FC2ブログ

マゾヒスト



前回のエントリーに続いてCBTに関する記事を載せます。
これは辛そうですね。これでもか、これでもかと痛みを与えている感じで。


カーラNから:

あなたは「吸血コンドーム」と呼ばれるおもちゃに関して1回私にアドバイスをくれました。 私はあなたのアドバイスに感謝するためにこの手紙を書いています。そしてあなたに新しいバリエーションを知らせるために。
最近私は吸血コンドームよりもいっそう苦痛の大きい器具を開発しました。私は夫にゴムチューブと室内装飾材料のびょうで器具を作ることを命じました。 器具は金物屋から、そして動かなくなっている室内装飾材料びょうよりそれを通して小さいゴムチューブでできています。
最初、私が夫を過剰に苦しめないようやすりで鋲の先端を削りました。 後になって、私はもっと厳しい拷問にするためにとがった鋲を使うようになりました。 幸い、私は、彼の皮膚に傷を負わせたり勃起をしぼませてしまったりしない程度に鋭くすることに成功しました。私は安全性を考えて、無茶なほど鋭くしようとは考えてはいません。しかし、それを考えるのはなかなか楽しいものです! この器具を身につけた彼の顔の苦しそうな顔を見るのは愉快で楽しくなります。

私はこの私のお気に入りの責めを是非お知らせしたいと思いました。
ご存じのように、私の夫は痛めつけられるのが好きです。私たちはサディズム(女性)とマゾヒズム(男性)にのめり込んでいます。すべての人におすすめというわけではありませんが、もしも夫を手荒くいじめることを楽しむ女性ならば是非お薦めです。
私は夫のオルガスムを厳しく管理しています。私はすべての女性がそうするべきだと信じています。彼は多くとも週に1回しかいくことを許されません。 私は彼にそれを許す前に、よくひとつのゲームをします。 それはだいたい次のようなものです。

私は彼に、器具を彼のペニスに装着させ、彼をベッドに縛り付けます。
次に私は、彼をぎりぎりまで勃起させるために彼のボールにバイブレーターを押し当てます。鋲が彼の勃起したものに食い込む時に苦痛に歪む彼の顔を見るのはたまらないです。
しばらくしたら、私は彼の顔に乗り、口で私にサービスをさせます。その間もずっと私は彼の勃起を維持するために彼のボールの上にバイブレーターを動かします。私の夫が彼の大きくなったペニスを突き刺している鋲から強烈な痛みを感じているのを思うと、何か独特のエロチックな喜びがこみ上げてきます。

彼の口唇奉仕によって満足すると、私は彼の顔の上から下ります。そして本当の楽しみがこれから始まります。
このゲームのポイントはほんの数秒の満足のために彼が必死で耐え忍ぶ姿を見る楽しみです。彼は私に止めてくれるよう懇願することを除いて、ゲームが終わるまで、一切声を出すことを禁じられています。彼はいつでも私に止めるよう言うことができます。でも、彼はそんなことをしたことはありません。

最初に私は彼の拘束を解いて、そして私のストラップ オンで彼を攻撃します。コックの周りにゴムの拷問器具をつけたままの彼の尻を犯るのが私は好きです。
それから私は彼を仰向けに寝かせ、尻を高く持ち上げさせ、彼のペニスを彼の口に向けさせます。次に彼のボールをひもで縛り、ギュッと引きます。
彼のボールをBen-Gay(?)でこすった後で、私は、鉛筆で叩き始めます。だんだん強くしていきます。 私はペニスを観察します。柔らかくなってしまうようならまたバイブレータを使い、勃起を回復させます。私はそれから弾力性があるプラスチックの定規で、彼のボールを弾きます。
彼はもがきます。そして彼は本当に辛そうな顔をします。しかしそれでも、彼は声を出さない方が良いことを知っています。彼は少し不平を言います。しかし彼は話をしたり、叫んだりすることは禁止されます。彼は可能な限り静かにしていることに全力で努力しなければなりません。

いよいよ彼をいかせてやろうと決めると、私は器具の先端からわずかに飛び出ているペニスの先端部分にバイブレーターを押し当てます。
彼は射出させたすべてを自らの口で受け止めなければなりません。さもなくば、あとでケインによる鞭打ちの罰を受けなければならないのです。

これまで、彼は私を止めて中止になったことはありません。でも、彼がこらえきれずに早く射精してしまった事が数度ありました。彼はひどく落胆します。翌週の射精の機会が剥奪されてしまうからです。そして、さらに厳しい鞭打ちが待っているのです!
私は普通、ゲームのご褒美として、彼に50発以上の平手打ちを浴びせます。さらに、1回声を上げるごと、1滴精液を口で受け損ねるごとに、2発ずつのケインによる鞭打ちを与えます。

残酷で、無慈悲に聞こえるでしょう。でも、彼はそれが好きです。私の夫はこんな変態です。そして彼が、私たちの結婚生活にこのライフスタイルを持ちこんだのです。私は決して自分の中にこんなサディスティックな傾向を持っていた事に気づきませんでした。しかしD&Sが私に許される環境の中で、攻撃的な性質を開花させたのです。私は常に、彼がオルガスムを得るために我慢しなくてはならないというゲームのバリエーションを考えています。

私はあなたのページが好きです。あなたの主張に全面的に同意します。 まだ一般には認識されていませんが、私は女性の優越性が公然と認められる日が来ると信じています。 多分いつの日にか!


tube2.jpg



あちらでいう「マゾヒスト」というのは、純粋に身体的な痛み、苦痛を伴う行為に快感を感じ、それを追い求める人を指しているようで、日本での使われ方とはちょっと違っているようです。より狭義な概念ですね。支配される屈辱や羞恥に感じる人は「サブミッシブ」と呼んでいます。
私の場合はもちろん後者です。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード