FC2ブログ

FemDomリゾート(1)

アメリカには「FemDomリゾート」といったものがあるようで、信じられないような恵まれた環境ですね。もちろんごく一部のFemDomを楽しむ人のみに知られた場所のようですが、あるだけでもすごい。
ある夫婦の、FemDomリゾートの滞在写真レポートを紹介します。
wh0.jpg
仲むつまじいご夫婦ですね。
ただし、旦那さんの股間に注目。そうです。この出っ張りは、男性器官を貞操器具にロックされているのです。
射精管理をされて、いい加減、ああ、早く出させてほしいなんて思っているかも。
wh1.jpg
まずは奥様、リゾートに着くと、プールで楽しみます。ひとしきり泳いだ後、のんびりマットに乗ってくつろいでいます。
「まぶしいじゃないの。日陰を作りなさい。」
「はい、ただいま。」
夫は奥様が紫外線に当たらないよう、日陰を作っています。もちろん全裸で。
wh2.jpg
プールから上がると、奥様は日陰でくつろぎながら本を読みます。
「おまえもここに来なさい。サービスしてあげるから。」
夫はわくわくしながら柱の前に立つと、奥様は夫の体を柱に縛り付けました。
そして、カチッと、夫の貞操器具の鍵を開けると、閉じこめられていた男性自身を解放してあげました。
興奮に天をつく夫のペニス。しかし、奥様はそんなものは無視して本のページをめくり始めました。
そして、思い出したようにペニスに手を伸ばしてやわやわとさわり、弄びます。
「ああ、いかせてください・・・・」
夫の懇願も無視し、延々と生殺しの時間が続きます。
やがて、絶頂を迎えることなく、また、ペニスは元の貞操器具の中へ納められてしまいます。
wh3b.jpg
「疲れたわ。マッサージしなさい。」
夫は奥様の全身に、丁寧にマッサージを始めました。
幸せそうにリラックスする妻の手には鎖、
鎖の先には貞操器具に閉じこめられた男性器が。
wh3d.jpg
夕食の時間になりました。
「奥様、どうぞ。」
夫は椅子をひいて奥様を迎えます。
夫は、夕食を食べながらも、頭の中は、この後始まるであろう調教のことでいっぱいなのでした・・







スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

最高ですね

家の中でだったら、こういう調教はごく普通にやってますけど、
リゾートでこんなふうにされるなんて最高ですね!
写真にはうつっていないけど、他のカップルも近くにいるんでしょうね。複数のカップルが、同じように調教を楽しんでいるなんてすごい。
別のカップルの女性から、自分の裸を見られたり、調教されている姿を見られたりするというのはすばらしいと思います。行ってみたいです。
 日本では、ちょっと無理でしょうけど(泣)

私は英語にあまり堪能でないので、また、このレポートはあまり細かな説明がなされていなかったので、詳細はわかりません。
OWKがあるのだから、こういうのがあっても不思議ではないかなとは思います。
確かに、調教するカップル同士の交流がおもしろいでしょうね。
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード