FC2ブログ

フェミニズムの帝国



ネットの古本販売で、かねてから読みたいと思っていた「フェミニズムの帝国」(村上基著 早川書房)を購入し、読みました。もうご存じの方も多いと思いますが、今回はこの本について。
内容はネタバレですのでこれから読むという方はお気をつけて。
まずストーリーですが、ホームページ「ようこの本棚」に素晴らしいあらすじ要約がありましたので、それをお借りします。

二十世紀末から二十一世紀初めにかけては、人類は大量の核兵器を保有し、同時に世界各地で武力紛争が頻発していて、まかり間違うと人類が滅亡しかねない情勢だった。エイズが蔓延し、人類は別の存亡の危機に立たされた。ワクチンが開発されたが、それは女性にしか効かない欠陥ワクチンであった。男女のありかたがかわって、女性の社会進出が進み始めた。生産力、資源、財産など物質的なものに価値が置かれた時代から、愛情という精神的、情緒的なものに価値が置かれるようになった時代に移行していった。この移行は、一応の物質的豊かさが実現し、人々が精神的に成熟したことで達成された。
 そして、価値観の変化に伴って男女の役割が交代した。男性は、愛情の源泉たる家庭で中心的役割を担うことになり、一方女性は、妊娠・授乳期に休職するだけで、あとは家計のささえ手として外で働くことになった。その当時から、女性は平和的なものと思われていたから、もうしばらくこのままの状態が続けば世界は完全に平和になるだろうという判断のもと、完全なワクチンの開発を遅らせようという動きが出てきた。そして、ねらい通りに世界平和が実現したが、二十二世紀の末には、理想を忘れ、ただ女性優位社会の維持だけを目的とするものになってしまっていた。
女性はワクチンによって免疫になっているが、女性と性交することはエイズに感染する危険をはらんでいた。性的にも男性は、弱者となり立場を入れ替えていた。

木下いさぎ、24才の男性。国際総合医学研究所に勤め結婚適齢期を迎え焦っていた。あるとき、レイプに会いそうになったところを氷上というメンズ・リブ運動をしている男に助けられ、この運動に傾倒してゆく。いさぎは、メンズ・リブ運動の組織の中で真理子という男らしい女(現代の女らしい女)と知りあい、200年前の男性ようなの男らしさ(現代の男らしさ)に目覚めてゆく。いざぎは、”男の魅力”を利用して男性社会の復権を目指し、研究所の武田部長や密かにあこがれている高倉所長に近づき、研究所で極秘に進められているLH計画の秘密を探ろうとするが……。


この方、ストーリーの要約がお上手ですね。
あらすじでもおわかりのように、完全な女性上位、女尊男卑の未来社会が舞台ですので、その辺の描写を読むと、私のようなサブミッシブ男はそれだけで大いに興奮してきてしまいます。一昔、二昔前の男性と女性の関係がそのままひっくり返ったような社会だと思えばいいでしょう。そんな場面の抜粋をまた上記のページよりお借りしてみます。

右隣の女は、三十歳前後のひじょうに肉感的な女で、いさぎの苦手なタイプだった。腰は黒いタイトスカートがはち切れんばかりに張り、両の乳房は重力の法則を無視するように、薄いピンクのブラウスをもち上げてまっすぐ前方へ突き出している。顔は、目鼻の造作がやけに大ぶりで、肌は脂ぎっている。鼻から鼻毛が派手にはみ出している。その女が、車内の込みぐあいに比して、どう考えても不自然にくっついてくるのだ。右肘でつっぱっていると、その肘に乳房を押しつけてくる。相手に背中を向けると、体を重ねてくる。
そのうち困ったことに、股間のものが硬くなってきた。前に座っている女に気づかれないよう、いさぎはショルダーバッグを体の前に回した。大き目のショルダーバッグを愛用しているのは、こういう効用もあるからだ。 
だが、右隣の女は、バッグで見えなくなったのをいいことに、手をいさぎの腿から、そして硬くなったものへと這わしてきた。いさぎは怒りで全身が熱くなる。声を立てていやらしい行為をあばき立ててやろうかと思うが、決断がつかない。いさぎは前に見たことがある。やはり電車の中で、若い男が女の手をつかみ、声を上げたところ、女がいい返したのだ。お前だって、おっ立ててるじゃないか。
周りの女たちからひわいな笑い声を浴びせられて、男は真っ赤な顔をしてうつむいてしまった。今のいさぎも、怒りで頭に血が昇っているのに、下のほうにもさらに血が集中しているのだった。


社会の中での男性の弱い立場がよく描かれています。興奮すると勃起させてしまうということ自体を辱められているのがいいです。
もう一つ、男性がレイプされている場面です。

ビルの裏側の非常階段の下だった。三人の女がうずくまってなにかしている。
「ズボンは全部脱がせないの。そう、そこまで。そうすれば暴れられないでしょ」
「こわがらせちゃだめよ。やさしくするのがこつなんだから。あんたももうちょっと力をゆるめて。さ、やってごらん」
ごそごそと一人が動く。
「こんなのでいいの?」
「そう、その調子。もっと動きに変化をつけて」
それからしばらく沈黙。
「ほらね」
「こんなに」
「もっと大きくなるわよ」
「ほんとだ。すごい」
くすくす笑い。
「簡単でしょ。男なんて、すました顔してても、みんなこんなもんよ」
「最初はわたしだからね」
男が一人、押さえ込まれていた。三人がかりでレイプしようというのだ。


こんなセックスがらみの場面、それに、女性上司にどやしつけられたり侮蔑的な扱いを受けたりといった場面もふんだんにあり、読んでいて引き込まれてしまいます。
しかし、物語の中途あたりからメンズリブ運動、それに男性たちが徐々に荒々しくなり女性社会を切り崩していく展開に、だんだん興ざめしてきました。とは言え、こんなにFemDomな世界を描いた小説は家畜人ヤプー以来でしょう。読む価値大いにありです。
serve.jpg


私はサブミッシブとして、この本を大いに楽しみました。しかし、そんな自分を離れて、いくつかの点についてちょっと(?)な部分もありました。
まず、なんといっても未来社会の設定の仕方にどうも無理があるのです。完全な男女逆転社会ができあがるプロセスとして、不自然さを感じるのです。
作者の村田基氏は自身のブログで、フェミニズム運動が、「セックス」と「ジェンダー」の関係を適切に関係づけることができなかったと書いています。セックスは生物学的な性、ジェンダーは社会的に作られた性役割と区別されますが、ジェンダーばかりを重要な要素として見てきたという指摘です。氏の意見に全く同意見ですが、残念ながらこの小説にもその傾向が見られるのです。
変形エイズが男性を性的に弱い立場にし、消極的態度に追い込み、性的関係の逆転を招いたとあるのですが、それは考えにくいです。男性は生物としてセックスへの欲求は女性よりも強いです。だからこそ男性への貞操器具による責めが有効なのです。性的に消極的になるとは思えません。男はやりたいのです。だから、危険ならば手コキなどの風俗が大繁盛するでしょうし、コンドームが必需品になる、それだけでしょう。
それから、男は家でおとなしくするものとして育てられるために体力でも女性にかなわなくなるという想定もあり得ないです。子供を育てたことのある人、特に経験豊かな女性の多くは、小さい頃から男の子の方が多動で活発な傾向を持っていることを言います。あるお母さんは、「男の子は痛い!」なんて表現していました。この年齢まで「男の子らしくしなさい」「女の子はおとなしくしなさい」などと言って育てるわけはありません。そう育てられるからという以前に男の子は活発に動き回る性質を生得的に持っているのです。
体格についてもそうです。男性の方が全体として体格が大きく、筋肉量が多いのは生物としての事実ですから、自然に力で女性を凌駕してしまうのが自然でしょう。体格的優位は必然的に心理的優位にもつながります。
また、妊娠、出産は女性を肉体的にも心理的にも弱くて保護を必要とする立場にします。これがある限り、この世界のような形での女性優位の社会は難しいのではないでしょうか。
男性と女性のホルモンが体の外見ばかりでなく、精神的にも影響を与えているということも軽視しているのではないかと感じました。
これらをクリアする想定が何かが必要だったと思うのです。残念ながら、変形エイズではそれがクリアできていません。
それに、登場する女性の言葉遣いやスカートといった服装が今と変わっていないのがちょっと違和感です。
作者は男性-闘争的で進歩的、女性-平和的で調和的だが停滞する といったの本質的な違いといったものも意識しているようでした。その見方はある意味的を射ていますが、「それだけでは・・・」という物足りなさも感じます。
ちなみに作者は全くFemDomとは無縁のようで、また私のような者とは視点が違うとも感じました。

何はともあれ、私としてはとても楽しく読みました。またこんな小説が世に出てくれるといいなと思いました。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード