FC2ブログ

Dream Lover 2000


15年ぐらい前でしょうか、ネット上で"Man Tamer"という小説を見つけました。訳すと「男性調教機」となるでしょうか。
ある女性技術者が、男性を思いのままに調教するマシンを開発します。ある日、新しく入社してきたハンサムな男性社員を誘惑してメイクラブに及び、寝込んだ隙に、彼の股間にこのマシンを装着してしまいます。このマシンは、女性の手の中に収まるリモコンで操作され、ボタンを押すことによって、快感と苦痛を男性器に与えることができるのです。この装置によって、男性は次第にこの女性技術者の思いのままに調教されていくというストーリーです。きちんと訳していないのですが、読んでいてすごく興奮してしまったのを覚えています。でも、残念ながらサブミッシブ男性のファンタジーだなあと思いました。
ところが、テクノロジーの進歩はすごいもので、これがほとんど現実のものになってしまっています。
貞操装置CB3000に取り付けることで、遠隔操作でペニスに電気刺激を与えることができるDream Lover 2000という装置が発売されたのです。小さなリモコンから、さらにはiPhoneからも操作できるという優れもの。ドミナント女性、サブミッシブ男性なら誰でもあこがれてしまうような夢の装置です。
ただ、残念ながら、価格がめちゃ高く(約95000円ぐらい)手が出ません。
廉価版が出ないかななんて考えながら指をくわえて見ています(笑)
以前ご紹介したミストレスヒラリーが実際に使ってみた手記をブログに載せていたので訳してみました。



banner-dl2k.gif

Dream Lover 2000で楽しむ!
そうです。私は間違いなくこの装置が好きです。これは私が今まででもらった中の最高のクリスマスプレゼントでしょう。でも、夫にとってはそうではなかもしれません。私は DL 2000が邪悪な手(ウインク!ウインク!)に握られるとに最も残酷なものになるであろうことがよくわかります。
この装置が有効に機能している今、これがない状態なんて想像もできないほどです。 私が彼を必要とするときはいつも、「呼び出し」ボタンを押します。それは私たちの家の中ならどこでも届きます。
クリスマス休暇の間はずっと、私はリラックスしてソファーに腰掛け、大好きなクリスマス映画を見ながら、何か必要があるとボタンひとつでジェームズを呼び出しました。そして彼は、私に飲み物やスナック菓子を用意するために走って私のところにきたのです。
呼び出しボタンを押すと、彼の男性器には、短い強いパルスが走ります。 私が彼を呼び出した時、もし彼が10秒以内に私のところに来なかった時は、私は彼を懲戒するために「高い」(激しい)ボタンを押します。 彼はそれを嫌います。そして、私の命令の実行を先延ばしにしない方がよいということを理解しました。
そして夫は、私の iPhone からもそれを操作できることを知り、彼が家にいる限り、家の外からも私にコントロールされるということを知りました。 例えば、先日私が店に駐車した私の自動車の中から、命じた仕事を終わらせたかどうか電話して確認したことがありました。彼はまだしていませんでした。そこで私の DL 2000の iPhone アプリケーションを使って、私の自動車から、彼を懲戒することができました。可能性は果てしないです。 先ほど私が言ったように、これは邪悪な手に握られたら恐ろしい発明です。
はじめはうまくいきませんでした。 私たちは DL 2000を夫のCB6000 貞操装置で作動するようにさせることができませんでした。それで私は彼を CB3000に戻るようにさせなければなりませんでした。 彼は CB6000 の方が好きです。しかし彼がどのようにDL 2000をCB6000で稼働するようにするか究明できるまで、彼はいやいやながらもCB3000 を着用しなければならないでしょう。
ジェームズは同じく私のラップトップ(パソコン)と iPhone で私がどのようにそれを操作することができるか理解するのにてこずりました。 それは最初機能しませんでした。しかし彼は最終的にそれを理解しました。これは賞賛に値します。 ジェームズの知識と技術があれば解決できるだろうと私は確信していました。
昨夜は本当にすばらしい夜でした。(夫の)素晴らしいマッサージの後に、私たちは寝室に行きました。そして私は夫を這いつくばらせました。 私は手にDL 2000のリモートコントロールを持ち、彼が(口唇で)私を楽しませる時に、彼のパフォーマンスを修正するために使いました。 私が「穏やかな」ボタンを押した時、それは「もっとゆっくり」を意味しました。 私が「中ぐらい」ボタンを押した時、それは私がもっと速くと望んでいることを意味しました。 そして私がただ楽しみのために拷問で彼を悶絶させようと思った時には「強烈な」ボタンを押しました。 それはとにかくすごく楽しかったです。少なくとも私にとっては。
DL 2000の肯定的な副作用の1つは、ジェームズが、それほど多くの先走り液を出さなくなったことです。彼はここ数週間、あと1歩出だしてしまうという寸前まで行ったものでした。しかし、昨晩はDL 2000をつけていて、ずっと、(ペニスは)ぐったりとしていました。 私の「ラブ・パルス」の予期は彼の性的欲動を抑え、彼を私の支配下にとどめています。
明日の晩は楽しみな夜です。私は夫に新年のオルガスムを許してあげるか?それとも1月6日まで待たせるか? 私はまだ決めかねています。

b05.jpg

スポンサーサイト
[PR]

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【9/3(土)「前と後ろとは別に胸まで付けられ」】

 SM情報サイトMドリーム及びメールマガジンMドリーム及び当ブログをご覧になった方から以下の通りお便りがありました。 「こんにちは、○子と申します。先日*無線タイプの ...

コメントの投稿

非公開コメント

徹底的な調教に耐えれるM男性と一般男性の違いに感心を持ちます

ほとんどの店で遊ぶM男性は、自分も含めて少しの刺激と、日常的でない快感の為で、激しいMではないのかもしれないのですが、かなり経験のあるかたは、自分が楽しむことよりも、御主人である女性が楽しまれて、喜んで貰えることを悦びとしているようです。羨ましい心理だと考えてしまいます。

野良の松さん

すべてではないでしょうけど、SM、あるいはD/sは、肉体的苦痛による快感から、徐々に精神的な屈服や屈辱へと求めるものがシフトしてくる傾向はあると思います。肉体的な苦痛は限界があります。健康を損ねるほどの行為は日常的にできるものではありませんから。でも、それは高度だとか高等だとかいうものではないと思います。今、満足できる関係を大切にするのが最高ではないでしょうか。

完全支配と絶対服従のツール

 う〜む・・・凄い時代になってきましたね。

 有線のコントローラー付きでペニスに電機ショックを与える機具をたまたま先日、ユリイカで見せてもらいましたが、ワイヤレスリモコンで遠隔操作されるという状況は、まさにSF的なSMという感じがオジさんにはします。昔はなかった道具です。夢や妄想ではあったけど。


 Men are Slave などに代表される海外のfemdomサイトで提供されるムービーに、この種のエレクトリック・ショックのCBTツールがよく登場し、その映像はとてもエキサイティングです。

 だけどそんな道具を使わなくても、「心の底から崇拝しているし、服従しますよ」というモードなのに、これを使われてしまうのが、悲しいし、嬉しいような、複雑な気持ちになりますね。

 でも、機械的に完全にコントロールされるというのは、新しいマゾヒズムというか、ワクワクします。



 本当はされたくない(>_<)

恋人や妻がS女性ならば、はまるのも男性ですね

S女性に惹かれるからMなのかは?別に考えても、
好きに男性を変えたい女性を好きになった場合は、
男は女性の思いのままで、嫌でも貞操帯に電流が流れても、
逆らうことは出来ないでしょう。
S女性は好きなことをしたいのだし、
それに従う男性に微笑む限りは、男性は女性の喜ぶ顔を見たいから従うでしょう。
まさに調教とは、こんな関係です。
時たま頼んで店で遊ぶのは、やはりプレイですね。
だから、お金も高いのでしょうか?

ほしいです。

これはほしいですね。

しかし、買ったところでこれを楽しんで使用してくれる方がいなければ虚しいだけですが‥(笑)

you tubeでこれを組み立てている動画がありましたが、女性の手で組み立てられていく「Dream Lover 」が妙にエロチックに見えてしょうがなかったです。

homerさんへ
私がこの装置で一番強く衝撃を受けたのは、homerさんと同じ、SF的なファンタジーが現実になってしまったという事実です。
この先、もっとびっくりするようなことが現実に起こりうると思うとワクワクもしますが、怖いような気にもなります。

野良の松さんへ
本当の支配と服従の関係は、こんなものがなくたって成り立つものだと思います。
でも、この装置の醍醐味は、「指1本で思いのままにされてしまう」というところじゃないでしょうか。

クラブでのプレイでは蹴れば、支配される側は、楽しくないこともたくさんあるでしょうね。それは覚悟ですね。きっと。

ミチルさんへ
私もこれ欲しいです。
でも、私にとってはあまりにお高い・・・
youtubeの動画ってまだ見てませんが、こんど見てみるつもりです。

こんにちは。これ欲しいですね! 予測しない時にショックが来るというのがいいなぁ、、。24/7で常にビビっているというのは憧れますが、レベル高過ぎて精神的に崩壊しちゃうかもしれませんね。

鞭フェチM男さんへ
9万ウン千円・・・買いますか?
このマシンの電気ショックはかなり強烈みたいですよ。
これからこの類のマシンがいくつか出るんじゃないでしょうかね。
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード