FC2ブログ

土曜の夜の想い



今回は、FemDomとはいえないかもしれません。
彼女とのストラップオンプレイを思い出している男性の詩(?)ですが、
ほとんど過激な内容はなく、
ひたすら愛し合う恋人同士の気持ちの通い合ったプレイです。
いわば“ちょっぴりFemDom”といったところでしょうか。


土曜の夜の想い

昨夜、私は彼女を私の中に受け入れました。
でも、私はもっと彼女を求めています。
彼女は私に渇望させ、もっともっとほしがるようにさせたのです。

今、彼女はいません。
私は彼女の衣装だんすの一番上の引き出しを開けます。
私は思わず顔をその中に埋め、かすかに残る彼女のにおいを深く吸い込みます。
振り返って彼女のバイブレーターを手に取り、ヴェルヴェットのバッグの中に戻します。
私は彼女の絹のパンティーを穿いてみます。そして、ベッドの彼女がいた側に腰を下ろします。
私のいた側に仰向けに倒れると、シーツを引き、全身にくるまります。

私はもうだめです。
私は彼女が欲しくてたまらないのです。
私は彼女の美しいヒップが上がり、そして沈み込むのを見るのが好きです。
彼女は彼女のコックを捧げ持つと、それを私の体の中にねじ込むのです。そう、深く。

彼女は本当にすてきです。
彼女は私を心から愛してくれているのです。
私を喜ばせようとしてくれるのです。

彼女はひどい人生を送ってきました。
虐げられ、陵辱され続けてきたのです。
私は彼女との生活を始めたばかり、彼女を満足させられるようなコックは持っていません。

私はシャワーを浴びます。
私のエレクトした泡まみれのコックのまわりを剃ります。
私はボールの皮を引っ張って、そのまわりを滑らかに剃ります。
私は足と腹の毛を電気のシェーバーできれいに剃ります。
私はきれいになりました。
すっかり剃られました。
滑らかな肌になりました。
それはとってもいい感じです。
私はセクシーな感じがします。


彼女は私の中に入っています。
私は彼女の身につけた革のハーネスの下に手を伸ばします。
私の指は、彼女の濡れて腫れぼったく膨らんだ秘所に届きます。
彼女の突きのリズムが私の心を揺さぶります。
彼女がさらに深く突きまくると私はメロメロに乱れます。そして、私の指先も彼女をクライマックスに導くために激しく動きます。

私たちは少し休みます。

彼女はまたゆっくりと、中に、そして外にと動き始めます。
中に、そして外に。
彼女は私の首に、そして額にキスをします。
私は穏やかに指を彼女の中に入れていきます。
私たちはぎゅっと結びついています。
私たちは愛し合っています。
この瞬間、私たちは互いにひとつに向き合っています。
私たちの心は互いに通じ合っているのです。
私たちはひとつになっています。

彼女は私が生涯愛を捧げる人なのです。

ryder

Hに感謝を込めて



ついでに、ストラップオン画像の中でも、ロマンチックに愛し合ってるような雰囲気のある画像を何枚か集めてみました。

lady-fuck-guy-12.jpg
男性の表情は、苦痛にゆがむというよりはうっとりと彼女を受け入れている喜びに浸っているようです。
女性の方もそんな男性を見てますます力が入りそうです。


b97.jpg
身も心も完全に“女の子”になって、体を開いています。愛する人に処女を捧げるようなシチュエーション。でも、大きく開いた脚の間には男性の持ち物が。それが羞恥心を刺激します。

tumblr_ne0x9bJMik1r3r30ko1_1280.jpg
女性が口許にうっすら笑みを浮かべているのがいいですね。羞恥心で目を合わせられない男性を「かわいい」なんて想っているのかな?
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

はじめまして
鞭フェチさんのBlogから来ました。
社会人または生活者としての日常と、femdomとの両立、両立させるための女性との関係性の在り方について、示唆する内容が豊富で昨夜から熱中して読んでいます笑
私自身は、結婚しましたが願望を打ち明けることはできず、性生活は希薄でした。妻はそれを男女の関係の終焉ととったようで「男女の関係は終わりにしましょう」と言われて離婚しました。(男女の関係は終わりにしましょう、と一方的に告げらた瞬間は、私もそれを受け容れしかないと思ったので、その瞬間はある意味ではfemdom的でした笑)。
その後は離れて住み、時々食事をしながら相談をし合う「友人」という関係です。妻だった人とはもうこれでいいと納得していますが、貴殿のBlogにもっと早く辿り着いていたら、何かは違ったかもしれないと感じました。それにしても、記事を読みながら、その質と量に貴殿のfemdomへの深い情熱を感じます。これからも拝読させていただきます。

M,jyutaさんへ

はじめまして。
ブログをお読みいただきどうもありがとうございます。
このブログはFemDom関係のカップル、夫婦ってどう楽しめるのかな、どう関係を続けていけるのかな?といったことをよく取り上げています。いつの間にか訳したテキストもけっこうな量になっていました。
もしも飽きが来ないようでしたら旧ブログの方にもけっこうありますのでご覧ください。

M,jyutaさんの体験、読ませていただきました。いっそ「家事は全部僕がやる、君が2人の関係のルールを作ってくれ。」なんて言ってやり直せば・・・・とはいかないのが実際の関係なんですよね。
よくわかります(笑)
現実生活の中でのFemDomって、ほんと難しいですから・・・・

よかったらまたコメントいただけると、励みになります。
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード