FC2ブログ

相乗効果



体験談、というか、インタビュー記事です。
ミストレスリリーが、彼女の夫との間で、どのようにドミナントとして花開いたかが語られます。
多くのミストレス同様、始まりはパートナーの希望、パートナーを満たしてあげたいという愛情から支配者ロールに入っていきます。
しかし、同時にドミナとしての歓びを見いだしていき、それでさらに深いDs関係に踏み込むことになり、それが夫を深く満たすことにもなります。
いい相乗効果と言ってもいいでしょうね。



インタビュア:あなたはどのようにD&Sに入っていったのですか?

リリー:スティーブは倒錯的な面を持っていました。 私はD&Sについて何も知りませんでした、そして本当に彼もそれはやろうとしませんでした。彼は空想を持っていました。しかし彼はD&Sの世界についての多くを知りませんでした。 私の夫は(今まで)常に私に何でも打ち明けてきました。そして私は彼がフェティッシュウエアとS&Mイメージの女性たちに魅惑を感じていることを知っていました。 私はバニラの世界で私が満足していたとき、これらには興味を持っていませんでした。 しかしながら、私たちの性生活は活気を失い始めていました。そして私は私の性生活がたった5、6年で退屈で空虚なものになってしまうことを望みませんでした。 そのために私は、夫と一緒にD&Sの世界に踏み込んでみようと決心しました。

私たちがいたビジネス(彼は同じく広告で働きます)にあって、私たちはフェティッシュパーティーについて知っていました。 私たちはパーティーに出席しました。そしてそこで私たちは地元の BDSM愛好グループを知りました。 私たちはミーティングに出席しました、そして私はそれが誰かに知られてしまうのではないかと、ちょっと不安でした。 そこで、偽名を使いました。 私たちはレギュラーではありませんでした。

信じられないかもしれませんが、私は最初サブミッシブでした。拘束されることを楽しみました。 私が試みた最初の活動はロープ奴隷の身分に置かれることでした。 私たちはプレーパーティーに出席しました。その時、男がロープ奴隷の身分になるボランティアを必要としました。 彼が私のところにやって来て、そして尋ねました。私は同意しました。そして彼は私をロープで複雑に縛りました。私はその感じが好きでした。それは私が空中に浮いているかのようにでした。 従って、私たちは私がサブミッシブであるに違いないと考えました。私の夫はドムであろうとしました。しかし、彼は惨めに失敗しました。彼の空想の大部分が支配的な女性たちについてであり、そしてそのうえ、私が彼に従おうとしてもうまくいきませんでした。私たちは6年間結婚していました。そして私は彼をあまりにもよく知っていました。

私たちがこれらのパーティーに行ったとき、私たちは交互に役割を切り替えました。 彼は私をロープで拘束する方法を学びました、そして私は彼を縛り付ける方法と彼の尻をピシャリと打つ方法を学びました。 私たちは決してヘビーなプレーヤーではありませんでした。 私たちは軽い程度にそれをしました。そして私たちはただ1年に数回のイベントに参加しただけでした。 けれどもそれは私たちの性生活の中にスパイスを持って来ました、そしてそれは実はゴールでした。

インタビュア:あなたはいつフルタイムのドミナントになろうと決めたのですか?

リリー:私たちがだんだん試していくうちに、私が支配的であることが自然であるという結論に到達しました。 拘束以外に、私はサブミッシブ活動を楽しみませんでした。 私はピシャリと打たれることが嫌いでした。 私は1度は試しましたが、二度としませんでした。私は5歳のころから、ピシャリと打たれることが嫌いでした。逆に、私は男をピシャリと打つことが好きです。 私は夫をピシャリと打つことが好きです。そして彼はピシャリと打たれることが好きです。 私たちがこれらの認識に到達したのは様々な試みを通してでした。 私たちがいろいろなことを試みるほど、それだけ私がもっと私が主導権を握ることを楽しんだことを悟りました。

インタビュア:実生活ではどうなりましたか?

リリー:寝室で、彼を支配して、拘束し、スパンキングするようになってから、少しずつ、実生活でも受け身で従順になってきたことに気づきました。 私は、家でもそして私の仕事でも、次第に主導権を握るようになり、気分良くなりました。スティーブは私と口論することが少なくなりました。そして彼は私の意見と意志決定に従いました。 私はそれがすてきなことでした。そしてこれは私は支配的になることいっそうを望むようになりました。 最終的には、私は普通の支配的な女性以上になりました。 私の新しく見いだされた力は、私を女性支配の強固な信者にしました。 私が一度支配権を握ると、それは自然なことに思われました、そして私は女性の優越を信じるようになりました。

インタビュア:これらはあなたの性生活にどのような影響を与えましたか?

リリー:D&Sが私たちの性生活を変えました。 それは素晴らしかったです。 挿入のセックスは影を潜めましたが、違った形の官能的なセックスに魅了されました。私は女体崇拝させるのが好きです。そしてD&Sは結局は FemDom になりました。 私たちのすべてのセックスは女性の支配を中心に回り始めました。 私は彼が足マッサージ、そのほかマッサージとたくさんの cunnilingus と女体崇拝で私を満足させるようにするでしょう。

おそらく最も重要な出来事は私が私たちの性生活にストラップ-オン を導入した時でした。 それはすべてを変えました。

インタビュア:ストラップオンプレーはどのようにあなたの性生活を変えましたか?

リリー:私がストラップ -オンで彼を攻め始めたとたんに、夫は私に対して非常に従順になりました。 彼の男性のエゴは次第に消えました。 彼ははとてもサブミッシブになりました。私はそれが気に入りました。私は同時にストラップ-オンで彼を攻めるのが好きでした。私は、私が初めてストラップオンプレーを試みた時、死ぬのではないかと心配したのを覚えています。それは恐ろしかったです。 彼は痛がってうめきました。その角度でディルドーを受け入れるのは無理だと泣き言を言いました。ベッドがあまりにも低いために、私はひざを曲げ、かがまなければならなかったので、ひざはとても痛かったです。私はいつでもやめる準備ができていました。しかし私はあきらめませんでした。やり通す決意を持っていました。

最後には、私は彼の中にディルドーを滑り込ませ、彼も落ち着き、私は彼とセックスし始めました。 それは素晴らしい経験で、自分の中で力がこみ上げてきました。 私は支配に取りつかれていました、そして私は自身のコックを持っている男とセックスする感じが好きでした。 私の夫は私の目の前で、おとなしく従順で、そして受動的になりました。 彼は文字通りに従順な、小さな少年になりました。

後に、私自身にも歓びをもたらす双頭ディルドーを見いだしました。 それは少なくとも、週に1度の活動になりました。 私は夫に、私がしゃがまなくともストラップオンで彼をファックできるような高さの台を作らせました。 彼はそれを厚いビニール詰め物で覆いました、そしてそれは完ぺきでした。 それは手首、足首を拘束できるようになっていましたし、ストラップオンプレー以外の拘束にも使えました。 私はこの装置の上に、彼を足を持ち上げたポジションで拘束します。そして、私の思うままに、長く、激しく、ストラップオンで彼を攻めまくるのです。 私は彼を、より大きく、太いディルドーで攻めます。これが私の大好きなD&Sプレーになりました。

インタビュア:そして頻繁な strap-on セッションは、あなたの関係をどのように変えましたか?

リリー:興味深いのは、私の夫が性交に興味を失い始めたということです。 私たちはさほど頻繁にやっていたわけではありませんが、彼はそのたびに失敗するようになりました。 彼は非常にサブミッシブにあることに慣れたので、彼は支配的な役割には入れなくなっていたのです。彼の心の中では、性交は女性を支配する役割と感じていたのです。 幾度ものStrap-onプレーが、彼の精神を変えたのです。彼は挿入されることを好みました。 彼はもう女性に挿入することで歓びを感じませんでした。

インタビュア:それであなたはどうしたのですか。

リリー:私は私が(すでに)私たちのD&Sグループで会っていた他の支配的な女性たちと一緒にこれを話し合いました、そして彼女らは私に、これが自然な結果であり、プロセスだと言いました。 彼女らは、彼を女性化し、そして彼を貞操装置に置くことによって、私に彼のトレーニングを向上させるよう奨励しました。 私はその両方をしました。そしてそれは正しかったです。これは私に対して、彼をさらにいっそう従順にしました。 私たちは女性化は行いませんでした。しかし私は彼にパンティーをはくよう要求しました、そして今もそうしています。 しかしながら、貞操装置は本当に私たちを新しいレベルのFemDomに連れて行きました。 私が貞操装置に彼を閉じこめた途端に、彼は私の手の中の粘土になりました。

彼は最初貞操器具に順応しませんでした、彼はボールが青くなることについて不平を言いました。そして貞操装置が彼のペニスを締めつけていました。それで私が貞操装置に閉じ込められることに彼を次第に慣らさなければなりませんでした。そして彼は泣き言を言いました。



ここでもストラップオンプレーをするようになると立たなくなるということがいわれています。
気持ちわかるな。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

すごく 参考になります

kaisubさん

お久しぶりでございます
いいですね。
今回の記事!

女房殿にも いまよりももっとfemdomになって頂こうと思います。

ストラップオンもさることながら双頭ディルドでつながりあうことには興奮を感じそうです。

同感です

私もminichiさんと同じく双頭ディルドでの一文はかなりの興奮をおぼえました。何故かはわかりませんが…?

子供達に手がかからなくなったらこんな生活してみようと心に秘めております。いつになるかはわかりませんが…

お疲れさまです

いいね、いいねぇ~。

昔から「転落」ものがありますが、こういうナチュラルなプロセスはまた格別な味わいがありますね。

こりんさんへ

読み返すと誤りだらけですけどめんどくさいからそのままにします。
でも、この記事いいでしょ。
愛情がないと空しい、だけど優しすぎるとつまらない そんな微妙さを満たしてくれる感じ。
こんな夫婦関係目指せたらいいですよね。

minichiさんへ

双頭ディルドー
女性の方も感じて楽しんでくれるのがいいですよね。
装着とかむずかしそうだけど。

ミチルさんへ

双頭ディルドー
考えてみると、FemDom記事の中にあんまり出てこないのが不思議ですよね。
やっぱりつけにくいからなのかな。

お互いいいFemDom夫婦を目ざしましょう。

Homerさんへ

転落もの・・・
たしかに。
体験談は、どちらかというと転落ものより自然なプロセスといったものが多いかなと感じます。
今度、意識的に体験談の転落ものを探してみますね。
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード