FC2ブログ

FLRの進化プロセス


2ヶ月ぶりです。
今、私の個人的関心は、どちらかというとFemDomというよりもFLR(Female Led Relationship・女性主導の関係)に向いています。現実の夫婦/カップルでのFemDomということを考えると、寝室での現実とは割り切ったプレイか、またはお互いの人間関係の中でのD/s関係かどちらかに分かれていくように思えます。私は後者というわけです。
現実に男をいじめて性的満足を得るサディスティックな女性などきわめてまれですから、前者は男のファンタジーに奥さんが付き合うという形になる場合が多いのではないかと思います。こういう面で柔軟な女性は多いですから。後者の場合は「女性の側が利益を得て満足する」ということを前面に出して両者が関係の中で満足を得るということを目指します。(もちろん性的な要素も含んでいます!)
まあ、これがFLRですね。
日本でもこういう情報がもっとあって欲しいのですが、まあ、皆無に近いのが実情です。
というわけで、こういったものを少し取り上げてみたいと思います。


あなたの支配を高める/彼の服従を強める

私が私たちのFLRを始めて以来、年々結婚生活における支配と「力」を得ていくことは私にとってなんとも魅力的なものでした。 カップルが FLR に乗り出すとき、それはスイッチを切り替えることほど単純ではありません。そしてすべてが変化します。 それぞれが変化して、そしてふさわしい力の均衡とコントロールを見つけ出すために努力する道のりです。 さまざまな力のバランスがあります。ふさわしいバランスはそれぞれのカップルで異なります。そして、私もまた長い間にふさわしいバランスを見いだしました。

FLR を試みる以前に、トーマスと私は何年もの間結婚していました。 その数年は、私たちの結婚は明らかに同等の結婚でした。 私たちのいずれも結婚生活で相手よりも支配的ではありませんでした。 トーマスは FLR 概念を私に紹介しました。 最初それは私にとって楽しいファンタジープレイでした。 トーマスはおそらく私よりも真剣でした。

その時点では、私はそれがただのファンタジープレイにすぎないと思っていたので、力関係の変化は何も感じませんでした。 しかしながら、1・2年後には、変わっていました。 ファンタジープレイは本物の何かに発展しました。 私はトーマスに対して明確な期待(要求)を感じていました。そして、もし彼がそれを満たさなかったなら、あるいはもし彼が私に服従しなかったなら、彼のために結果がありました。 ある日、トーマスは私に、私の彼への支配が本物であると感じること、そして彼が私たちの関係が同等でないと感じることを告白しました。 この告白は奇妙に聞こえましたが、しかし、彼が言っていることは正しかったです。 私は明らかに関係でリードをとって、そして彼の上に力を持っていました。 それはものすごい力ではありませんでした。しかしそれは力でした。 私はそれはだいたい60/40の力関係だったと思います。

もしそれがトーマスの裁量で決めたのなら、もっと私は大きな力を握っていたに違いありません。しかし私はまだそれを得る準備ができていませんでした。 しかしながら、長い間に私はリーダーとして成長して、そして私の支配に自信を持つようになりました。彼への私の期待(要求)はさらに大きくなりました、そして彼への私の影響は増大しました。 私に仕えて、そして喜ばせたいという彼の願望も増大しました。 意志決定で私の言葉は最終決定になりました。そして彼には何でも私に許可を得るようにさせていきました。力関係は、60/40から 、65/35になり、さらに今ではもっと高くなっています。数はまあ適当です。しかし重要なのは彼の上に及ぼす私の力が年々強くなっていったということです。 同じく彼のサブミッシブ願望はもっと強いです。そして私に仕えて、従って、そして喜ばせたいという彼の願望は私たちが最初にFLR を始めたときよりずっと大きくなっているのです。 私たち二人ともエキサイティングな変化を感じているというのは、なんとすてきな進歩なのでしょう。最初の頃は、力関係を模索する中で多くを学び、試行錯誤と対立さえありました。 しかしながら、ある時点で私たちは自然に関係を進展させていくようになりました。おそらく力関係が65/35になったあたりで、パワーエクスチェンジ(支配/服従の力関係)それ自体が、自然な形で成長していったように感じます。もしかしたら、それは私の新しい指導的な役割への自信と快適さによるものなのかもしれません。または、トーマスが私をよく知り、私に仕え、満足させることになれてきたことで、彼のサブミッションも進化したのかもしれません。

私たちの力関係を作ったものには多くの要因があります。 最も影響力を持った要因は、私が彼のオルガスムのコントロールをしたことです。 男性たちはほぼ毎日セックスについて考えます。だからあなたが彼らのセックスのコントロールをとると、あなたは彼らの関心の中心になります。 彼らがオルガスムを得るためにあなたを満足させなければならないことを知っているとき、あなたは彼らの上に及ぼす無条件の力を得るのです。 もう1つ影響力を持った要因が罰と訓練でした。 あなたが男を罰するとき、彼は彼の(望ましくない)行動と不服従がもたらす現実の結果があることを知ります。 彼が罰を受け入れるとき、彼は彼の上にあなたの権威を認めています。 この効果は信じられないほど強力です。 私が自分の意志でトーマスを罰した最初のとき、彼に途方もなく大きい心理上の影響を与えました。 彼が私の権威と力の下にある自分の地位と立場を思い知ったのです。
通常の(プレーとしての)お仕置きセッションもまた、私の権威を増大させました。 これは最初愚かに思われたファンタジープレーの中のひとつでした。しかしながら、何度かのセッションの後に、それらは次第に真剣なものになってきました。私はその週期待することをトーマスのために準備して、そして前の週からの彼のパフォーマンスを検討するためにこのセッションを使いました。 セッションの間、彼はサブミッシブポジションを取りました。私の前にひざまずくか、私のひざの上にうつぶせに乗るか、あるいは両手足をついてかがむかです。 私のお仕置きセッションはさほど彼を打ち据えることをしません。私は乗馬鞭を使います。しかしスパンキングよりも、主に話をします。スパンキングはただ私のポイントを強調、強化すること、そして私の権威を強調することです。 普通にこれを繰り返すことで、私たちは、私たちの支配/服従の結びつきをより強いものにしました。 私が彼を懲戒するほど、それだけ彼はいっそう素直で従順になりました。

この数年間、それ以外の2人の間のやりとりや行動が、微妙に私の側に力関係を傾けてきたのはたしかです。でも、オルガスムコントロールと罰とお仕置きセッションが最も影響力を及ぼしたのはたしかです。 今、私たちの関係の進化を振り返ってみます。 Iはどうなっていくのかあまり先のことは考えずにやってきました。  でも今の私たちにもたらされたものはとても魅力的ですてきです。 私の夫はごく自然に私の決定を待ち望みます。私は彼に何を求め、何を命ずるか、そして期待に応えられないとき彼にどう罰を与えるか、悩むことなく決定できます。 私は2人が50/50の関係であったことを想像することさえできません。


「さまざまな力のバランスがあります。ふさわしいバランスはそれぞれのカップルで異なります。」
この部分はまさにそうですね。
tumblr_mok1g9mCea1qgnjaoo1_1280.jpg

ランジェリー



今回は、ミストレスに身につけてほしいなって感じるようなセクシーなランジェリーを集めました。
ランジェリーですので、今回はボンテージは除外です。
すてきなランジェリーはやっぱり女性の魅力を引き立てるものです。

tumblr_niun5parF91r08l9jo1_500.jpg

tumblr_mzmf6bqNuM1r5fu8eo1_1280.jpg

やはりこうして見てみると、ボンテージに比べて攻撃的な雰囲気は減りますね。
女性にはこういう雰囲気の方が入りやすいでしょうね。

f69581edb09bf0d0e9f845b4b36e2623.jpg

f3e6a633528b8072fbb1d9beb18a517c.jpg
今回、これがベストワンかな。
エロっぽくてFemDom感もたっぷり。
どこで売ってるんでしょ!



ほほえみ

今年も終わり 皆さん、よいお年を~

新年です
今年もよろしく~

てなことで、
何の脈絡もなく、見ていて癒やされるような
ほほえみの画像を集めました。

ほのぼのしてていいですよね。

tumblr_o4ab018zYx1rmnuu1o1_540.jpg


tumblr_inline_n6sqbag13x1r2ociy.jpg


tumblr_mlqpivdhRd1rdg3wno2_540.jpg


0016.jpg


tumblr_nq8jnuQS0R1usx3uao1_1280.jpg

やっぱり女性のほほえみはいいなあ

昔の思い出(4) ウイスキー



昔のSM雑誌の記事を思い出す取り組み、今回はストーリーはほとんど覚えていないのだけれど、一場面のみ。

ある男性が妖しい女性に誘惑されます。女性は男性を虜にし、自分のペースで男性をぐいぐいリードして、そのままホテルへ。そして2人は全裸になって、ベッドインしても女性が主導権を握っています。女性のリードに身を任せる男性に、女性は言います。
「ちょっとお酒飲もうかしら。あなたのここ(男性自身をなでながら)にも飲ませてあげるわ。」
女性はコンドームの精子溜りの部分に溜まる程度にウイスキーを垂らすと、先端をひねって、そのコンドームを男性のペニスにかぶせました。
そして、先端部分のひねりを解いていきました。
とたんにウイスキーは流れ出し、ペニスの先端を浸します。
ウイスキーにさらされた男性器の先端の粘膜部分に焼けるような痛みが走ります。
女性はのたうつ男性を押さえつけて、コンドームに包まれた男性器の先端をもみほぐしていきます。否応なしに先端の割れ目からウイスキーは男性の体内に侵入してきます。
ペニスの内側も熱く燃えるようです。
体内に吸収されたアルコールに、男性はいつしか酔ってふらふらとしてきました・・・

この場面だけしか覚えていません。
当時大学生(?)だったわたしは、早速自分で実験してみました。
父のウイスキーをこっそり借りて、コンドームにちょっぴり注ぎ、ひねってそれを自分のものに着けてみました。
どんな痛みなんだろう、耐えられないくらいの痛みだったらどうしようかと不安を抱えながら、先端のひねりを解いてみました。

おや?
なんにも起こらない。

全くの肩すかしでした。
ウイスキー程度ではなんにも起こりません。全然痛くもないし、もちろん酔っ払いもしません。少々のアルコールでは刺激にならないことを知りました。
この作者、試さないで想像で書いたんじゃないかな?

cl13_20171119201528755.jpg

昔の思い出(3)



昔のSM雑誌に載っていた作品を思い出すシリーズ第3弾です。懐かしい気がしていましたが、いざ思い出して書こうという段になると、けっこう思い出せないものですね。作品中の場面は覚えているのですが、ストーリーとしてかけるほど覚えていないものがほとんどです。
今回のは、外国の作品の翻訳物です。掲載された雑誌は覚えていません。M専門誌ではなかったのはたしかです。絵物語のようなもので、挿絵はBill Word氏だった記憶があります。

サディスティックな女主人(マダム)は、メイド、モニカをことあるごとに折檻します。モニカはマゾで、鞭打たれ、涙を流しながら濡らしてしまうのです。
ある日、マダムはセクシーなボンデージ姿でモニカを鞭打っていると、近所の店の青年が、御用聞きに来ようとしているのを発見します。
「あの生意気な坊やは懲らしめてやらないといけないわ。」
「あらマダム、なんでですの。」
「だってあいつは、股間に詰め物にして自分のイチモツを大きく見せているのよ。」
まもなく青年は呼び鈴を押し、ドアが開くと唖然としてしまいました。
そこには黒革のボンデージ姿のマダムが立っていたのでした。しかも、マダムはパンティを穿いていないのです。
「何を突っ立ってるのよ。わたしに風邪を引かせるつもりなの?用があるならさっさと入りなさい。」
訳がわからないまま中に導かれた青年は、モニカの手によって全裸にされ、いつしか拘束されていました。そして、マダムによって鞭打たれ、あえぎながら許しを請うのでした。しかし、同時に妖しい快感に魅了されていくのでした。
ほどなくして青年は拘束を解かれました。
「これからこの子をどうしてやろうかね。」
「マダム、かわいい女の子にしちゃったらどうですか」
すっかり抵抗する気力をなくしてしまった青年は、モニカにされるがままメイドの衣装を着せられていきます。そして、パンティに包まれた股間のものはすっかり大きくなってしまっています。
「あら、よくお似合いだね。でも、この股間のエッフェル塔みたいなのが女の子には邪魔だね。」
「だったら去勢しちゃいましょうか。」
2人は目を見合わせて笑う。
そして、手足を縛られた青年の股間にムチが1発。
モニカが思わず男性の膨らみを覆うパンティをさすります。
「まあ、かわいそう。痛いでしょうね。」
マダムはキッと眉をつり上げ、
「モニカ、わたしがやることが気に入らないのかい。おまえも鞭打ってやる。」
今度はモニカが厳しい鞭を受けるのでした・・・


この話では、青年が全裸にされて、女装させられてしまうところに興奮したのを覚えています。要するにF/m、F/f 両刀使いということですね。
当時は貴重なマゾストーリーでした。挿絵は、自信がないですが、もしかしたらBill Word氏ではなかったかもしれません。
tumblr_nqhwlv1Daw1qhy87do1_500.jpg

昔の思い出(2)



今回ご紹介するのは
 「ミッチとマコのハンティングレポート」という題だったと思います。その辺はっきり覚えてないので、間違っていたらご容赦を。
1975年か76年あたりの作品だったと思います。



 レズビアンのカップルミッチとマコはともにサディストでもある。2人は同居している。
 ある日、マコは町で1人の男にハントされ、そのまま2人でホテルへ。しかしそこでマコは風呂場で男をだまして後ろ手に手錠をはめてしまう。そして男の体を弄び、責める。さらに股間のものを潰すと脅かしながら、肛門にホースを突っ込み、熱いお湯を流し込む。男はマコにさんざんにいたぶられ、放心状態になり、解放される。

 しばらくたったある日、マコが1人でいるとき、あのときの男がやってきた。あの男と恋人も一緒だった。あっという間に部屋に押し入ると、マコを押さえつけ、縛り上げてしまった。恋人と2人でマコに復讐しようというわけである。
 その時、ミッチが帰ってきた。部屋の中のただならぬ様子に気づき、こっそりと部屋に忍び込むと、男の恋人を後ろから押さえつけ、刃物を突きつけた。形勢逆転、今度は逆に男と恋人が縛られる羽目になった。
 縛り上げた2人を見ながら、ミッチとマコはこの2人をどういたぶってやるかを思案する。そして、男を「サンドイッチ」にすることに決めた。
 まず2人を全裸にする。恋人を四つん這いにさせ、その後ろから男のペニスを挿入させる。そして、その後ろからペニスバンドを着けたミッチが、男のアナルを犯すのである。男の後ろからミッチがズンズンと突くと、それに押されて男も前の恋人を突く。ミッチの動きに合わせて男と恋人2人のあえぎ声が響き渡る。ミッチとマコは終始大笑いだった。
 さんざんおもちゃにされた男はすっかりアナルを犯される快感に目覚めてしまい、最後には2人に「ありがとうございました」と言って帰って行った・・・


だいたいこんな内容だったと思います。SMでアナルへの挿入というのをこれで初めて知ったように思います。当時のわたしにはずいぶん刺激が強かったと思います。(笑)
別冊問題SM小説に連載していたシリーズものだと思うのですが、このシリーズはこの1作しか覚えていません。

fm28.jpg

昔の思い出(1)



少し昔の話を思い出して書いてみたくなりました。
昔、高校時代頃、エロ本は秘密のものでしたが、友達の間では、公然としたものでした。エロ本の回し読みとか、交換なんかはよくやっていました。当時は、ヘアが出てるだけでも大騒ぎでした。今考えるとかわいいもんです。
そんな中で、SM雑誌も、こっそり友達の中では出回っていました。しかし、当時は男はSが当然で、男Mものは少なく、数少ないそれに興奮してしまう自分は、誰に対しても絶対の秘密でした。だから、あまりはやってない古本屋でMものが載っているのを探しては、こっそり買ってきて家で大事に読みました。SM雑誌の中では、男Mものの小説、グラビアは、男Sものに比べて5:1か6:1ぐらいの割合、きわめて少数でした。
そのうち、「別冊問題SM小説」なんていう男M専門誌が出て、状況は良くなりましたが、書店で買うのにものすごく勇気がいりました。
そんな昔読んだ中で覚えている小説を、記憶を頼りにあらすじだけでも書き出してみようと思います。

未亡人の罠
ある若い男性が、アパートに越してきました。そのアパートの大家さんは、30代の女性、まだ女盛りの未亡人、若後家です。
その女性は、越してきた男性が気に入り、盛んに色仕掛けで迫りますが、男性は、まるでなびく様子がありません。かえってうっとうしがり、避けてしまいます。大家さんの未亡人は、自分の女の魅力にぜんぜん興味を示さない、この若い男をいぶかしがります。
実はこの男、Mで、自分に身をゆだねて甘えてくるこの未亡人のような女性には全く魅力を感じないたちだったのです。
この男は、SMクラブに通い出します。女王様に縛られ、鞭打たれることに激しく興奮してしまうのでした。
ある日、男はいつものようにSMクラブに行き、アイマスクをした女王様に縛られ、鞭打たれていました。
そのとき女王様は、男を磔台に縛ったまま部屋を出ていきました。そして、程なく女王様は戻ってきて、また鞭を振るい出しました。
男は、「ちょっと何かが変わった」ような気がしました。
女王様は、男を仰向けにすると、顔の上にまたがり、なおも全身にむち打ちを加えました。そして、パンティを脱ぐと、顔面騎乗し、ご奉仕を命じたのでした。
男は懸命に舌を使い、ご奉仕しました。そして、女王様は、快感に思わず歓びの声を上げました。
おや?この声はどこかで聞き覚えがある・・・
そのとき、女王様がアイマスクを取りました。
そこには、あの未亡人の顔がありました。
「あなたはこういう趣味があったのね。もう私のものよ。」
なおも激しく腰を押しつけてくる未亡人の体の下で、男は必死に舌を動かします。
そして、
「ああ、自分は罠にはまったんだ・・蝶が蜘蛛の巣にかかるように」
ということを悟ります。

内容はハッピーエンド、きわめて穏やかなものです。たしか、ページごとの挿絵付きの短いものだったと記憶しています。
ただ、どちらかといえば暗い内容のものが多かったような気がします。

なお、画像もオールドタイミーなものを選んで使ってみました。
cl2.jpg

目力


今回は「目がこわい!」ミストレス。
目は人間の顔の中でも最も感情を外に表現するパーツ。
目からビームのように攻撃性が照射されている女性たちの画像集です。
上の女性、無言の攻撃性がひしひしときます。
「あの、何かお気に障ることが・・・・」(ビクビク)



tumblr_lzavgsN84s1r7jcmio1_1280.png

おしり、かなりひどく叩かれてます。めっちゃ痛そうです。
でも、全然ご主人様の怒りは収まってないみたいです。
キッとにらみつける目にギュッと結んだ口許。
それにケインをグイーッとねじ曲げて・・・
まだまだこれから激しくやられるんですね。



4-5.jpg

この女性の目つきは、まるで女戦士みたいです。
ワイルドな攻撃性があふれ出ています。
(ところでこの前賭けみたいなのなんでしょう?)
「こいつ、最近少し生意気だわ!」
全身打たれた痕だらけのこの男性、うつむいて反省しているのでしょうか。



kachIMG_0001.jpg

奴隷にまたがり、カメラ目線のミストレス。
支配者としての自信に満ちあふれています。
屈辱に耐えるかのように目をつぶる奴隷の表情との
見事なコントラストが印象的です。



tumblr_msgoj281mg1rihmklo1_1280.jpg

ごく日常っぽい雰囲気を持った1枚。
普通の仲むつまじいご夫婦が、夜2人だけになると、
こんな関係だったりして。
この女性、怒ったり興奮したりしてるわけじゃないのですが
何か瞳に残虐性を感じさせます。
平然とした表情で血まみれになるまで鞭打つとか・・・

sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード