FC2ブログ

おもり責め



今回の画像は、男性器におもりをぶら下げて苦しめるというもの。
男性ならでは苦痛です。
上の写真は(わかりにくいですが)ペニスとボール両方をひもで結んでそれにおもりをぶら下げています。
苦しいですがまだいい方です。


we8.jpg

ボールの根元をきゅっと縛られて、それにおもりをかけられるのは本当に厳しい責めです。
ボールが圧迫されて、それはもう苦しいのはご想像がつくかと思います。
これはバケツをぶら下げて、それに水を注がれてるんですね。


we3.jpg

なかなか激しくタトゥーが入っています。
ぶら下げたおもりをゆさゆさ揺らしたりすると、また残酷です。


we2.jpg

おもり責めは一休み、ほっとするのもつかの間、ボールを指でパチンとはじかれる恐怖が待ってます。


we6.jpg

「ああ、助けてください、ゆるしてください・・・」
苦痛はじわじわ、延々と続くのです。



we5.jpg

この責めでは男性の苦痛は本物です。
女性はみんな、苦痛にゆがむ男性の表情を楽しんでますね。
男性が痛がるのを見るのを楽しむ女性にはうってつけの責めです。



we4.jpg

「あら、まだ大丈夫よね。次のいくわよ。」



we1.jpg

椅子をぶら下げてます。
FemDom夫婦の過激な営みという感じですかね。
奥様の怒りに触れたのでしょうか。
必死に謝って許しを乞うほかはないですね。




どうぞ、お手にとって・・



どうぞ、お手にとってご覧ください。
ご自由に扱ってけっこうですので。

女性たちが手にとって品定め。
色、固さ、艶。
でも、結局は、いじめるためのものですから


b01_20161211174524d1c.jpg

毛をきれいにそった男性器を手に取ると、
ほとんどおもちゃです。
女性の頬には思わず笑みが・・・


mi3_201612111745286fb.jpg

みんなでわいわい言いながら引っ張ったりつねったり、
なにをしてもいいんですよ。
男性には拒む権利なんてないんです。


b11.jpg

「ねえ見てくれる?私の夫のコレ。すぐおっ立ててしょうがないから、閉じ込めちゃったのよ。」
「あーら、つらそうね。今日で何日目?」
「ちょうど1週間になるかしら。」
「かわいそうな旦那様。けなげに耐える姿がかわいいわ。」
「まだ大丈夫よね。あなた、そうでしょ?そうよね!」
「・・・・・・はい・・・・」


b06.jpg

奥様の慰みもの。
思うままに手でいじくり回されます。でも、もちろん声はおろか、身動きすることすら許されません。
CFNMは楽し!




クロップで一撃



今回は、クロップ(乗馬鞭)で、男性のシンボル、ペニスをピシッと一撃という画像を集めてみました。
上の画像、叩いている女性が何となくかったるそうなポーズに見えるのは私だけでしょうか。
本気度はイマイチな感じです。
でも、こういうシチュエーションいいですよね。


pc4.jpg

経験のある方はご存じかもしれませんが、クロップでペニスを叩かれるのはなかなかに痛いものです。
クロップはほとんど、「よくしなる棒」ですから。先端は少しいいのですが、ちょっと根元が当たるとかなりの衝撃です。
その威力は長さに比例すると言っていいでしょう。長いクロップをスナップをきかせてピシッと打たれると、思わず「うっ」となってしまいます。

pc1.jpg
この1枚は本当に痛そうです。
ペニスは勃起していても叩かれれば動いて衝撃を逃がします。
でもこれはいわば「まな板の上」状態で、これでピシリとやられると、折れてしまったんではないかと思うほどです。
思わず恐怖を感じてしまいます(笑)


pc3.jpg
これは全然叩いている感じではないですが・・・
もしかして縛り付けて本格的に叩き始めるのかも。
ペニスを叩かれるのは、ボールに比べればまだ耐えやすいです。
でも、男性のシンボルを痛めつけられているという屈辱感でいっぱいになります。


pc2.jpg
縛り付けられて
「なにこれ?縛られてなに大きくしてんのよ!」
と言ってピシピシ攻撃されるのはたまらないです。
たまに狙いが外れて「たま」にくると、思わず悶絶してしまいます。
そんな恐怖心も醍醐味の一つかも。

ランジェリー


ランジェリーは女性のエロチックな魅力を倍加させます。
それはFemDomでも同じこと。
セクシーなランジェリーを身につけた女性は全裸の女性よりも魅力的です。
これは私一人の感覚ではないと思います。
今回はFemDom画像の中から魅力的なランジェリーをいくつか。



tumblr_nj4j9dE6IM1td17rfo1_500.jpg
ガーターベルトはなんでこうセクシーなんでしょうか。
黒でも白でも女性の肢体をより輝かせるのはなんでなんでしょう。
この女性はあんまりミストレスっぽい雰囲気内ですけど、それでも好きです。



tumblr_inline_nr09y5YrEl1r2ociy_500.jpg
何のお写真を取っておいでなのかわからないけど
女性の股間をタイトに包むパンティのラインがすてきです。
個人的にはここのラインは女性の体でももっとも美しいと思っています。

tumblr_inline_nplfgqdROP1r2ociy_500.jpg
これもです。
女性の股間へのこだわりは私のフェティッシュですが



tumblr_nsefgttCOQ1tgqpgco1_1280.jpg
ようやくFemDomっぽいランジェリーが登場しました(笑)
やっぱり黒は引き締まった、攻撃的な感じになっていいですね。
コルセットは、すてきだけど着けてる方にとっては快適ではないでしょう。



tumblr_nhxhhpcOje1u5aoceo1_1280.jpg
すけすけで見えそうなパンティとストッキング
たまらないです。
上から見下ろされる感じもまた好きです。



tumblr_nblik7OvNB1tbr4igo1_500.jpg
いかにもリラックスした姿勢で
スカートをちらりとめくって
「ほら、こっちへおいで。今日もたっぷりとご奉仕するんだよ。
まず、パンティを脱がせて!」
と言われているみたいです。

はい!心を込めてご奉仕いたします。

傑作



ボール蹴りの画像はずいぶんたくさん見ましたが、これはすごいですね。女性の脚が男性の股間を蹴り上げて、男性は悶絶の表情で30センチ近く飛び上がっています。
強烈なキック!



のわけないですね。これは。
男性の固く脚を閉じたポーズが不自然。さらには女性が男性をこんなに飛び上がらせるほどの強烈なキックをするのだったら、たぶん膝を伸ばして左肩をはげしく前に突き出すような形でキックしなければならないでしょう。
これは作ったBB画像ですね。
たぶん、最初に男性が女性の脚を股間に挟んで、
「じゃ、いくよ。」
「いいよ。」
「いち・に・の、さーん!」
で、ピョーンと飛び上がったんでしょうね。
それをカメラさんが連写でパチパチパチ・・・

でも、きれいによく撮れてます。2人の表情もいい。
男性のポーズがおもしろい。
これはこれで傑作だと思います。

椅子


椅子に腰掛けたミストレス画像を集めました。
椅子に堂々と座る、気高く美しきご主人様。
そして、その前で跪く奴隷(またはしもべ)。
絵になるんですよね。

tumblr_inline_nq3bpvXnHi1r2ociy_1280.jpg
身分の違いがはっきりと出るシチュエーションですよね。
軽く足を組んでいて、エレガントな感じがします。
気持ちの通じた主従同士といった雰囲気が気に入ってます。



tumblr_inline_nq1gedrznB1r2ociy_400.jpg
靴をお履かせしているんですかね。
奴隷の足が拘束されているところに注目です。



tumblr_inline_nq00pp2Pbw1r2ociy_500.jpg
贅沢そうな椅子に腰掛けて・・・
カジュアルなスカートにブーツというのがとても魅力的です。



tumblr_inline_nmtlp6MUkb1r2ociy_500.jpg
椅子に腰掛けてなにやら読書?
でも表情がちょっぴり険しかったりして
目の前でおどおどしながら奴隷が跪いている姿が見えるようです。




tumblr_inline_nykw98V9jT1r2ociy_400.jpg
うーん、なんともこれは。ポーズがあまりにもエロっぽくて
ご主人様に何か失礼をしてしまいそうです。
そのときは、情け容赦なくお仕置きしてください!




c2.jpg
奴隷の股間、足で遊ばれちゃってますね。
ご主人様が退屈したら弄ぶおもちゃとしてちょうどいいですね。




c1.jpg
今回お気に入りの1枚です。(他の画像もみんな気に入ってるんですけど)
「こっちいらっしゃい。ちゃんと這って来るのよ。」
そう言って手招きするご主人様の表情がちょっぴりいたずらっぽくて何ともいえずすてきです。
そして、対照的に奴隷のおどおどした表情。
この後どんなことが起こるんだろうって、いろいろに想像してしまいます。

やっぱり、椅子に腰掛けるミストレスは絵になりますね。

睡眠環境


よく、体験談の中で「24/7の契約書にサインをしたら、ベッドでなく、床で眠らされる」というのがあります。
こんなことやって何が楽しいの?という向きもあるかと思います。
床で眠る、これは全くの犬扱い。2人の立場が全然違うんだということを思い知らされる行為ですね。
実際、すごく卑屈な気持ちになると思います。


Femdom-Bed-01.jpg

実際、犬の気持ちになると思います。女性の側も、自然に見下す態度になっちゃう気がします。お互い対等な意識はすっかりなくなっちゃうでしょうね。




Femdom-Bed-02.jpg

夏はいいけど、冬はちょっとつらいな。これは。貞操器具を着けられて鎖でつながれてると完璧ですね。







s4_2016073007222925c.jpg
一応お情けで薄い布団はあてがわれてますが・・・


私はやったことはないです。
痛みは伴わないけど、心理的効果は絶大でしょうね。



目力


久々の画像特集です。
女性の「目力」に注目しました。
今回の画像は、みな怒った表情をしているわけではありません。
それでも男を威圧し、従わせる強さを持っているのです。
上の画像は、かわいらしいピンクのランジェリー、だけどその視線は刺すような厳しさを持っています。
このコントラストが魅力的。

tumblr_ns3ydptrxG1uywkzno1_1280.jpg
ちょっぴりほほえんでますね。でも、目の奥の強さがにじみ出てるでしょ。
むちっとした太ももにクラクラきてしまいます(笑)




tumblr_nkd2qrnbTD1tviqyqo1_500.jpg
これもいいですね。全然こわくないんだけど、射すくめるような強さがあります。支配の手は緩めない、妥協はしないみたいな緊張感を感じます。



tumblr_nox4xq0tDh1r5fu8eo1_540.jpg
これは、はっきり言ってこわいです。顔の骨格のがっちりしたこと。目がつり上がって鋭くて、これだけでもこわいです。
よく見ると、なかなかセクシーなお洋服ですね。



tumblr_inline_npxbhdwg9Y1r2ociy_500.jpg
今回、この画像がマイフェバリットかな。スポーツウーマンらしい体格の良さ、
かすかに微笑んでいるけど、これは完全に男を手のひらの上で弄んでいる余裕の笑みですね。
この人の目は鋭くないのに強いです。これが好きな理由かな。
ポーズはちょっとわざとらしい気もするけど・・・



リラックス



私はどちらかというと、目をつり上げて怒っているミストレスよりも、笑っているミストレスが好きです。
FemDomプレイでは緊張感もまたいいものですが、支配者たるミストレスには余裕を持っていてほしいです。
責められる側が余裕を持っているのはちょっと興ざめですが。
今回は、そんな余裕の表情の、リラックスしたミストレスの画像ばかりを集めました。




r2.jpg

無邪気にCBTを楽しんでいるミストレス。いかにも楽しげです。顔の見えない男性の方は、鞭が飛ぶたびに悶絶ものでしょう。あくまで想像ですが。このコントラストがたまらない。




r3.jpg

「ほーら、早くこっちへ来てご奉仕するんだよ。おまえはなめ犬だからね。いい子でなめるんだよ。」
ミストレスには羞恥は不要ですね。この格好は支配者然としていて攻撃的なエロチックさがあります。






r4.jpg

やや年配のミストレスですが、パートナーの股間をつかんでいかにもリラックスした表情。男性の方が年下のように見えますが、どんな表情なのか、ちょっと興味深いです。





b95.jpg

実際の夫婦の家庭での1場面みたいな画像です。(実際はどうだか知りませんが)
夫(?)の方もすご~くしあわせそうに見えますね。
毎日が楽しいでしょうね!


レズビアン



cuckoldいわゆる「寝取られ」は個人的には好きになれません。FemDomの世界では結構人気のあるプレイで、妻がほかの男とセックスするのを指をくわえて見ていなければならないという屈辱に燃えるという男性がかなりいるようです。しかしながら私は関係に別な男が入ってくるともう褪めてしまうのです。自分を支配するミストレスが他の男に「やられる」立場になってしまうのにすごくしらけてしまうのです。自分の中で「女性優位/男性劣位」という図式が崩れてしまうのもいやなのです。まあ、個人的なこだわりですね。
そんな私ですが、ミストレスが他の男性でなく、女性と愛し合うのを見せつけられるのはちょっと興奮します。
妻のレズビアンの愛人が来た日は、裸で給仕するよう命令されたりするのもゾクゾクしますね。

上の画像は、ベッドに縛り付けられて、盛り上がっていく2人を見ています。2人は無力な男性に見せつけるかのように盛り上がっていきます。このアングルで見るとど迫力でしょうね。興奮すると思います。


index.jpg

貞操器具を着けられてしまうと、惨めさが際立ちます。興奮すると男性器官が膨らんできて、苦しい思いをすることになります。それを知っていてわざと見せつける女性たち・・・




tumblr_nawakzWRDB1rkwiyzo1_1280.jpg

女性たちは愛し合いながら、惨めな男性に声をかけます。
「ほーら、目をそむけないでよーく見なさい。あーん、こんなに濡れ濡れだわ。」
「あら、大きくしちゃって、窮屈でかわいそうね~」
「かわいそう。男はつらいわよね!」
興奮するほどに惨めさも際立ってきます。



tumblr_n1ij6smqv71sc9e8zo3_500.jpg

うつぶせに縛られた男性。女性2人はこれからお楽しみ。
でも、2人で楽しむのにこの惨めな男性をセックストイとして使うのもまた一興かも。1人は舌で奉仕させて、もう一人はストラップオンディルドーで責めたりして。
夜は長いし時間はたっぷりありますから・・・
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード