FC2ブログ

Penis Spanking



私は痛みにはまるっきり弱いのですが、CBTは好きです。男性の象徴ともいうべき場所を女性にいたぶられるのですから、男性の劣等性のようなものを感じます。自分は弱い側の性なのだと思い知らされているような気になります。
でも、痛みは、精神的な陶酔はあってもそのままオルガスムに至る性的な興奮にはつながりません。痛みが激しくなるとどうしても萎えるものです。
あるブログfitbicouple's turn onsからですが、この女性はペニススパンキングによって夫をオルガスムにまで行かせているということを書いています。
実際にこんなことができるものなのだろうか?と思ってしまいます。



ペニススパンキング

まず、私のブログのほかの場所にある私の断り書きを読んでください。
これはみな、最初はあまりに過激に聞こえるかもしれません。しかし2~3分でいいですから、このブログを読んでみてください。
あなたの夫のペニスをスパンキングしてみる事を勧めます。というのは、多くのすばらしい理由があるのです。もしあなたが本当に、週に1度のペニススパンキングを行う時間とエネルギー費やすなら、それはあなたたち双方に利益をもたらすでしょう。

ペニススパンキングは、あなたの夫の貞操訓練の一部として行われます。そして、そこで彼はそのときにのみ射精するのを許され、そしてほとんどプッシーの中でそれをすることは許されなくなります。完ぺきなプッシー拒絶はいろいろな意味で彼のためによいことです。しかしそれは別の時に論じることにしましょう。もしあなたがもう子育てを終えてしまったか、あるいはまだ子作りをしないとしたら、彼にはかわいそうですが、彼はあなたの必要だけを満たすことになります。
あなたが完ぺきな femdom 生活をに入っていないのだとしたら、あなたは彼の動機付けのために、プッシーにありつける可能性を「ニンジン」として彼の前にぶら下げておく必要があるかもしれません。

あなたの夫の性的に興奮しているちっぽけなおちんちんをピシャリと打つことは、次のような意味を持ちます。
あなたが支配を見せつけ、彼に自分の立場をわからせ、服従を強めます。
あなたが彼の肉体に対して、望むことは何でもできることを見せつけるのです。
一般的な懲戒でも、
肉体的苦痛/喜びを与えることでも
ほかのBDSM行為を受け入れさせる訓練をすることでも。
彼の男性性の征服、それは文字通り、また比喩的にも、彼の喜びの対象を乗馬鞭に変換してしまうことで成し遂げられます。
彼が興奮と射精の喜びのためにペニススパンキングをされることを心待ちにするようにさせていくのです。

彼のオルガスム、そう、あなたが彼のペニスをスパンキングし、彼をいかせたなら、彼のオルガスムは必ずそうやって与えるべきです。そうすれば彼の中で性的な喜びを得ることとペニスに乗馬鞭を受けることが結びつくでしょう。
彼にこのようなスパンキングを待ち望ませる気持ちを作らせることは不可欠です。 そのすべてへの鍵は、彼の勃起は彼がコントロールすることができないのだということを強調することです。

ペニススパンキングの前に少なくとも1週間オルガスムなしで彼を貞操に置いておいてください。
そして彼に、あなたが「彼のペニスを点検する」と言ってください。
彼をしばってください - 彼の手だけではなく、その他の部分も動けないように。そして彼のコックとボールを、あまり逃げ回れないように固定してしまいましょう。言うまでもなく、これは注意深く行ってください。
まず、彼のものを弄んで思い切り勃起させましょう。最初は少しあなたの手を使いますが、その後で、乗馬鞭でソフトに彼のおちんちんをなで回します。これは、乗馬鞭と彼のフランクフルトソーセージとの間に喜びの連合を作ります。
彼のものが硬くなってきたら、言葉ではっきりと言うのです。
彼のちっぽけなちんちんは、自分だけではこんなに興奮して大きくはなれないということを。
乗馬鞭にこんなに大きくされることが好きだということを。
そして彼自身もそれが好きだということを。
出したいものが溜まっている彼のボールもそれを望んでいると。
救済のためには彼のペニスは痛めつけられなければならないこと。それは楽しいことだということ。
そして、一番重要なことは、彼のペニスへのスパンキングを通じてでなければ彼には喜びを得る術がないということ。
彼に自分ではどうすることもできないのだと言ってください。
もはや自分のペニスのコントロールを失っているのだと言ってやってください。あなたが彼のものを硬くすることを妨げることは彼には絶対にできないのだと言ってください。
彼のペニスは彼自身がコントロールしているものだという彼の考えを打ち破ってください。その理由はあなたの知っているとおり。彼のペニスが彼自身の意志に関係なく硬くなったとき、あなたが彼の肉体を支配しているということを彼に示すことになるのです。

あなたがどのように彼のペニスを叩くか、それは叩いてどうしたいかによります。
私はペニススパンキングについてはほかのところで論じました。ここで考慮すべきことは、彼をオルガスム間際まで行かせるのか、それともそれを与えてしまうかです。
鍵になることの一つは、ペニスの特定の場所に安定したリズムで叩き続けることです。
初めはソフトにゆっくり。そして次第に強く、速くしていってください。
あなたは彼の反応を観察し、どれだけ強いと彼が楽しめるのか、彼の興奮と勃起が高められるのかを見極めます。それに彼の痛みへの許容量も。もしも着実なリズムをもって叩き続けるなら、あなたの一撃一撃は、彼の生殖器をオルガスムに導く強烈な刺激になることでしょう。
だんだんと、しっかりと安定した速いリズムにしていってください。
彼がオルガスムに近付いたなら、片側だけに狙いを絞り、先から根本に向かって下から上へ、上から下へ、繰り返し叩いていきます。そしてまた同じことを繰り返していきます。これを続けていくなら、あなたの努力は彼の噴出によって報いられるでしょう。
射精したなら、彼に、これからはこれが彼に許される唯一の射精の方法だと告げてください。
あなたが初めて彼のペニスを打ってオルガスムに導いたとき、あなたは全く新しいやり方で彼を支配し、自分のものにしたことになるのです。彼はあなたが彼の上に及ぼす力に驚くでしょう!

あなたの夫のペニスをスパンキングすることは、あなたたち二人にとってセラピー的な効果ももたらすでしょう。
もしも彼があなたの気分を害したならば、あなたはそれをはっきりと彼にわからせることができます。そして、もし彼があなたを不当に扱ったなら、その意味を彼に思い知らせるすばらしい方法になります。
それはあなたたち二人にとってストレス軽減につながるでしょう。それは素晴らしい絆を感じる体験です。彼は、あなたが彼自身以上に彼の肉体の支配を握っていることを実感するのです。

あなたは彼に、自分で自分のペニスを叩いて実際にオルガスムにいかせることもできます。彼の手首を腰に固定してしまう拘束具を着け、彼に乗馬鞭を持たせます。そして、動きの不自由な状態で自らのペニスを叩かせるのです。この状態ではなかなかうまくペニスを叩くことはできません。
もちろん、もし彼がむちを落としてしまったなら、まあ、次は翌月まで待つことになるでしょう。



ペニスをスパンキングされることでイくなんて、もし本当にできたとしたらすごくすてきなことに思えます。2人の関係は変わってしまうかもしれませんね。
でも、実際は、乗馬鞭でピシリとやられると、中の方が折れてしまったんじゃないかと思うほど痛いんですよね。一方の側だけを叩くといいというのも、え、本当なのかなあという感じです。

tumblr_mofuk8hgnJ1qgnjaoo1_1280.jpg
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

体験しました

私は都心から遠く離れた田舎地方在住です。
隠れたM嗜好を体験できる場所は昔から皆無です。

先月、飛行機で一泊どまりで都心のSMクラブまで行って、ペニススパンキングを体験しました。
悪さをして目上の女性から厳しくお仕置きされる、そんなストーリープレイです。
平手で何度も何度も強く叩かれ、ジンジンと凄く痛くて赤くなりました。

その後お灸を据えられました。
タマタマに2ヵ所、竿に2ヵ所、亀頭に2ヵ所据えられました。
もの凄い熱さと痛さ、体が震えて悲鳴が漏れました。
ペニスがちぎれるくらい熱かったです。
亀頭は水ぶくれになりましたが、10日くらいで治りました。

嗜好を共有できるパートナーがいないので、遠い都心まで行くしかありませんが、満足した時間でした^^。

kanさんへ

ペニススパンキングを体験されましたか。
わざわざ飛行機で来たと聞いたら女王様も気合いが入ったんじゃないでしょうかね。
なかなか刺激的なされたようですばらしい。
それにしてもお灸で水ぶくれとは・・
すごい!
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード