FC2ブログ

亭主元気でマゾがいい



おっ衝撃的なタイトル!
こんな漫画があったの?
homerさんのブログで紹介されていたのを読み、早速(でも全然ないんですが)読んでみました。

女性Sと男性Mの夫婦ということで、興味津々でページをめくっていきました。
作者の六反りょうさんは、漫画家の仕事をする傍ら女王様の仕事もやっていて、そこで知り合った男性と結婚し、夫婦生活を続けているということでした。
マゾ夫との結婚生活の実話をおもしろおかしく描きながら、世の女性にマゾ夫との結婚を勧めるというスタイルがうれしいですね。
読んでいると「あるある」がいっぱいです。
M夫がしつこいので頭にきて尻をひっぱたいたら実はM夫がそのつもりでわざとやったことだったというところ。同じシチュエーションはないけど、こういう夫婦なら似たようなことは必ずあるはずです。
あと、妻の方に落ち度があっても、そこで強く出ると、M夫の方はあっさりと折れてかえって満足してしまうというところとか。
カップルでは、必ず女性の方が「相手に気に入ってもらわなくちゃ」という気の使い方をするものです。女性の方が男性に合わせることが多いです。S女M男のカップルでもそれはあると思います。が、女性の側が、一皮むけて割り切ってしまえば、そういった緊張感がグッと減らせるのです。しっかりとSとして君臨してくれるならば、多少わがまま言おうが、少々おデブになろうが、歳をとって容姿が多少衰えようが、M夫は変わらぬ忠誠を尽くすでしょう。
これを読んでそれを少しでもわかってくれた女性たちが増えたらうれしいですね。笑わせてくれるので抵抗なく読めるのもいいですね。

homerさんのブログには、六反さんのサイン会には若い女性が多かったって書かれていました。この作品は案外画期的かなあって思います。

この夫婦の微妙な力関係が見ていて非常に興味深いですね。
ただ、作品中にもあったけど、子供できるとこの関係にとっては「試練」だろうなって思います。
子供への影響とかもあるけど、それ以前に子育てにエネルギーを注ぎながら、夫婦のSM関係を維持していくのは大変なエネルギーがいると思うのです。
でも、今後も応援していきたいですね!

Cgq2EZSUcAAsWoS.jpg
スポンサーサイト
[PR]

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マゾは「マゾ夫」になれるのか?

 マゾヒストが、理想的な女王様に出会ったとしても、マゾ夫になれるとは限りません。  崇拝しすぎて、もう結婚するしかない〜っ(>_

コメントの投稿

非公開コメント

家族愛とSM

 こんにちは。

 ご夫婦でSMをやってる、あるいは実際に Femdom関係を築かれていらっしゃる方にとっては、何を今さらというコミックだったのかもしれませんね。

 「おや?」とは思っても、2〜3ヶ月ぐらい寝かしてから手にとってみるぐらいがちょうどよかったんじゃないでしょうか(笑)

 昔からKai さんのBlogを読んでいたからか、実を言うと僕はこの作品にはそれほどのインパクトを感じてはいませんでした(そのわりにはすぐに書店に走ってサイン会にまで足を運んだくせに(>_<)  ミーハーだなぁ

 しかし、やはり日本人にとってはカウンター・カルチャーというか、画期的な夫婦としての関係性を提案していたようです。

 好きだから、性癖だからといって、そうお気軽に実現できる夫婦仲ではなかったように思います。

 昨今の時代の流れを見ていると、SMにインモラルという概念も消えてしまえば、子育てにも悪影響を及ぼすことがなくなる日がくるかもしれませんね。

 すでに実際、子育て中の女王様というのは最近の業界にはいらっしゃいます。

 昔もいたのでしょうけど、タブーでしたね。

 だけど育児しながら女王様をやる光景というのは、あまり見たくないかもなぁ...(泣)

   *すみません、再送信です。前の削除して下さい





homerさんへ

コメントどうもありがとうございます。
たしかにおっしゃるとおり「なにを今さら」という部分はあります。
しかし、これが堂々と世に出たという意味はすごいと思いますよ。

SM(FemDom)というセクシュアルなファンタジーと、現実生活、それは所詮別物だという考え方もあるでしょう。
しかし私は、それは妥協しながらいろいろな形でありなのではないかなあというスタンスでやっている人間ですから、ちょっと応援したい気になるんですよね。

一つこの作品で感じる危うさ。
「サービスのS」では、FemDom結婚生活では長続きしないということですね。

連載は終わっちゃいましたけど、この先どうするか、見守っていきたいですね。

こういった作品が世に出るのはご時世なのでしょうね。M な私としては嬉しいのですが、親としての私はいささか微妙ではあります。いいのか?悪いのか?

夫婦でのSM 関係って(とくに妻がDominant だった場合)いったいどこまでいっちゃうんでしょうか?

このての刺激はエスカレートしていき結局は破綻してしまうのではないかとかよく考えたりします。子ども達も成長して家を出たら24/7の生活をしてみようと計画してはいるのですが少し恐い気もしております。

私はヘタレですね。本当に‥。

ミチルさんへ

こんにちは

>夫婦でのSM 関係って(とくに妻がDominant だった場合)いったいどこまでいっちゃうんでしょうか?

これは2人でどこまで突っ込んでやろうかという合意ですね。とにかくカップルによって程度の差は様々だし、ここは普通、ここは厳密に主従関係といった「ローカルルール」みたいなものがそれぞれあるものですから。2人お互いが楽しめる関係を手探りで作っていくものだと思います。
お互い歯止めのない無制限というのはちょっとこわいです。
いずれ24/7の生活ですか?
いいですね。
でも、じっくり覚悟を決めないとね。

No title

久しぶりです。

実は、現在再婚も考えている方とお付き合いを
始めたばかりなんですが、

BDSMの基本的な考え方やそれぞれの嗜好の違いなど
上手く纏めた参考資料的なものが無く
個別の教材でじっくりパートナーに理解してもらう
しか無いかな?って思ってた所に、

今回話題の「亭マゾ」の存在を知り、導入部分の知識を
深めてもらうのにはうってつけの参考内容だと思います。

因みに、導入教材の一つが、
このブログは言うまでも有りませんが・・・(^^)

s u m u さんへ

こんにちは
コメントありがとうございます。

いいですね。うまくFemDomの世界にエスコートしたいものですね。「亭マゾ」は、コミカルで楽しいからいいかもしれませんね。このサイトは過激なのが多いからよく選んで紹介した方がいいですよ。
成功のポイントは、女性側の立場をいかに大事にするかだと思います。
こちらのサイトを参考にしてください。
http://blog.goo.ne.jp/kaisub/e/76d9670841394d7c562d4bf23095a91a
いい関係作れることをお祈りしています!

No title

ウェブ上で読み、おもしろかったので、「アフター5の女王たち」も見てしまいました。
どちらの作品にも感じましたが、愛がある感じが良いな~と思いました。漫画家として成功するように、一所懸命サポートするところが一番良かったです。義母の方の応援も素敵でした。
お子様ができても、きっと、この二人なら、愛情のある家庭をうまく築いていかれると思います。これからも、がんばってほしいですね。

パンスト女神さんへ

こんにちは
この作品はほのぼのしていますよね。お互い思い合っているのがわかってほほえましいです。
でも、きっと現実はなかなかに難しいことがあるから、これから乗り越えていかなければならないでしょうね。
「アフター5の女王たち」はまだ見てないので今度見てみようかな。
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード