FC2ブログ

24/7の落とし穴



またQ&Aを訳しました。24/7に関するものです。
日本ではこれをやっている人、やろうとしてる人ってあまりいないでしょうね。



Q. 私はいろいろな意見を聞きたいのですが、とりわけあなたのコメントを聞きたいのです。
夫と私は、およそ2年前から1日24時間/週7日の女性の支配による結婚生活をしています。 あなたのサイトで読んだ他のカップルと同じように、私たちの女性の支配ライフスタイルは、寝室で時折プレーをすることから始まりました。女性の支配は11年間、私たちの結婚生活における、パートタイムの、断続的な営みでした。
そしておよそ2年前に、私の夫は私に、1日24時間/週7日の関係に入れないかどうかを尋ねてきました。私はドミナントの役割での楽しい毎日を何度も私は頭に思い描きました。そして、最終的に私は1日24時間/週7日の女性支配の結婚生活を試みることに同意しました。

私は、インターネットで見いだしたいろいろなD&S契約書などから、私たちの契約書を作りあげました。実のところ、私はあなたのプロシージャの若干を購入して、そしてあなたの手順の1つに含まれる結婚契約書からも規則の若干を使わせてもらいました。満足できる契約書を作成できたので、私は、2人の立会人の前で署名の式をする手はずを整えました。2人の立会人は、インターネットで知った女性支配に関わる1組のカップルでした。
私たちは式典を開きました。私の夫は契約書に署名しました。そしてそこから私たちは新しい日24時間/週7日の女性の支配関係を始めました。
私はこの2年間、一度も迷うことなく、私の夫に彼が契約で同意した条項を厳密に守らせました。私にとって、この2年間はそれはもうすばらしいものでした。それは私の期待以上のものでした。
でも、私の夫にとって、必ずしもそうではありませんでした。彼は私と同様に、この2年間、取り決めを楽しみましたが、同時に苦痛も伴いました。
彼は迷いました。そして何度か彼は、私たちがまたパートタイムの女性支配による結婚生活に戻ることができないかと尋ねました。
私は彼に、私は戻ることを望まないことを伝えました。しかし私が彼が苦しんでいることのいくつかを改善するための要望を聞くことに同意しました。私は彼に修正したい要求を書き出させ、それを見て熟考しました。
私は彼の要望のいくつかはきっぱりと却下しました。私たちの女性支配の関係に関することは変えることを望まなかったからです。
私たちは、私が変えてもよいと思われたエリアについてついて、話し合いをしました。そして私たちは、最終的に私たちのためにうまく機能する解決案を思いつきました。
私はそれが他の人たちに貴重な情報になるかもしれないと思いました。

私の夫はストレスが多い仕事をしています。私は彼が本当に女性による支配を楽しむ理由の1つは、彼が仕事で多くの重要な決定をしなくてはならないからではないかと思います。
私たちが1日24時間/週7日の関係に進んだとき、私は彼が料理の大部分と他の家事すべてをすることを要求しました。それは私が私たちの契約書に入れた条項の1つでした。そして彼はそれに同意しました。
彼の仕事と、私が彼に要求した家庭の任務のために、彼は極めて少ししか自由な時間がありませんでした。実際、彼はほとんど自由時間がなかったのです。
最初、私は、彼が望んだことなのだから、これは彼のために好ましいであろうと思いました。私はあまりに多くの余計な時間は男性のために良くないと思っていました。日24時間/週7日に入る前に、私の夫はゴルフコースに行ったり、コンピュータをいじったりとかにあまりにも多くの時間を使いました。私は特に彼のコンピュータ、テレビとゴルフの時間を制限しました。

私が見いだしたことは、日24時間/週7日の女性支配の関係の中でさえ、男性が彼の精神のバッテリーを再充電するためにたくさんのリラックスタイムを許されなくてはならないということです。
彼が仕事でストレスの多いとき、私の夫は1日24時間/週7日の取り決めで苦しみました。彼は家に帰って来て、そして私は彼に雑用仕事のリストを渡します。私は決して彼に甘くしませんでした。休ませてくれと言う彼を私の思い通りにさせ、従わせることへの挑戦を私は楽しんでいました。
これは結局は彼の精神に犠牲を強いることになりました。1日デスクワークで疲れた彼にとって家事仕事は精神的に過酷であることに気づきました。彼が精神的にも、そして身体的にも本当に休養するときも必要だと気づきました。

私は、契約書に変更を加えました。1週間のうち2日間、彼が自由に1日を過ごせる日を与えるということにしたのです。
それはもちろん1日24時間/週7日をやめるわけではありません。彼はすべてに対して私の許可を得なくてはなりません。しかし私は週2日、彼の雑用仕事と彼のサブミッシブ任務をしばし猶予するのです。
さらに、その2日は柔軟です。もし彼が仕事中にストレスが多い日、彼が家に帰って来て、私が雑用仕事のリストを提示したとき、彼は自由な日のうち1日をその日に割り当て、リラックスすることができるのです。
これはうまくいきました。私は柔軟であることを学びました。そして雑用仕事は次の日の夜まで待つでしょう。
彼はリラックスしてテレビを見るか本を読むかもしれません。 私は彼が求めるすべての、あらゆる活動を認めなくてはなりません。しかし私は非常に公正です。
この取り決めは彼に驚くべきものを与えました。そして私に仕えようとする彼の熱意がよみがえりました。
私たちは2人ともとても満足しています。

まとめると、私は高度な1日24時間/週7日の女性支配の結婚生活を勧めます。そして私は決してただ寝室で行われるだけのパートタイムの取り決めに戻るべきではないと思います。それでも私は経験から、男性がたくさんのリラックスタイムを与えられなくてはならないことを知りました。
私たちが最初に1日24時間/週7日を始めたとき、彼は熱狂的でした。しかし、1ヶ月もすると、彼は負担に感じている様子を見せるようになりました。でも、最終的に彼はそれを解決したのです。
私は女性たちが男性に、彼の仕事と彼のサブミッシブ任務から自由になる適正な量の時間を許すことがどれぐらい重要であるか知る必要があると思います。私たちはみな、精神のバッテリーを再充電する楽しみの時間を必要とします。それは男性も同じなのです。


A. 私は100%あなたに同意します。
多くのカップルが、生活の他のストレスから彼らのバッテリーを再充電する方法として女性支配の関係を取り入れます。女性の支配はストレスを和らげる素晴らしい方法です。そして女性の支配は人の精神衛生のために驚くべきものを与える楽しい活動です。
その危険は、女性の支配が、楽しくて、そしてエキサイティングであることから、いつの間にか苦役になる時です。女性の支配が強められ1日24時間/週7日ライフスタイルになるとき、それは起きることがあります。

私は若干の人々が日24時間/週7日について誤解をしていると思います。
私はがあなたが FemDomを寝室での活動にとどめず、生活のすべてのエリア、1日24時間/週7日に押し広げていくべきだというあなたの意見に同意します。けれどもそれは必ずしも女性の支配が毎日のすべての時間に渡らなければならないことを意味しません。
このようなライフスタイルは健康ではありません。
日24時間/週7日は女性が主導権を握り続けることですが、日24時間/週7日活発に支配する活動し続けるという意味ではありません。愛情関係における女性の主権の生活のスタイルでは、女性が権威を持つことはいつも共通に認識されています。いつでもどこでもどんなときでもです。女性の権威は、男性が家事雑用をしていても、ゴルフコースの上にいても、変わらず存在するものなのです。あなたの現在の関係は完全にこれにあたります。

あなたの夫はあなたの許可、承認を得なければなりません。しかしあなたは公正です、そしてあなたは彼の健康を考えながら彼を管理します。 あなたは、あなたに対する彼の隷属のレベルが衰えない限り、彼に自由な、そして彼がゴルフをできるだけの時間が必要であり、それを与えることを学びました。
1日24時間/週7日は何をするかよりも態度が重要なのです。健全な女性の支配関係の中で、男性は彼の服従を通して特典を与えられます。

人生における活動は、適度なバランスが大切なのです。女性の支配は関係している双方が満足することを考えるべきです。これは、ストレスを和らげ、新たなストレスを加えないことを意味します。熱情に火をつけるのはいいのですが、疲労でその火を消してしまわないようにすることが大切なのです。これがコミュニケーションが不可欠である一つの理由です。
もしいずれかのパートナーがこのライフスタイルの何かで苦しんでいるならば、オープンなディスカッションの時間をとる必要があります。そしてどんな要求や調整も考慮されるべきです。
愛し合う関係における女性の権威の下では、女性が決定をし、そして男性が彼女の決定を受け入れます。しかし女性は彼女の決定が愛する男にどのような影響を与えるかを気にかけなくてはならないのです。
柔軟であることは自分の権威をおとしめるものではありません。むしろ女性の権威を彼に知らしめることでしょう。

40e0_20160605214827aee.jpg


バニラの人にとっては、「そりゃそうじゃん!」ですよね。

彼は家に帰って来て、そして私は彼に雑用仕事のリストを渡します。私は決して彼に甘くしませんでした。休ませてくれと言う彼を私の思い通りにさせ、従わせることへの挑戦を私は楽しんでいました。これは結局は彼の精神に犠牲を強いることになりました。

この女性はこんなことになぜ気づかなかったのか?
実はD/sの活動は、ドミナントがサブミッシブが望む以上の無理を強いることで双方が満足し合うという性質を持っているので、陥りやすい罠なのです。
マゾヒストは「もう耐えられない」と思うほどの鞭打ちを受けると、後でそのことを繰り返し思い出して甘い想いに浸るということもあるそうです。
だからこの女性の言うことはよくわかります。また、D/s、S&Mのこわいところでもあると思うのです。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード