした。彼女はひとつひとつ私に聞きながら始めました。 私の妻は慎重でした。そしておよそ1年前に、彼女が出発点を探して、あなたのサイトを再度読みました。 彼女は、男性たちの陰部の毛をそっている女性たちについてのあなたのサイトの記事を見いだしました。私の妻は私にそれをすると決めました。私のすべての陰部の毛をそり落とすつもりだと言いました。

たいしたことではないと思いました。しかし、実際には私に大きな影響を与えました。 私はまったく無防備にされたように感じました。 私は自分の状態について少し恥ずかしかったです。しかし私は性的にはっきりと興奮していました。 私の妻は私の生殖器の周りの滑らかな皮膚に触れることを楽しみました。そして彼女は滑らかなボールを優しく撫でることがどれぐらいすてきであったか述べました。

初めに、彼女のルールは非常に穏やかでした。 彼女は我々が見るテレビ番組を選ぶことができました。 私の妻は主導権を握ることに慣れませんでした。それで彼女は最初大胆なことはしませんでした。けれども時間が経つにつれて、彼女は徐々に大胆になってきました。彼女は私の無毛の「地域」をからかいさえしました。また、私が2週間剃らないでおいたために毛が生えてきてしまったときには、幾分強く非難しました。 彼女はビキニワックス(脱毛クリーム)を使うことで解決しました。 彼女はエステティシャンである友人からそれを買いました。そして、私にそれを使いました。 ちょっといやでした。しかし私の陰部は今までより滑らかでした。 彼女はビキニワックスを私の足にまで使い出しました。これは私をさらに無力な感じにしました。

私の妻は、私の家事分担を増やすことを要求し始めました。 これはどんどん増やされていきました。そして今私は家事の大部分をします。

私の妻はより多くの金を自由に使うようになりました。私の妻は我々の結婚生活で決定の大部分をし始めました。 彼女の決定の内のいくつかは、私はあまり賛成できないものでした。しかし、意見の相違から口論になると、彼女は私に「唯一のルールは彼女がルールを作る、そして私がそれに従う」という我々のルールのことを思い出させます。 彼女は私にこのルールが私の発案であったことを思い出させます。

私はずいぶん来てしまったんだなあと感じます。ほんとにたった1年で? 彼女はこれほど短期間でこんなに支配的になりました。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ツルツルにされてしまうというのが興奮します。

ツルツルにされてしまったら、なんかこっけい。毛が生えてるのはそれとして意味があったんだなあと思いますね。
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード