FC2ブログ

2人のゲーム



あるブログから、
女性主導の関係で仲良くやっている夫婦の、マンネリにならないアイディアです。
参考になりますね!



私たちがプレーするゲーム

どんな関係でも、問題になるのは、それがしばらくすると単調になってしまうということです。FLR について同じことがいえます。しばらくはいいのですが、、次第に退屈になってしまうでしょう。カップルはスパイスを失って、そして結婚と呼ばれる奇妙な仕掛けで閉じ込められてしまうように感じます。
私は初めに Adi に、もし私たちがそのようなことになるなら、私たちはそれぞれ我が道を行くようになるだろうと言いました。私たちはまだ先が長いです。でも私たちはいいスタートを切れたと思っています。結婚生活を楽しいものにし続ける一つの方法として、寝室でのゲームを楽しんでいます。それは寝室の外での関係をも新鮮なものにしてくれます。

することはきわめて単純です。
ゲームは私に有利になっています・・
だいたいは私が勝ちます・・・。 まあだいたいですが・・・
いくつか紹介します。

ゲーム1:私はリビングルームに私のすべてのくつを投げて、そして Adi に目隠しをします。
Adi は5分間で同じ靴のそろいを探し回って、そしてそれを組み合わせる必要があります。
もし彼がすべてをマッチさせたなら、彼はイクことができます。
けれどもそれは一度もうまくいったことがありません。
もし彼が失敗したなら、私は彼の罰を決めます。
私は彼にその日の終わりまで、飲み物を私のハイヒールから飲ませました。彼は私のパンプスをタンブラーとして使って飲まねばならないのです。
スコアは8-0(私-Adi)です

ゲーム2:私は彼の手を後ろ手に結びます。 私はそれからロリポップキャンディをなめ始めます。
私がロリポップをなめ終える前に、 Adi は私にオルガスムにもたらす必要があります。 彼がうまくそれを成功させるなら、彼は自分が次にいつイかせてもらうか決めることができます。
もし彼がそれに失敗したなら、私が彼のイク日を決めます。
私はこれを彼にとって困難なものにします。私はうつぶせに横になり、彼は後ろから私を刺激しなければなりません。
今までに彼は2回それに成功したことがあります。私はゲームであることを忘れてしまったのです。そしてジュースが流れ出してしまっていたのです。
まだスコアは5-2です。

ゲーム3:課題に挑戦
私は Adi に挑戦すべき単純な挑戦を与えます。 まあそれらは単純です。
Adi は制限時間の間にそれを行わなければなりません。
例:私は私の穿いていたパンティーを彼のラップトップのバッグに入れておきます。
彼はそれを身につけて仕事から帰ります。そして私の前でそれを脱いで口に含み、5分間私の前で自慰をし続けなければなりません。イクことなしに。
もし彼がこれらの挑戦に成功するなら、彼は20分間、私の胸を愛撫することが許されます。
スコア:2-3。
彼はこれを無事やり遂げました。私はちょっと課題を難しくする必要があります。 いいアイディアはないですか?

ゲーム4:引っかける。 何度もやった単純なゲーム。 私は Adi に、私のために30分間勃起させ続ける必要があると言います。 私は彼を裸にして、そして彼に勃起させるよう言います。彼はすぐに勃起させます。
私はそれからタイマーをスタートして、そして彼の勃起に私のパンティーの1枚を掛けます。
もしパンティーが落ちたら、彼は負けです。 私は非常に無関心を装って、そして彼を退屈させるために私のオフィスについての話をし始めようとします。
もし彼が勝ったら、彼はその時に私とセックスすることができます。(なぜかそうなると勃起は萎えてしまいますが。)
もし彼が負けたなら、彼が1回のオルガスムを求める前に私に10回オルガスムをもたらさねばなりません。
スコア10-8

ゲーム5:cc:私たちは二人とも裸になります。そして私は Adi のコックにコンドームをかぶせ、そして Adi に handjob を与え始めます。 もし彼が2分間我慢することができたら、彼はあとで現金に換えられる「ワンポイント」を獲得します。 もし彼が負けたなら、私はコンドームとと出したものをそのまま氷トレーに入れ、凍らせます。私はそれから 彼の飲み物に、この凍ったものを入れて飲ませます。あるいはその凍ったものを直接口に入れてしゃぶらせるかもしれません。 私はそれを CUM CUBE(CC)と呼びます
スコア12-1

ゲーム6:沈黙:私は土曜日に Adi に、今日は彼の沈黙の日であること、そして、私が彼に問いかけたときでさえ一切しゃべってはいけないことを告げます。彼は、彼の携帯電話の文字で答えなければなりません。もし彼がしゃべってしまったなら、私は彼の口につばを垂らし、彼はそれを飲み込まなければなりません。 もし彼が何も言わないで1日過ごせたら、彼は次の日曜日、完全に何をしてもいい自由を与えられます。
スコア:4-1。
(私たちが初めてそれをプレーしたとき、私は彼の口に少なくとも6回つばを垂らしました。)

ゲーム7:レスリング
私たちが何度も寝室でプレーする単純なゲーム。
私たちは裸になります、そして私たちはレスリングをします。 相手を押さえつけた方が勝ちです。
けれどもここにわながあります。私は2人が対等になるため(あるいは私が有利になるため)に決まりごとを作ります。
一度私は彼に目隠しをしたことがあります。彼は私がどこにいるのか探しました。私は、彼の乳首をつねったり、彼のボールを引っぱったりして楽しみました。
時々私は彼の手を後ろ手に縛ります。彼は私の手の中の粘土のようなものです。そして彼にいろいろな格好をさせることができます。一度は、彼にまたがって彼のボールを私の手で握りながら私の尻にキスさせたことがあります。
時たま私はフェアにプレーします。そして私たちはエキサイティングな格闘をします。
私が時折、彼がうたた寝しているところを不意打ちするので、Adi はいつも用心しています。
もし Adi が勝ったなら、彼は30分間私のプッシーを触っていることができます。
もし彼が負けたなら、私は彼の尻に指を侵入させることでしょう。
スコア(4-2)

mfow1309_20170121182434a83.jpg



ゲーム3は、おそらく自慰するのを妨害したり、手を添えて一緒に刺激したりしているのでしょうね。そうでないと課題が簡単すぎるし、それに何より面白くないです。その気になれば女性の方が一方的に勝つこともできると思うのですが、きっと勝ったり負けたりを楽しんでいるのだと思います。
それにしても「C.C」だけは徹底的に勝ってます。この罰が気に入ってるのかな。
個人的には、「引っかける」「C.C」と、「レスリング」が好きですね。
こんな風にやると、FemDom結婚生活は楽しくなりますね。
要するに、やっぱり工夫なんだな。
※よくわからない部分があったので一部カットしています。悪しからず。

いろいろな形が・・


FemDomカップルは、ただ寝室の中だけプレイをしているだけではうまくいかないといったことをいっている体験談が多いです。その中で、ちょっと逆の体験を語っているものがあったので訳してみました。
これはQ&Aですが、ほとんど体験談のような形です。

Q. ハロー、サットン女史:私はあなたのサイトが好きです。 私はすべてのサブミッシブな男性たちに、たとえ過激なS&Mライフスタイルを実践しなくとも幸せになれるということを知らせたいと思い、これを書いています。 私は33歳の専門技術者で結婚しています。私の妻は私より5歳年下ですが、家では私よりもはるかに偉そうです。

私たちは過激なS&Mライフスタイルを実践しているわけではありませんが、私たちの性生活は、S&Mカップルのそれをまねています。 私は私の妻に、彼女が望むときならいつでも、彼女がもういいと思うまで口唇による奉仕をします。(これは通常、深夜シャワーを浴びた後に行われます) 彼女は私の顔の上に乗ります。そして私たちは前後に動いてオーラルセックスから挿入によるセックスを、彼女がクライマックスに達するまで3,4回繰り返します。 挿入ではほとんどいつも彼女は女性上位を好みます。彼女は4年前に私にオーラルセックスを行なうのをやめました。そして、私は彼女がいない場所ではもう自慰をしません。 私がクライマックスに達する前に、私は常に彼女に許可を求めます。 時々私は彼女の脚に(ペニスを)こすりつけることによってクライマックスにいきます。(彼女の許可を得て) 彼女は私を四つんばいにして、後ろから私の尻に腰をぐいぐい押しつけて、セックスのシミュレーションをします。 私たちは非常に健全な性生活を送っています。

私たちは彼女の気分に従ってセックスを持っています。1週間に1度の時もあれば、1週間に5回もすることがあります。私はほとんど毎日セックスをしたいと望んでいます。 だから1週間に(普通は)3-4日、一種のオルガスム否認状態にあります。

寝室の外で私たちはバニラな生活を送ります。 私は最大の敬意を抱いて彼女を扱います。そして彼女も同様に敬意を抱いて私を扱います。 私は家の家事仕事の大部分をして、バスルームをきれいにして、皿、洗濯物、すべての庭の仕事とたいていの使い(銀行、郵便局、食料雑貨店などに行く)をします。 私はすべての家計を管理します、そして彼女は時々彼女自身のために買い物をするでしょう。もし彼女が幸せであるなら、これは私を幸せにします。 しばしば私は全裸で家事をするよう促されます。そしてよく勃起しっぱなしになります。彼女はただ笑っています。

私たちの友人たちと家族に対しては、私たちは通常の標準的なカップルです。そして私たちは二人ともそう思われるようにしています。彼女がそうであるように、私もとても幸せです。 私たちは(結婚以前も含めて)10年間一緒に生活してきました。

私はこのサイトに投稿しているどんな人の生活スタイルも批判するつもりはありません。 私はただ知ってもらいたいのです。カップルがSMを寝室の中だけのプライベートなものにとどめていても、幸せに満たされる関係になり得ることを。

11_201701082311112a6.jpg


A とてもよくわかります。 たいていの FemDom カップルは、彼らの性生活を秘密つにしており、家族や友人に知らせることはしないものです。 世界中でほとんどのFemDom カップルは、バニラのカップルとほとんど見分けがつかないくらいです。ただ、女性がより自分に自信を持ち、彼女の夫によって大事に扱われているという以外は。印刷物やインターネット上にあるような淫靡な行為や激しい行為が、FemDomのファンタジーの中にはあります。しかしながら、たいていの FemDom カップルは、ほとんどの時間、現実的な環境の中で彼らの仕事をし、家族と共にあり、趣味を楽しむのです。 あくまで秘密のままにしておくこと、それは素晴らしいことなのです。 それを見せびらかして迫害されることがわかっているならわざわざそのライフスタイルを公にするのは賢明ではありません。

でも私は、秘密の中でもFemDomな関係を持っていることは、必ずや寝室の外にもいい影響を及ぼしていると信じています。 寝室で彼の妻に服従する男性は、ふつう寝室の外でも彼女のニーズにより親切に応じることでしょう。必要にいっそう親切でしょう。それは周りからも気づかれるはずです。周りの人たちは何がそうさせるのかはわからないでしょうけど、それでもその違いには気づくでしょう。もう一度あなたに感謝します。すばらしい気づきとそれを知らせてくれたことに。

hj2.jpg

24/7というのは相当しんどいものです。いろいろな意味で。このカップルは24/7は意識しないでやっているというわけです。でも、夫はほとんどの家事負担はしているんですね。この辺はやはり避けて通れないのでしょうかね。
ベッドの中ではドミナとスレイブ、普段は普通の妻と夫、こんな関係でも矛盾なくやれているというのはちょっと元気づけられる思いがします。

Man Hunt

Slave-Hunt-07.jpg

「人間狩り」ではなく、「男狩り」と訳してください。
どこか広い私有地で、裸にされた男たちが放されて、それを数人の貴婦人たちが馬に乗って追いかける・・なんてファンタジー、ちょっと興奮しちゃいますね。狩られる側になって逃げ回り、捕まってしまう、そんなシチュエーションにあこがれる人も多いのではないでしょうか。


Slave-Hunt-12.jpg

捕まってしまいました。早速その場でムチに打たれるんでしょうか。



Slave-Hunt-16.jpg

捕まった獲物として檻に入れられてしまいました。映画「猿の惑星」の場面を思い出しますね。




hu1.jpg

縛られた男のロープを引く女性
「私が捕まえた獲物なんだから、私が好きなようにするわ。」とでもいっているかのようです。



hunt2.jpg

仕留めた獲物を肩に担いだ女性。何ともたくましい。
この後力で押さえつけてなぶりものにするのでしょうね。


hunt3.jpg


今年最後のエントリーです。
来年もよろしくお願いします。



おもり責め



今回の画像は、男性器におもりをぶら下げて苦しめるというもの。
男性ならでは苦痛です。
上の写真は(わかりにくいですが)ペニスとボール両方をひもで結んでそれにおもりをぶら下げています。
苦しいですがまだいい方です。


we8.jpg

ボールの根元をきゅっと縛られて、それにおもりをかけられるのは本当に厳しい責めです。
ボールが圧迫されて、それはもう苦しいのはご想像がつくかと思います。
これはバケツをぶら下げて、それに水を注がれてるんですね。


we3.jpg

なかなか激しくタトゥーが入っています。
ぶら下げたおもりをゆさゆさ揺らしたりすると、また残酷です。


we2.jpg

おもり責めは一休み、ほっとするのもつかの間、ボールを指でパチンとはじかれる恐怖が待ってます。


we6.jpg

「ああ、助けてください、ゆるしてください・・・」
苦痛はじわじわ、延々と続くのです。



we5.jpg

この責めでは男性の苦痛は本物です。
女性はみんな、苦痛にゆがむ男性の表情を楽しんでますね。
男性が痛がるのを見るのを楽しむ女性にはうってつけの責めです。



we4.jpg

「あら、まだ大丈夫よね。次のいくわよ。」



we1.jpg

椅子をぶら下げてます。
FemDom夫婦の過激な営みという感じですかね。
奥様の怒りに触れたのでしょうか。
必死に謝って許しを乞うほかはないですね。




どうぞ、お手にとって・・



どうぞ、お手にとってご覧ください。
ご自由に扱ってけっこうですので。

女性たちが手にとって品定め。
色、固さ、艶。
でも、結局は、いじめるためのものですから


b01_20161211174524d1c.jpg

毛をきれいにそった男性器を手に取ると、
ほとんどおもちゃです。
女性の頬には思わず笑みが・・・


mi3_201612111745286fb.jpg

みんなでわいわい言いながら引っ張ったりつねったり、
なにをしてもいいんですよ。
男性には拒む権利なんてないんです。


b11.jpg

「ねえ見てくれる?私の夫のコレ。すぐおっ立ててしょうがないから、閉じ込めちゃったのよ。」
「あーら、つらそうね。今日で何日目?」
「ちょうど1週間になるかしら。」
「かわいそうな旦那様。けなげに耐える姿がかわいいわ。」
「まだ大丈夫よね。あなた、そうでしょ?そうよね!」
「・・・・・・はい・・・・」


b06.jpg

奥様の慰みもの。
思うままに手でいじくり回されます。でも、もちろん声はおろか、身動きすることすら許されません。
CFNMは楽し!




クロップで一撃



今回は、クロップ(乗馬鞭)で、男性のシンボル、ペニスをピシッと一撃という画像を集めてみました。
上の画像、叩いている女性が何となくかったるそうなポーズに見えるのは私だけでしょうか。
本気度はイマイチな感じです。
でも、こういうシチュエーションいいですよね。


pc4.jpg

経験のある方はご存じかもしれませんが、クロップでペニスを叩かれるのはなかなかに痛いものです。
クロップはほとんど、「よくしなる棒」ですから。先端は少しいいのですが、ちょっと根元が当たるとかなりの衝撃です。
その威力は長さに比例すると言っていいでしょう。長いクロップをスナップをきかせてピシッと打たれると、思わず「うっ」となってしまいます。

pc1.jpg
この1枚は本当に痛そうです。
ペニスは勃起していても叩かれれば動いて衝撃を逃がします。
でもこれはいわば「まな板の上」状態で、これでピシリとやられると、折れてしまったんではないかと思うほどです。
思わず恐怖を感じてしまいます(笑)


pc3.jpg
これは全然叩いている感じではないですが・・・
もしかして縛り付けて本格的に叩き始めるのかも。
ペニスを叩かれるのは、ボールに比べればまだ耐えやすいです。
でも、男性のシンボルを痛めつけられているという屈辱感でいっぱいになります。


pc2.jpg
縛り付けられて
「なにこれ?縛られてなに大きくしてんのよ!」
と言ってピシピシ攻撃されるのはたまらないです。
たまに狙いが外れて「たま」にくると、思わず悶絶してしまいます。
そんな恐怖心も醍醐味の一つかも。

農場での生活



前回に続いて引退ものをもう一つ。
別にこだわる訳じゃないんだけど、似たような体験談を見つけたので何となく訳してみたくなったって感じですね。
忙しい中で時間を見つけてというのが多いけど、引退後に2人でのんびりっていうのはいいですね。


チェイエンから:

どうも、こんにちは、エリス。 私はあなたのサイトの体験談をすごく楽しみに読んでいます。私のも皆さんに知ってもらおうと思いました。
私の夫と私は共に50代前半で退職しました。彼は大手の航空会社のパイロットでした。そして私は学校の教師でした。
私たちの夢は、自分たちの土地と農場を持つことでした。私たちは農家ではありませんが、しかし私たちは白いフェンスに囲われた、1エーカーばかりの土地と、すてきな小さい白い家を持つことを望みました 私たちは池と家畜小屋のある穏やかな暮らしにあこがれたのです。

私たちが40代後半ごろ、私たちは女性の支配ライフスタイルを見いだしました。
実際、私の夫は常にそれを知っていました。私たちの結婚生活では、常に私が支配的でした。しかし最終的に、彼はライフスタイルとしてこれを私に紹介しました。
初めの頃は少々抵抗がありましたが、やがて私はそれを受け入れました。そして、その後は二度と元に戻ろうとは思いませんでした。

数年前に私たちは退職して、私たちの夢の農場を見つけ出し、そして田舎へ引っ越しました。私たちの長年の夢は現実のものとなりました。しかし私たちの FemDom 関係は、私たちの夢を私たちの新しいライフスタイルにフィットするものに変えました。
実際私が、私たちの退職の年に私たちの関係をさらに推し進めようと言いました。
私の夫は常に自分が奴隷になることについて空想していました。私たちの新しい農場はたくさんの仕事を必要としました。だから今こそ私は夫のファンタジーを現実にする時だと決めたのです。
私たちの子供たちは遠く離れた地方に住み、そして年に1回か2回私たちのところを訪れるだけです。私たちのプライバシーはいつも守られます。それで、私は夫を私の奴隷にしたのです。

私は本当の奴隷使いです。そして私は彼を長時間働かせ、農場を維持していきます。今それはただ形だけの農場に過ぎません。私たちはほとんど収穫というほどのものを持ちません。私たちはただささやかな庭を持っているようなものです。
けれども彼はけっこうな広さの芝刈りをしなければなりません。彼は家の周りにフェンスを建てなければなりません。彼は私たちの家、フェンスと家畜小屋のペンキを塗らなければなりませんでした。家畜小屋では多くの仕事を必要としました。そして彼はそれの世話をしなければなりませんでした。
私は、ただ奴隷の首輪と革パンツだけを身につけた裸の姿で彼を数日間働かせました。

彼が家畜小屋を完成させてからは、私はそれを彼の調教場所にしました。毎週1度は、私は奴隷を家畜小屋に連れて行って、そして彼をひもでつるします。
私は家畜小屋で彼の手を彼の頭の上にたるきに結び付けます。彼の脚を可能な限りぎりぎりまで広げさせ、それを家畜小屋の柱に結びつけます。 彼はまったく無力で、そして無防備です。
それから私は彼を、私の奴隷としてむちで打つのです。私は家畜小屋にいろいろな種類のむちを掛けました。そして私はそのときの気分でそれを使い分けます。時にはバラ鞭、時にはケイン、時には乗馬鞭、そして私が本当に支配的な気分になっているときにはブルホイップを使うでしょう。
私の夫は決してマゾヒストではありませんでした。しかし私は本当に彼の痛みへの耐性を押し広げました。
私は家畜小屋で古い乗馬鞍を見つけました。そして私は家畜小屋の中で時々私の夫に乗ります。彼は、私の乗馬のむちで尻を叩かれ、私に背中に乗られながらわらと土の上を這うことを嫌います。しかし私はそれが好きです。

私は私の奴隷夫にほとんどいつも私のベッドで眠ることを許します。しかし、もし彼が私を怒らせたなら、彼は家畜小屋、あるいは寒い地下室で眠らなければなりません。
けれども彼はたいてい1日3回の食事、熱いシャワーと快適なベッドを得ます。
彼はまたセックスに関しても、私がその気になったときは、私のセックス奴隷になる恩恵を得ます。
そしてもちろん、子供たちが訪問するとき、彼は奴隷をやめることができます。そして彼は彼らの訪問の間、私の伝統的な夫になります。
私たちを訪問する人々は、みな私たちの住む場所に驚きます。それはもうすてきで、ほとんど絵の中から出てきたように思えることでしょう。
もし彼らが、私が雑事をこなすフルタイムの奴隷を持っていることを知っていたとしたらどう思うでしょう・・・

私はあなたがきっと聞くと愉快に思うであろうことがあります。
私は背中のサドルにまたがって家畜小屋で彼を乗り回していると、私はあなたがあなたのQ&Aフォーラムで、以前、マッチョな夫を無理矢理跪かせる苦労について書いていたのを思い出します。
私の場合は、彼の背中にサドルを乗せて跨がってしまえば、わけなく彼をサブミッションへと追い立てることができます。
そう思うと思わず笑みがこぼれてしまいます。

ci1.png



農場の仕事ってけっこう重労働だと思うけど、きっと好きだからできるんでしょうね。
文中で
私の夫は決してマゾヒストではありませんでした。しかし私は本当に彼の痛みへの耐性を押し広げました。

ここでいう「マゾヒスト」とは、特に厳しい痛みや苦痛に快感を見いだす人という意味です。日本では「ハードマゾ」とでも呼んでいるものでしょうか。日本で一般に使われるマゾヒストは、あちら流にいうなら「サブミッシブ」になります。関係性に重きを置くという微妙な違いはあるでしょうけど。

引退後の2人



働いている会社を退職して、年金生活。
ちょっとプアにはなるけど、子供たちは独立し、時間もできる。
この段階になって「離婚」なんて話をよく聞きますね。
FemDom関係の夫婦だったら絶対にあり得ないです。一番充実した夫婦生活になるはずです。
自分も「退職後」なんていうことが全く無縁ではない歳になってきました。いずれやってきます。
今回のはこんな関係作れたらいいなっていう体験談です。


サムBから:

親愛なるサットン女史、妻と私はあなたの素晴らしいウェブサイトが大好きです。私たちは最近(あなたのサイトの)記事と物語をよく読んでいます。
私たちはわずか2年前に女性の支配を実践し始めた50代半ばの退職した夫婦のカップルです。
皆さんに私たちの物語をご紹介します。楽しんでもらえれば幸いです。

サラと私はほぼ30年間結婚生活を送り、そして2人の娘を育て上げました。
数年前に 娘たちがみな家を出た後、私たちの性生活と私たちの家庭での生活は、退屈で空しいものになりました。私たちはほとんど会話さえしなくなりました。
何年もの間、私は秘かに女性支配に対しての興味を持っていました。そして私たちの結婚が味気なくなるに従って、私はfemdom 雑誌のコレクションや本を読んで多くの時間を過ごし、そしてインターネット上で femdom のサイトを訪問するようになりました。
私はプロ dominatrix を訪問しようと考えるほど退屈でした。しかし私の妻に内緒で行くことについてはためらいがありました。そして私は、自分が本当に欲しているのは私の妻に支配されることだと気づきました。

そして、ついに私は行動に移しました。
私は妻に話をして、彼女に私が持っていたいくつかの資料を読むように頼み、そして彼女にどう思ったかを尋ねました。
彼女は最初乗り気ではありませんでした。しかし彼女をその気になったのは、私が家事をしようと申し出たときでした。私が裸のままで下働きをするという私のファンタジーを話したとき、たしかに彼女は興味をそそられていました。

次の日の朝食の後に、私は服を脱ぎ、そして私は裸で妻の前に立ちました。
彼女は、私を彼女のひざの上にうつぶせにさせて、木製の定規で私の尻を叩きました。
それから彼女は私を彼女が掃除道具をしまっているクロゼットに連れて行き、そして私に、彼女が私にさせたい仕事のリストを渡しました。
私が働いている間、彼女は私を監督し、仕事を教え、そして私が怠けたり仕事が遅かったときには、彼女は数回定規で私の尻をピシャリと打つのでした。
午後の半ばまでに、家はきれいになりました。そして私のしりは真っ赤になり、とても痛くなりました。そして私の妻の顔には、純粋な喜びと完全な満足の表情が表れていました。
その夜サラと私は、夜中まで、今まで経験した中で最も情熱的なセックスを楽しみました。

その時から私はすべての家事をするようになりました。
私の技能は、サラがもう私を監督する必要がないところまで向上しました。それで彼女は自分の趣味と楽しみにほとんどの時間を費やすようになりました。彼女は洗濯物と買い物まで私の家事のリストに加えていました。私はまた料理の大部分をします - ただし彼女がメニューを決定した後。しばしば彼女は私に足や背中をマッサージさせます。私が隣の部屋にいても、やっていることを中断させて呼びつけます。彼女は女友達と電話で雑談したりTVを見たりしながら、私が裸で働かされている姿を見ることを楽しみます。

私は1週間少なくとも2度スパンキングを受けます。私はサラが非常にスパンキング好きになったということを認めなければなりません。通常彼女は私に椅子の背中もたれてうずくまらせます。もし私があまりに動きすぎるときは、私はその分余計に打たれることになります。妻は、彼女が私に対して強い力を握る立場にあることを感じるのが好きだと言いました。彼女はパドルか鞭で私の尻を叩いて私を悶絶させながら、私が彼女にこき使われて、そして彼女の使用人にされていることをからかっておもしろがります。

私たちの性生活は信じ難いほどすばらしいです。
彼女がその気になると、サラは私を仰向けに大の字にベッドに縛り付けます。
彼女は私の顔にまたがって、私に口で彼女を楽しませるようにさせます。それから彼女は私(のペニス)をコックリングで締め付け、そして強烈なクライマックスを2回は得るまで私に乗りまくるでしょう。
彼女は私の乳首をつねって、私の胸毛を引っ張って、そして私のボールをぎゅっとつかむことが好きです。時々彼女は朝まで縛ったまま私を無力な状態で放置することもあります。
もちろん私はもう決して妻にセックスを求めません。彼女が用意ができるまで私はただ待って、そして彼女が欲するものを確認し、それを私が与えるのです。

私の妻は、次第に私たちの関係のすべての局面をコントロールするようになりました。
彼女は家庭のすべての決定をします。
もし彼女が夕食に外に出て、友人たちに会って、週末旅行をすることを望むなら、彼女はただ私に、彼女がどうするか決めたかだけ言います。そして私はそれに賛成します。
もし彼女が女友達と夜一緒出かけることを望むなら、彼女は、家に帰ってきたら私が彼女にすてきなマッサージ、あるいは性的な奉仕をする準備をして寝ないで待っているであろうことを承知で出かけていきます。

私たち二人とも、女性支配が今までに私たちに起こった最もエキサイティングなことだということで意見が一致します。
わずか2年前には、私は家の伝統的な夫であり一家の主人でした。それが今日、私は妻の使用人、コック、小間使い、ホイッピングボーイ(昔、王族の代わりに鞭打たれる少年)とセックス奴隷です。
そして私たち二人とも、それが好きなのです!!
私たちの結婚生活は、今までより強く結ばれています。
そして私は、私の美しい妻が、何年もの間私が密かに切望した私への支配と女性の権威を振りかざすようになったことをうれしく思います。

私たち2人のどちらも、再びバニラな関係に戻ることなんてできません。


tumblr_mv4a3krMXO1qkobvoo1_1280.jpg


この体験談でも結局妻をその気にさせたのは「夫が家事を引き受ける」ということ。つまり妻にとって実利があるということですね。
退職後に向けて私も今からがんばらないと(笑)

この体験談、数年前は全然何も感じなかったんだけど、今はすごく気持ちがわかるし、読んでいて高ぶるものがあります。自分が感じるものが「プレイ」から「関係」に変わってきたということなんだろうなあと思います。


sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード