FC2ブログ

しつけ



家庭の中で、ミストレスである奥様が、夫をしつけている画像を集めました。
夫婦でのFemDomは、妻が夫を自分の思うままに扱い、夫の側はそれに逆らうことができないという支配/服従の関係がひとつの醍醐味であるといえるでしょう。
そういう意味で、妻による夫の「しつけ」は、最もお互いの気持ちを高ぶらせるセッションになるでしょう。
上と下の画像は、男性が全裸で蝶ネクタイを着けているのがなんとも滑稽で屈辱的です。

u2.jpg

何かお客様に失礼があって、ビンタをされてるみたいです。
ちゃんとお詫びをして次から気をつけましょうね。

wife 8

何か奥さんに叱られているのでしょう。全裸の夫の情けない表情と肩を小さくすぼめたポーズに、立場の弱さがよく表れていますね。
でも、裏腹に股間のシンボルは上を向いて元気になってきています。そんな心の内も奥さんにはちゃんと観察されてしまっています。


tumblr_m6n83zEF621qgnjaoo1_500.jpg


となればもうお仕置きです。
あちらの体験談などでは、ヘアブラシによるスパンキングはかなり頻繁に出てきます。手軽でどこの家庭にもあるものですからね。

985.jpg

けっこう打ち据えられたお尻が痛々しいです。苦痛の中で、自分が無条件に服従するべき存在であることを実感していることでしょう。


tumblr_m5av8dlaPQ1qgnjaoo1_1280.jpg

「これくらいなら、まだまだ20発くらいはいけそうね!」

tumblr_nij3kfnYcT1u0k77oo1_1280.jpg

この奥様の表情がステキです。
自分の手で夫を思い通りにしつけていくことの楽しさを知っている感じですね。
実際、この楽しさを知ったらやみつきになる女性はけっこういるのではないでしょうか。


s101.jpg

貞操器具も強力なしつけのグッズです。
夫をしつけるには、鞭やパドルよりも強力かも。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

胸の奥が疼きます

『しつけ』、このタイトルいいですね。
必然的に厳しいお仕置きを連想して、つい楽しい妄想をしてしまいます。

夫より控えめで、でもちゃんと夫を陰で支える妻。
私はそんな昔の和風的な夫婦関係が好きなのですが、胸の奥には表だって言えない性嗜好があります。

ハード系お仕置きマニアの私
この記事はとても魅力的で、惹かれます。
屈辱だけど、何故か逆らえず逃げれない。
どんなに些細なミスも細かく『懲罰ノート』に記録する妻。
週末にはお尻で罰の清算をされる。
それはとても厳しく、週末の夜は家中に夫の泣き声や悲鳴が響くのです。
そして週明けからしばらくは、座るのも辛い日々になるのです。

罰の重さによってはお尻だけですまない時も。
専用の革ひもでペニスやお尻の穴もたっぷりムチ打たれます。
夫は泣き叫び、絶叫が響きます。
そのあとはしばらく、おしっこやウンチの度に痛さで泣きながらするこになるでした。

てな生活に密かに憧れ、妄想しております^^;。

kanさんへ

コメントありがとうございます。

スパンキングやホイッピングをされる場合でも、「お仕置き」または、「罰」という理由付けがあると、興奮の度合いが違ってきます。
命令される場合でも、「自分はしつけられているんだ」と思うと、それだけで屈服感があります。
「しつけ」という言葉には、そんなプレイを豊かに奥深くするような魅力を持っているのでしょうね。

しつけというと、やっぱりスパンキングがメインになります。尻を叩かれながら、痛みにうめき声を上げ、「許してください!」と叫ぶ瞬間は、苦しいけれど、なんともいえない至福の時ですね。

あとで椅子に座るのに痛みを感じる時、切なさと同時に、かすかな興奮が湧き起こってしまうものです。
悲しい性かな・・・

妄想、現実になるといいですね!
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード