FC2ブログ

自分が引いたカード



tumblr_nmv6ovXkrb1slgw5xo1_500.jpg

今日はちょっと重いことを書きます。

最近思ったこと。
大阪で悲惨な事件が起こりました。2人の中学生が男に拉致され、無残に殺されました。動機はまだはっきりとはしていないようですが、どうやら猟奇的な殺人事件のように思われます。
猟奇的な殺人事件は昔から何度も繰り返し起こっては、その都度社会に衝撃を与えています。特に幼女の連続殺人事件には胸が痛みます。営利目的や怨恨などの原因が考えられないこのような犯行を行うのは、多くの場合、異常な性欲を持つ、性的な変質者です。犯罪に関する本を読むと、様々なこうした事例が記されています。女性を殺して、その死体とセックスする変質者もいました。次々とサディスティックな方法で人を苦しめながら殺しては、それを夜思い出してマスターベーションにふけるという残忍なサディズムを持った犯人もいました。または成人ではなく幼い少女を陵辱することで興奮する変質者も。
彼らは生まれつきなのか、後天的なものなのか、とにかく異常性欲を持つ者です。それを自分の中のファンタジーで抑えきれなくなってしまい、それを行動に移してしまったのです。言い方を換えるなら、残忍な犯行に及んだのです。もしも彼らがごく普通のノーマルな性欲を持っていたなら、ファンタジーが抑えられなくたって、普通に彼女を作っていちゃいちゃ楽しめたかもしれません。または、風俗で抜くことだってできたでしょう。でも、彼らが自分の中に持っていたものは、絶対社会とは相容れない、社会からは受け入れられないものです。
そう考えると、加害者、犯人もまた哀れな悲しい存在に思えます。
彼らは悲しい「変態性欲者」だといえるでしょう。
ある意味、自分との共通項を感じます。自分も「サブミッシブ」「マゾヒスト」というノーマルでない性欲を持った者です。変態性欲者であることには変わりはありません。
でも、自分の中のファンタジーを抑えきれなくなったとしても、それを行動化したとしても、社会の中で害をなす存在になることはありません。他人のあざけりを受けることはあっても、少なくとも犯罪者となり、他人を傷つけ、悲しませることはありえません。
自分は変態であっても、まだ幸せだったのかもしれないと思います。
これって、なにかすべての人が、神様の手から1枚ずつカードを引いているような気がしてきます。そのカードは、「ごくノーマル」とか「ロリコン」とか、「年増好き」とか、「ゲイ」とか、「マゾ」とか書いてあって、それがその人の性的嗜好を決定づけるカードになってしまう。そんな中でも「屍姦」とか、「極度のサディズム」とかは最悪のカードでしょう。彼らはそんなカードを引いてしまったのではないでしょうか。
被害者や家族の気持ちを想像すると、暗澹たる気持ちになります。自分だったら気が狂ってしまうのではないかとすら考えます。でも、同時に加害者にも同情を感じてしまう自分がいます。
かつて、自分の性癖に悩みました。普通のセックスにあまり興奮できない自分を悲しく感じました。でも、なぜか性的にもわりかし満たされて、家族と普通に社会生活を営めています。
自分の引いたカードはそう悪くないカードだったのかも・・・
自分はまだ幸せな変態なのかな?と思います。


スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

私もそうです

私も変態性欲者ですよ^^。
濃淡はともかく「サブミッシブ」「マゾヒスト」という性癖があります。
中学生時代には美しい女性からのお仕置きを想像しながら自分でむき出しのお尻をムチ打ち、赤く腫れたお尻を鏡に映してオナニーしてましたしね。
でも普通に社会生活をおくり、普通に家庭があり子供もいます。

潜在的な「サブミッシブ」「マゾヒスト」の男性って、私は意外と多い気がしています。
でも我々と同じように普通に社会生活をおくってる。
変態性欲者という言葉はインパクトが強いですが、単なる嗜好の違いです。
犯罪行為など論外ですが、公序良俗に反することなく社会人として生活してればそれでいいと思います。

SMクラブなどの性癖を楽しめるお店があればそこで楽しめばいいし、クラブ側もビジネスになりますからお互いが満たされます。
もしそんなSパートナーがいれば、SとMなのでそれもまたお互いに満足できると思います。
私のように地方在住でSMクラブもなければパートナーもいない人は、いくらでもネットで楽しめます。
誰に迷惑をかけることもありません。

我々は変態性欲者でも正常者です。
大阪の悲惨な事件や猟奇殺人などは、異常者の行為です。
全く異なると思います。

我々は健全な社会人として日々生活し、性癖は性癖として味わい、そして楽しむ。
それでいいと思います。
Kaisubさんはパートナーがいらっしゃるようですし、性癖を楽しめるお店がある地域に在住のようで、何とも羨ましいかぎりです。

私も昔はパートナーを探したこともありましたが、年老いてきたので今は諦めています。
せめて生活圏内にSMクラブがあれば嬉しいのですが、これまた未だに一件もありません。
温暖な気候で魚介類も美味しく、住むにはとてもいい地域なのですが、性癖的には物足りなく寂しい限りです^^;。

私も曲がった性欲を持っていたら、又は持ってしまったらどうしようかと深く考えた事が何度もあります。

その犯罪は許されるものでは絶対にありません。しかし自分がそんな性癖を持ち、押さえきれなくなったとしたら‥と恐ろしくなったこともあります。

他人事ではない、自分自身の身近なものと思えて仕方がないのです。

他人事と言えばこの事件のことだけではなく色んな事柄に『明日は我が身』と最近つとに思えてまいりました。年を取ったと言う事でしょうか?臆病なだけなのでしょうか?(笑)

kanさんへ

コメントありがとうございます。
お互い確かなことは、変態であっても、今後犯罪に手を染め、反社会的行動に走るようなことはないだろうということですね。
ただ、kanさんと私の見解の異なるところは、極端な性癖と犯罪行為が直接に結びつくかどうかということのように思います。私はやはり、そのような性癖を持っていたら、犯罪に走るリスクは極めて高いと思います。素質プラス成育過程かな。

私は首都圏在住なので、kanさんおっしゃるとおり、恵まれてますね。言われてみるとつくづくそう思ってしまいます。
私は風俗へは行きませんが、まあ、それなりにの満足でもしょうがないかな?と日々生活しています。
お互い今の生活を楽しみましょう。

ミチルさんへ

コメントありがとうございます。

同じことを考えていた人がやっぱりいたんですね。
他人事とは思えないというのが実にぴったりの表現です。
マゾヒストというのは社会にとって実に無害な存在だと思います。もっと尊重されてもいいのに・・・と思ってしまいます(笑)
そういう意味で、自分をもっと肯定的に語っていいのかなと最近では感じています。
世の女性たちにもわかってほしいなあ・・・(笑)
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード