FC2ブログ

接待するメイド



前回のミストレスロクサーヌのインタビューの続きです。
その後、友だちを家に呼んで夫を辱めます。
なかなか魅力的なシチュエーションです。



私は私たちの家におけるこの間の日曜の午後のイベントについてあなたに話すでしょう。 私はに彼に、いきなりのメイドの衣装- 縫い目のあるストッキング、 ガーターベルト、4インチの黒いヒール - 仕事に着替えるように言いました。

夫が少し当惑しながらズボンを脱いでいるときに、私は、トレーシーと、2人の友人アンバーが来るから、早くしなさいと夫をせき立てました。
想像してみてください。彼の表情は見物でした! 私は、私たちのためにアペタイザーとワインを供するように彼に言いました。
トレイシーは、もちろん、パンティーをはいていることを知っていました。しかしそれ以上どこまで知っているのか、夫にはわかりませんでした。 彼がアンバーに会うのは2度目でした。だから彼女はなにも知らないと思っていました。
私は、彼が思いもよらぬことに、ガーターを止める指を震わせながらも、私に抗議しようとしさえしなかったことをうれしく思いました。(彼は、私が命じたとき以外、パンティーストッキングをはくことを許されません). 彼はとても緊張しているように見えたので、深呼吸をして落ち着きなさいと言いました。 私は彼がかわいそうになったので、彼に、トレイシーとアンバー両方とも、彼が私の弱虫坊やであることについて、すべて知っていたという真実を話しました。
夫は、それを知って気が楽になったと私に話し、元気になりました。 私は素晴らしい夫を抱きしめて、彼が、「パーティー」のために最高の装いを見せることができるよう、彼のストッキングの縫い目をまっすぐにするのを手伝いました。 (私はただこのように彼をからかうことが好きです!)

私たちの小さな社交的な集まりは素晴らしく盛り上がっていました。
私の「メイド」が、前菜トレーを持ってくるときにつまずきました。...
私はすぐに「違反」を宣言しました。 私は夫に「(懲戒の)ポジションをとる」ことを命じました。 私はトレイシーとアンバーがショーを楽しんでいたとわかりました。そしてこれは私を後押ししました。
夫が、彼の尻がさらされるように、彼の背中を弓なりに曲げて、四つんばいになって、ひざまずいていました。 私は私の友人たちのために見せびらかさずにいられませんでした。それで私は彼に(必ずしもここで必要ではないけれど、彼が好きな)言葉で辱めました。
トレイシーとアンバーの2人も、少しばかり彼にからかいの言葉を投げかけました。彼がよく言うことをきくことを褒めたり、彼がはいているストッキングがかわいいと言ったり。 私が彼の尻を赤く染める準備のために彼のパンティーを引き下ろしたとき、彼の奴隷の入れ墨 - それぞれ尻のふくらみにひとつずつ- は完全にみんなの前にさらされました。(それは私のガールフレンドを喜ばせました)。

夫にその姿勢をとらせながら、私は、ガールフレンドを寝室に案内しました。私は、芝居がかった大げさな振る舞いで隠しているカーテンを引き、私の道具のコレクションを見せました。 笑って話をしながら、、私は夫のために木製のパドルを選びました、 トレイシーとアンバーはバラムチと乗馬ムチを手に取って楽しんでいました。 しかし私は、彼女たちに今回の懲戒に参加させる気はありませんでした。
私たちは、夫が彼の運命を待ち受けているリビングルームに戻ってきました。 私は私の腕前を見せて、派手な音を響かせたいと思いました。しかし、私の大事な夫をあまり痛めつけすぎないようにしようとも思っていました。 私たちの習慣どおり。私の弱虫坊やは、(例えば)「25 - ありがとうございますミストレス -」と数えるように要求されました。
最後の一撃の後に、夫は(私の定めに従い)パドルにキスして、そして彼をしつけてくれたことに対して私に感謝しました。 (私の友人たちこれが大いに気に入っていました!!)

私は「コーナー !」と言いました。夫はの隣接したダイニングルームの隅へと素早く行きました。そしてそこで彼は壁紙に彼の鼻をついてひざまずきました。 彼のパンティーは部分的に下に下ろされたままでした。それで彼の赤い尻は(私はなぜそれがすごくエロチックに見えます)は丸見えでした。見えなかったけど、彼の顔も真っ赤だったはずです!
こうして、「すてきな時間の終了」、そして私の夫のトレーニングは飛躍的に進歩しました。辱められる彼は同時にすばらしい男でした。彼のすばらしいパフォーマンスに、私は後で称賛とキスの雨を降らせました。


リスクはあるのだけれど、他の誰かに見られる中で責められたり辱められたりするのって、あこがれのシチュエーションです。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

確かに

私もいいなぁ…と思いますが確かにリスクが高いですよね。

でも日常生活で色んなFEMDOMな女性達に囲まれて生きるってある意味理想ですね。逆ハーレム状態…違うかな?

インフルエンザが我が家で発生しました管理人さんもどうぞお気をつけ下さい。子供等が全員ダウンです(ToT)

ミチルさん コメントどうもありがとうございます。
逆ハーレム状態・・・M男にとってはなるほどハーレムかもしれませんね。
でも、ほんと、現実にはとってもリスクが高くてむずかしいだろうなと思ってしまいます。

インフルエンザ、幸い我が家はまだ大丈夫です。
皆さんお大事に。
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード