FC2ブログ

立合人


 
体験談です。
18年間FemDomに関心を示さなかった、というよりは拒み続けてきた妻が、「プレイ」としてのFemDomではなく、「関係」としてのFemDomを知り、変わってきました。女性が男性を支配する人間関係に、次第に興味を示すようになったのです。インターネットでFemDomを深く知るに従って、いよいよ妻は本気で夫を支配しようと決意します。
 
 
 
クリスマスの後、私たちの2人の娘が家を出て行った後、妻は、私たちの新しい関係をスタートさせました。
彼女はすべての(FemDom関係の)雑誌、ビデオ、DVD、を要求しました。 たいした数ではありませんでした。しかし私は彼女に私が持っていたすべてを渡しました。
 
彼女はその後、彼女が(すでに)作成していた契約書を私に手渡して、そして私にじっくりそれを読むように言いました。 私はそれに署名するように要求されるでしょう。
それは私がすでに話していたものばかりでした。
すべては彼女の名義の下に置かれます。
家、自動車、他の資産、銀行預金口座は彼女の名義に変更されました。 実際私たちが共同の所有権だったものが、すべてが彼女1人のものにされるのです。
私は予備の寝室に移されるはずでした。 彼女は寝室を占有するでしょう、彼女が私にそうすることを許さなかったなら、私はもう妻と寝ないでしょう。
彼女は永久に私のものとなるであろう家事仕事のリストを説明しました。あなたがイメージするすべての下働きの仕事です。料理以外のすべてです。妻は優秀なコックで、そしてそれを探求することを楽しみます。 彼女は料理のほとんどをするでしょう。 もし彼女がそうしたい気分でなかったら、私がそれをするでしょう。 彼女が1ヶ月にどれぐらいお金を使えるかについて、設定しました。私にもほんの少し割り当てられました。
その他に、彼女が他の恋人を作ることができること、私にはそれが許されないこと、そしてマスターベーションは許されないことが条項として加えられました。 彼女は貞操装置について話さなかったけれど、それを買わなければならないとしたら、失望することでしょう。
契約書は2ページでした。 私は2回全部の文書を読みました、そして私は彼女の願望に従うことがうれしかったです。
 
「私はこれにサインすればいいのですか?」
私は尋ねました。
「そうよ。でもそれはまだ。誰か立合人が必要だから。」
彼女は、微笑みながら私から書類を取ると、行ってしまいました。
 
1時間かそこら後に、私はスイミングプールをきれいにしていました。そして妻は私に、買い物に行ってくるから、帰ったら入れるよう風呂の用意をしておくようにといいました。 隣家にまで聞こえるような大声で私に命令したので私はどぎまぎしてしまいました。
 
彼女は買い物から帰ってきて、入浴しました。
彼女はやがて浴そうから出て来て、そして、彼女に客があるから、私に彼女の使った後の湯を使って、そして私自身をきれいにするように言いました。 私は浴そうを使い、そして彼女の客間をきれいにしました。 それから私は自分の服を着ました。
 
私が客間に戻ったとき、妻があまりに美しく見えたので、私はぼう然としました。 彼女は最近新しい髪型にして、新しい服を着て、すばらしく決まっていました。 彼女はちょうど黒い絹のブラウスと彼女のひざのすぐ上に縁かがりした黒いスカートを買ってきたところでした。 彼女は私が知る限り、一度もストッキングを買ったことがありませんでした。しかし私は、彼女が最近買って、今それを身につけていたことに気づいていました。

「あなたはなんてステキなんでしょう。」
私は言いました。 彼女は、それほど称賛を受けてきませんでした。 私は、彼女の何かが変わったのを感じました。
彼女は微笑して、そして私にちょっとおどけた顔をしました。
「はみ出したりしてないかしら?」
「私たちは外に出るのですか?」
「私は外に出ます。 あなたは行きません。」
それは私が彼女の支配を感じた最初のときでした。
私は抗議しかけましたが、何かが変わろうとしていることに気づきました。これは私が欲したものではなかったか?と思いました。
 
「私は30分ぐらいちょっと外出するだけです。 私がいない間に、私はあなたが自分自身をそることを望みます。 あなたは私が何を言ってるのかわかりますね。 全身です! 私が戻るとき、私は私があなたが何を身につけていることを望むかわかっていると思います。」
そして彼女は私を置き残して行きました。
私は私のごく小さい部屋に戻ってあてもなくさまよって、「キャシーのもの」と彫られた金属板のついた首輪と、小さい1着の白い絹のパンティーを発見しました。
私は次に、バスルームに入って、そして私のすべての体毛をそり落としました。 幸いに私は 残っていた除毛クリームを発見しました。 私は私の体毛が素早くクリームで取り去られたのに驚きました。
私は排水口をふさいでいた髪を取り去って、そしてバスルームを片付けて、そして私の部屋に戻って、そして妻が私のために用意した衣類を着けました。時間はかかりませんでした。 パンティーはあまりに小さくて、私のものをすべて覆い隠すことはできませんでした。 私は私の首の周りに首輪をしっかり留めて、私がどれほど長い間、私のミストレスの帰りを待たなければならないであろうかと思っていました。
 
長い間待つ必要はありませんでした。しかし私を驚かせたのは、彼女が1人ではなかったということでした。
私は2人の Cath の女性の友人たち、カレンとジャニスの声を認識しました。
これは私を興奮させて、そして同時に私を怖じ気づけさせました。妻はとても楽しそうな様子で、私の部屋に入ってきました。 彼女は女友達と昼食を取り、軽く飲んできたと言いました。
 
「さあいらっしゃい。あなたに会って欲しい人がいるから。」
彼女は私の首輪の革ひもをしっかり留めました。そして私は彼女の後ろについて、外に這って出ました。
私はおよそ10年間カレンとジャニスを知っていました。 カレンは2年前に離婚した、背が高い魅力的な金髪でした。 彼女はほがらかな面白い女性です。そして私は彼女がジャニスと一緒に冗談を楽しんでいるのが聞こえました。
 
私のミストレスに伴われて、私が入っていくと、部屋の中の女性達は、笑いをやめました。彼女らは、私と同じぐらい不安なように見えました。
 
「おお神よ!」
ジャニスは叫びました。
「私たちはここで何をするの?」
私はこの瞬間まで、男らしい男で、すべてを仕切る男だと思われていました。 なんとまあ勘違いであったことか?
私は彼女らの前に四つんばいになってひざまずきました。そして頭を下げました。誰もまったく言葉を発することができませんでした。
 
その時妻が沈黙を破りました。
「この娘が私の私の新しい夫よ。. ラリー、カレンとジャニスにご挨拶なさい。」
私は2人の困惑した女性を見上げて、そして
「こんにちは」
と言いました。
「ラリーは私の奴隷になりたいのよね?」
「はい、ミストレスキャサリン。」
私は静かにもぐもぐ言いました。
「ゴメン、よく聞こえなかったわ。」
「はい、ミストレスキャサリン。」
私はもっとはっきりとした声で繰り返しました。 2人の女性は一度もこんな光景を見たことがなかったので、信じられませんでした。
「本当なの ? 」
ジャニスがききました。
「もちろんよ。」
妻は彼女にそう言うと、そして彼女に私たちの契約のコピーを手渡しました。
私は女性たちの前にひざまずきました。ジャニスそれからカレンが妻が作成した契約書を読む間の沈黙は、部屋の中で耳をつんざくようでした。 私は起きていることが信じられませんでした。 何年もの間私はこのファンタジーを持っていました。そして今それは私の前に展開していました。しかし私は性的に興奮しているように感じませんでした。 私は本当にぶざまに感じました。しかしこれは私が欲したものでした。 そうではなかったか?
 
「おお、おお。」
カレンは最後に言いました。
「あなた、誰か別人なんじゃないの?」
私は、カレンが今まで私をどう見ていたかがわかりました。
 
契約書は最終的に妻に返されました、そして Cath は私にそれを手渡しました。
「それにサインしなさい。」
私のミストレスは命令しました。 彼女は私にペンを手渡しました、そして、私が書類をサインするのを、3人の女性は見守りました。 Cath はそれに署名しました、そしてジャニスとカレンは私のサインを目撃しました。 サインされた契約書はそのあと妻に返されました。そして彼女はそれを折って、そして封筒に入れました。
 
「よろしい、しばらくプールに行くわ。 洗濯するものがかかっているから洗いなさい。それからアイロンをかけるものもたまっているわね。?」
妻は命じました。
「はい、ミストレス。」
私は返事しました。
「私はこれからはあえて言わないことにします。 言われなくてもやるのよ。 いいかしら?」
「はい、ミストレスキャサリン。」
「仕事を始める前に、パンチと水差し、それにグラスを3つ、プールサイドに持ってきなさい。」
「はい、ミストレスキャサリン。」
私は従順に返事しました。
女性たちは着替えるために妻の部屋へと行きました。そして私は私の仕事にに取りかかりました。
 
こうして私の新しい生活がはじまりました。 なにも驚くようなことはありませんが、私たちは女性支配の道を歩み始めました。でも、私たちは始めたばかりでした。

私はいつか、妻に手記を書くように頼むでしょう。 私は彼女がどんな風に書くかとても楽しみです。
 
 
 
私は実は「契約書」ものが好きです。資産がすべて妻名義になるといった、不公平な関係が文書で確認されるというところに非常に興奮してしまうのです。おかしいでしょうかね。でも、これってすごく危険な感じがして自分でも恐いのです。
妻の女友達の前で、パンティーと首輪だけを着けてひざまずく屈辱もたまりません。
SMではないけどかなり過激なFemDomだなあと思いました。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメントの投稿

非公開コメント

まだ・・な覚悟

 私もこんな生活がおくれたら・・といく度となく思うのですが・・

 以前子供達に手が掛からなくなったら24/7の生活に移行するのが夢と書いたことがありますが、この様な体験談などを読んだりすると本当に怖くなったりします。そんな生活をおくって妻の存在が生活のすべてになったとき、妻への依存度はどれほどのものになるのか?(当然奴隷なのですから100%でなければいけないのでしょうけど・・)本当に虐げられるだけの存在でしかなくなってしまったら?捨てられてしまったら?など不安や恐怖が頭を過るのです。

 当然そうなる前にはいろんな話し合いがもたれて時間をかけてそんな形にしていくのでしょうけど。そのすべてを受け入れる覚悟をしているつもりでも揺らいでくるのでしょうね。

 まあ、まだまだ時間があって実現できるかどうかもわからないお話しですが自分の頭の中ではだんだんリアリティの度合いが強くなってきていて(おそらく願望による錯覚だとおもいますが・・笑)他人事とは思えなくなっています。

 これからも体験談やHOW TOなどの掲載を期待しております。

ミチルさんこんにちは
24/7の生活というのは生半可な覚悟ではできないですよ。何しろ今持っているものをすべてなくしてしまうという覚悟なのですから。自由もなくしてしまうのです。その場でいじめられるのを楽しむのとはわけが違います。覚悟を決めるにしても時間をかけていいと思います。
一応いっておきますが、私はその覚悟はぜんぜんできていません。
あんまり進みすぎないようにしようとも思っているのです。
当分の間はファンタジーの世界にとどめておこうと思っています。
 

お金はちょっと

この話が事実がどうかは知りませんが…
資産がすべて妻名義になるといったものは、いかに両名が納得していても
お金が動いてしまったら犯罪にしかならない気がしますね。
ファンタジーの世界にとどめておくのが賢明だと思います。

名義変更

これだけ世知辛い世の中ですから、結婚して資産の名義変更、離婚なんて、結婚詐欺まがいのことも起こらないとは限りませんね。ただ、犯罪だとしたら、夫の方が告発しなければならないですね。
この体験談はおそらく実話だと思います。こういう体験談はけっこう目にしますね。資産目当てで相手をポイしたとしたら、他のミストレスからの激しい非難にさらされることは間違いないでしょうから。
あと、このレベルのFemDom夫婦では、どっちみちすべて妻が権限すべてを握っているから、名義はどちらのものであっても実質同じようなものでしょう。

このストーリーは好きだわ^^
僕はそんなでも無いけど、奥様は友達が沢山居てよく遊びに外出します、古い付き合いの同級生とか前の勤め先の看護婦さんとか、男性の友達も居るようですがあまり教えてはくれません^^

このストーリーみたいな奥様の友達に僕の性癖をバラされて、今まで見たいなごっこでは無く実生活の隅々まで、心の底からマゾヒストとしての生活をしてみたいなんて時々考えます。
この人と決めた奥様に改めてキビシく躾られるなんて考えるだけで心臓がキュンキュンします。

誓約書を書いて全ての権限を奥様のモノにするなんて簡単です。死ぬ瞬間に奥様に「ありがとう御座いました」って言うから、「よし。逝ってこい」って死ぬ時のお許しを下さいねってそんな事を考えて結婚をしましたの。何もかも元々って言うか結婚するって決めた日から奥様のモノですものアタシの体も含めて・・・^^

妻の友達の前でというのはこの話の一番のポイントですね。
この屈辱は生半可なものではありません。
奴隷としての自分の立場をいやと言うほど思い知らされた事でしょう。
すごく興奮するけど、これはもうふつうの人には戻れないほど徹底的な関係だと思います。

でも、興奮しますね。
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード