FC2ブログ

完全なるFemDom結婚



いろいろな体験談ありますが、FemDom結婚の形としては、これが一番「完全」な形なんではないでしょうか。でも、ここまでなる女性もなかなかすごい。


私は今私の最初の結婚記念日の祝典を計画しています。 私は27歳です、そして私の夫は25歳です。 私は私の結婚の成功の多くをあなたに負うていると感じます。


婚約の1年後、結婚の2ヶ月前、ロバートが私に告白しました。彼は、今まで隠していて言わなかったけれど、我々が結婚する前に、私がそれについて知るべきだと思ったと言いました。 私は正直言うと、目の前が真っ暗になりました。 彼は私に、サブミッシブ願望をこんな風に告げました。 私の女性的で美しい顔と体をみていると、崇拝したい欲求に駆られてしまうと。 そう言われても私はいい気分にはなれませんでした。私は彼を慰めようとして、そして彼に「だいじょうぶよ」と言いました。


でも私はどうしていいかわかりませんでした。私は誰か、私のガールフレンドの1人か、私のママに相談したかったです。しかし、どう言ったらいいかわかりませんでした。 それで私は少なくとも私の未来の夫のフェティッシュについての若干の情報を得るために、webを探しました。 エリスサットンのサイトを最初に見つけられて、幸運でした。 感じは悪くなかったですが、イラスト類はあまり好きになれませんでした。 上手に書かれた、そしてためになる論文はすぐに私の注意をひきました。 Q&Aのセクションは同様に非常に役立ちました。 一番ためになったのは、体験談と、その後のコメントでした。 私が私の新生活にいろいろな可能性を見いだすことができたのはこのエリアのおかげです。 私の最初の決定は、もし私がロバートの空想を満たすなら、それが寝室でのプレーだけではなく、ライフスタイルになるであろうということでした。


次の日の夜、私はロバートから彼のすべての服を取り去りました、そして、熱烈に彼にキスする間に、私は彼のペニスを手で弄びました。 それから私はそれをやめると、着衣のまま、彼に「サブミッシブの男性の精神分析」を行いました。 私は彼が今までずっと、女性たちに対してサブミッシブの感情を持っていたことを知りました。 彼は女性によって辱められて、完全に女性によって支配されて、そして彼の生涯で女性を崇拝して、そして彼女に従うことを強いられることを望みます。 考えは固まりました。家庭の長のポジションは悪くないと思いました。


私は彼に、これは、本物の、そしてフルタイムの関係でなければならないであろうと言いました。 彼は私に夫というより使用人のようになるでしょう。 彼は何事にも私に従うことを期待されるでしょう、そして私の欲求と必要が常に彼自身のものに取って代わるであろうこと。 私は彼に、我々が結婚する前に、書面でこのすべてを認めて、そして受け入れることを期待したと言いました。 文書に書き留めることについて、彼は躊躇して、何か別の方法はないかと言い始めました。 私は彼の顔をたたいて、そして彼に私のひざにうつぶせになるよう命じました。 私は少しスカートをたくし上げて、そして、彼が私の脚の上に彼の裸体をゆだねるまで、待ちました。 私はそれから、私のヘアブラシで彼の尻に水ぶくれを作るほど叩きました。そして次壁に向かわせ、尻を見せた状態で隅に立たせました。 スパンキング、隅に立たせている間中、彼のペニスはずっと固かったです。その後で、彼に、私の権威について質問をしました。 私は彼に、私の夫になるか、あるいは私の奴隷になるかの選択を与えました。しかし両方ともという選択肢はありませんでした。


私はエリスのサイトの話を読み続けて、それらに興奮していることに気づきました。 そして、私は未来の夫を興奮させることのリストを作りました。 私は、我々の関係を、オルガスム否定、調教、私の体への崇拝・奉仕、肛門の dildo のトレーニングと、個人的な隷属を基本とすることに決めました。 我々の結婚式は伝統的なものでした。しかし、私は彼を信頼し、愛すると誓いました。そして彼も私を信頼し、愛し、そして服従すると誓いました。 私は隷属の契約書を作成し、そして新婚旅行で彼に署名させました。


我々の家、自動車と銀行預金口座はすべて私の名義にあります。 もちろん彼の給料支払小切手は私の口座の中に直接振り込まれます。我々が結婚する前、ロバートが大学を出たての、婚約中に私は自分の家を所有しました。 これのために、彼は担保がなく、車を買うためのクレジットをすることができません。 私がサインしないと彼は何も買えないという契約書に彼はサインしていました。 私が自動車の販売店の中に入っていって、そして、すべて私が決めていったとき、彼は屈辱的な思いをしたことでしょう。 女性の自動車販売員と私は取引を終えるために座りました。 彼女は、私が思うままに夫を支配していることにいたく感銘を受けたようで、彼女はさらに200ドル割り引いてくれました。そして私はローンに署名しました。 私は自動車が私の名義に置かれるようにしました。 ロバートはまだ私の許可なしで何も買うことができません。


私の個人的な要求を処理することで、彼の個人的な隷属は始まります。 彼は私にマッサージをして、私を入浴させて、私の爪の手入れをして、そして毎晩私の毛にブラシをかけます。 彼は同じくすべての家事、料理、洗濯物と食料雑貨の買い物をする責任があります。私の足、腋の下、プッシーと尻にキスして、そして奉仕することによって、彼は私の性的な必要を満たします。 私はこのような口唇の奉仕のセッションを、毎日のように、そして何時間もの間楽しみます。 私は1週間に少なくとも1度、彼の口と尻に 私のストラップオンディルドーを使います。 ロバートは1カ月に1度のオルガスムを許されます。そして私は様々な屈辱的な方法を選びます。通常私は彼に私の尻の上に出させ、そして出したものをすべて舐め取らせます。 私は常に、私が彼に射精を許したときは彼に自分の精子をなめ尽くさせます。 私は毎週何度も彼をお仕置きします。もし彼が最も良い行動を取っているなら、彼はピシャリと打たれます。 もし彼がどんな方法であれ、私を不快にするか、あるいは素直に服従しなかったなら、私は乗馬のむちで彼をむちで打ちます。 彼はスパンキングを楽しみます、しかしむちは何日間も続くみみず腫れと痣を残します。 私が彼をむちで打った後、彼はしばしば涙を流します。


みなさんが面白いと思うかもしれないことのひとつは、結婚の最初の年に、彼が私と一緒に一度も性交を許されなかったということです。 私は、私が彼とセックスすること、どれ員コックによって奴隷のコックを突き立てられることが、支配的な妻の尊厳にふさわしくないと感じます。 私はまた、私のプッシーが彼の主人であるということを夫にわからせたいのです。 それは彼と、彼がするすべてをコントロールします。 彼はそれを彼の人生を捧げる対象として崇拝します。そして彼は、彼を所有するプッシーを楽しませるために持っているすべてを捧げます。


私の最も親しいガールフレンドの1人が弁護士をしています。そして、私は彼女にの助けでもっと細かく契約書を作成することを考えました。 基本的に私は私の夫からの完全な委任権を持つことを望み、そして彼が私の奴隷になることを申し出た書類に署名させます。 彼のミストレスである私が望むなら、他の恋人を作る権利を有するということを確認する契約書を作りたいのです。 我々のライフスタイルが相互に合意したものであり、そして将来においても合法的なものであることを証明するものとしたいのです。 それは同時に彼が自由意志によって私にすべての不動産と資産移譲したものであり、彼は私が所有する何に対しても法的な権利を持っていないことも含むでしょう。 彼の隷属について規定する契約書を作成するための書式について彼女の助けが必要です。


我々の結婚生活2年目になり、私は夫を完全に奴隷にすることを計画しています。 私は彼のために貞操装置を買いました。記念日にそれを装着するつもりです。 私は確証を持っていませんが、彼は隠れて自慰をしていると思います。 私は彼のために若干のトイレットトレーニングを計画しています。そして私は彼に少しずつ尿を飲ませる経験をさせるつもりです。 寝取られ男にすることはまだずっと先です。でもたぶんするでしょう。それは私がどう考えているかより、ふさわしい男が現れるかどうかです。


結婚1年で、行くところまで行っちゃってますね。これから先どうなるのでしょうか?
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

こ、これは・・・

う~ん、本当にどこまでいっちゃうんでしょう!
人ごとながら心配になりますね。妄想ファンタジーとしては興奮するのですけれども。

 こういうフルタイムで、しかも女性主導型のパーフェクトFemdomは恐ろしい。
やっぱりマゾッホ先生ではないですが、男性Mがコントロールするテンポラリーな関係の方が、僕は好きです。

 やっぱし、仮性Mだなあ、わし。


Homerさん、いつもどうも。
ここまで行くと考えちゃいますよね。
これでもかこれでもかという感じで。
私もこれに関しては
興奮はするけれど、とてもここまでの世界には入っていけないというのが本音です。
そういう意味では私も「仮性M」です(笑)

スパンキングもいいのですが、飲尿トレーニングもぐっときます。

minichiさん、なるほど、反応するところが違いますね。飲尿なら誰でもできそうですが。

フルタイム

ぼくもフルタイムで奴隷で、しかも完全女性主導型ですが、そうなると24時間すべてが調教のようなものですね。
でも、それほど過酷ってわけでもありませんよ。要は、女主人様がどのくらい厳しい要求を出すかっていうことで、その命令の厳しさによってずいぶん違うんじゃないでしょうか。
ぼくの主人はけっこう甘くて、奴隷側の楽しみのことを十分考えてくれているようです。

こんにちは
実生活でフルタイムD/s関係っていうのはすごいですね。
2人の同意で、現実生活とファンタジーの部分をすりあわせていく、これは絶対に一般化できない要素なのだと思います。
だからごうさんの関係はなかなか他の人にはまねができないのでしょうね。
でも、楽しそうでいいですね。

これってただの犯罪じゃないの?
FemDomというより相手の財産を奪っている印象が強いです。

犯罪

犯罪という見方もできるでしょうね。
ここまでやるかという感じ。
ただし、夫がこれをされて勃起させてしまっていたら、やっぱりFemDomライフスタイルということになってしまうのでしょうね。

金銭、不動産が絡んだらそれはもう犯罪だと思います。
これが認められてしまうと相手を洗脳して財産を奪う事が可能になってしまいますよ。

そういう犯罪の記録がないか調べてみてはいかがですか?
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード