FC2ブログ

トレンド?

20140110 43

はやりやトレンドといったものはあまり好きな方ではありません。
でも、この15年ぐらい、FemDomの世界での変化や流行といったものはなんだろうか?と、ふと考えてみました。
鞭打ち、スパンキング、強制女装、CBT、拘束、ストラップオンプレー、家事奴隷化、スカトロ・・・等々、昔も今も好む人は好む、好まない人は好まない、マニアの世界ですから変わらず続いています。
しかし、ここ10年15年ぐらいで画像などをチェックしてみると、目立って増えてきたものがあります。男性の貞操器具です。
もともと貞操帯というものは存在しましたが、「帯」と、腰に装着するものは、衛生面なども含め、長期着用には適さないものでした。しかし、CB2000など、アクリル製の局部のみを覆うタイプの貞操器具(chastity device)が登場すると「貞操器具の中に男性器を閉じ込めてしまう」という支配は現実のものとなります。
b13.jpg
男性は射精できないフラストレーションに悩まされるようになり、男性の性衝動そのものを利用した女性の支配が多くのミストレスとサブミッシブ男性を魅了しました。激しさはないですが、責めの厳しさとしてはかなりのもので、男性を奴隷化する方法として最も効果的だといわれています。
b15.jpg
男性はキーホルダーの女性には絶対に逆らうことができないというわけです。
さらには、男性器を貞操器具の中に閉じ込め、射精はおろか勃起もできない状態にしたまま、女性器への奉仕をさせるというプレイ。
b17.jpg
セクシュアルな行為をしながらも男性としての楽しみ、喜びを奪われてしまうのですから。残酷な責めです。でも、そうされていることに喜びを感じてしまう矛盾した楽しみでもあるのです。
tumblr_lkqppgdZGn1qe5bzho1_500.jpg
さらには口や貞操器具をはめられた股間の上にディルドーを装着され、それを女性器に挿入することを命じられるというプレイもあります。男性はなんの快感もありません。それどころか、ペニスを性的快感から隔離されてしまっています。「もうおまえのペニスは必要ないのよ」という屈辱的なメッセージが込められたプレイです。

そして、ここ数年目立ってきたのは、貞操器具に閉じ込められた男性器を刺激して弄ぶプレイです。貞操器具をはめられたペニスの感じやすいところを指や舌などでチョロチョロ刺激してやると、男性器は大きくなります。
b08_201506210008007b8.jpg
しかし、貞操器具に閉じ込められている男性器は、大きくなることができず、興奮すればするほど痛い、苦しい思いをすることになります。悶絶ものです。
b12.jpg
貞操器具のまま激しく刺激され、十分勃起できないまま射精してしまったという体験手記もあります。ほとんど快感がなく、ひたすら苦しい中でだらだらと垂れ流す感じだということです。
貞操器具がフラストレーションで男性を責める器具というだけでなく、直接男性器をいじめる道具になりつつあるようです。
これからは、DL2000のように、貞操器具と電気ショックを組み合わせたようなものがもっと普及してくるのではないかと思います。
なお、昔に比べて陰部を剃毛しているサブミッシブ男性が増えているように感じますが、貞操器具装着がしやすいという理由も大きいのではないかと思います。
b07.jpg
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

意外に使われてるようです

ペニスを貞操具で拘束、これってわりと使われてるように思います。
昔、MIXIで交流してた頃にも何人もいましたし、現在メール会話してるM男性もそうです。
製品自体も改良されて軽くなり、通気性もあり、あまり蒸れることなく清潔な状態が保てるのも理由の一つかもしれません。

貞操具での間断なきペニス拘束
それは女性のサディスティックな愛情の裏返し
男性の急所であるペニスを思いのままに拘束することは、その男性を自分だけが束縛したいという愛情の表れにようにも感じます。

射精も許されず、時々悪戯にペニスを刺激して、苦悩に歪む顔を見てサディスティックに微笑む。
苦しいけど、そんな女性に惹かれてる男性。

貞操具装着はそのままですが、生活の中で粗相をすれば、むき出しのお尻に恐ろしい痛さのムチ打ちのお仕置きもあります。
そして言われるのです。
「罰として装着、あと20日延長ね^^」

焼けつくようなお尻の痛さに震えながらその声を聞く男性。
また射精から遠のいていく・・。

「やっぱり外そうかしら
 これからは時々外してもいいわね」

そう言いながら女性は鍵をさし、貞操具を外します。
嬉しさにほっとする男性。しかし、それもつかの間。

彼女は手袋をすると新鮮なイラクサを掴み、たっぷりと貞操具につめ、また装着しました。
イラクサの棘が敏感なペニスの皮膚全体に刺さります。
しかも亀頭の粘膜にまでしっかりと・・・・。

激痛に悲鳴をあげる男性。

「お仕置きはお尻ムチだけじゃないのよ。
 これもお仕置きよ。
 さっき言ったとうり、時々貞操具は外してあげる。
 たっぷり棘のついた新鮮なイラクサと取り替える時にね」

散々ムチ打たれ、大きく腫れあがったお尻の激痛に加え、さらにペニスにも無数の針で刺されたような激痛。
ペニスを覆うイラクサは貞操具で押さえつけるように包まれてるので、激痛も大きいのでした。

「20日間はこの状態よ。
 毎日、新鮮なイラクサと取り替えてあげるからね」

苦痛にすすり泣く男性に、微笑みながら言う彼女。
貞操具もいろいろ使えるようです。

画像の女性、みんな綺麗で素敵です。
そんな女性を見てると、↑のようなストーリーが思い浮かびます。
まだまだ物語は続きますが、コメント欄なのでやめておきます^^;。

kanさんこんにちは

貞操器具による責めは、男性にとってはきついものがあると思います。
鞭打ちやCBTなどは、責められる男性にとって、セクシュアルな行為です。
でも、貞操器具による射精制限は、セクシュアルな要素を抜きにして行われることもあり得るのです。
これってある意味では最も残酷な責めではないでしょうか。
貞操器具に閉じ込めてわざと刺激したり挑発したり、あるいは口唇奉仕を一方的にやらされるなどは、男の被虐ファンタジーを刺激するのでまだ救いだともいえます。
そうではなくて、素っ気なく、ただ貞操器具を外してもらえず、命令に従うだけの淡々とした日々が続いたら、これは一番きついかもしれません。
女性の側は案外それでも快適に過ごせるかもしれませんが、男はひたすら服従するだけの立場そのものを楽しめる人でないと・・・

kanさんのファンタジー、豊かですねえ。
実際にはイラクサはかなりきつくて、現実には無理かなと思います。
でも、イラクサで男性器をサワサワされるのはちょっとわくわくします。痛いでしょうけど。
そんな画像をこんどアップします。お楽しみに。

憧れのプレイ

さらには口や貞操器具をはめられた股間の上にディルドーを装着され、それを女性器に挿入することを命じられるというプレイもあります。

この一文を見たとき、私がしていただきたいのはまさにこれだと感じました。と同時に私のちんぽは激しく反応しました。
自分のちんぽは閉じ込められながらも腰にちんぽに似たものをつけさせられて、愛する女性を喜ばせることしかできないかと思うとたまらないですね

けんじさんへ

貞操帯の上にディルどーを装着してのプレイにピッタンコ来ましたか!
自分のものは使ってもらえない、まさに男としては泣きたくなるようなプレイですね。寝取られと共通したものがあるのかも。
また見てくださいね。
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード