FC2ブログ

弱い立場


久々に自分のことについて書いてみようと思います。
私はD/sプレイで一番感じるのは、相手と自分の強弱関係(力関係)です。
私は、自分が「弱い立場」にある状況がすごく好きです。自分が弱い立場にあると感じると、それだけで興奮して熱くなってしまうのを感じます。
もっとも、普段の社会生活の中ではそんなことを感じることはありません。セクシュアルな喜びを共有し合うパートナーとの間でのみのことです。
プレイの中で拘束されたりお仕置きをされたりいやなことをされたりといったことは、強い相手に思い通りにされてしまう自分の弱さを感じるからじゃないかなって感じます。(これはみんなに共通するとは限らないのですが)
だから、プレイ以外の時でもそんな力関係を思い知らされるとわくわくしちゃうときがあるんですよね。
上の写真、男性が女性に叱られてるみたいです。女性の表情がちょっと険しいです。手には鞭を持ってますね。男性のおしりが赤くなっています。お仕置きされたんですね。でも、女性の怒りは収まっていないみたいです。これはひたすら謝って、さらにお仕置きを受けるしかないですね。

tumblr_inline_nho2hagBjx1r2ociy.jpg
「おまえ、反省した?」
「はい・・・・」
「じゃ、二度と生意気な態度取るんじゃないよ。いいわね。」
「わかりました。・・・本当にごめんなさい・・・」
といった会話でも交わしているシチュエーションでしょうか。
女性の方はだいぶ落ち着いていて、怒りも収まったようです。
お仕置きというのは両者の立場をいやがおうにもはっきりとさせるものですね。


neck1.jpg

「あんた、私の言うことに逆らうっていうの?」
「いえ、逆らうなんてそんな・・・」
決定権を握られてしまっていて、逆らうことができないというのはなんとも弱い立場です。
無力さを思い知らされるのは興奮します。
でも、一緒に生活するパートナー同士だったらこれはなかなか難しい問題を引き起こしかねません。
これが現実生活の中でFemDomを実践する難しさですね。


tumblr_n54ggttHfo1rzdkezo1_1280.jpg

立場が弱い側は、時にはひっぱたかれることもあるかもしれません。力関係がはっきりしている関係では。
これはFemDomの関係では虐待には当たらないでしょう。
だって、寝室でのプレイがちょっと外にはみ出してしまっただけですから。


tumblr_nbwvh8p9hb1taq54wo1_500.jpg

「ちょっと、私の話聞いてるの?」
「あいたた、聞いてます。聞いてますよ。」
弱い立場の男性は、耳やほっぺた、鼻などをつまんだり引っ張ったりといったことも日常的にやられます。
面白半分でやられることもあるでしょう。


c4.jpg

今は夫が家事仕事をするのも普通になってきていますが、仕事をしているのにそれに注文をつけられたり至らないところを指摘されたりといったことをされるのは頭にくるものです。でも、自分の弱い立場をわきまえて受け入れてしまうと、逆に興奮してきます。
この画像みたいに裸で家事させられるのだと最高ですね。


tumblr_o65ymqohoo1rzhg16o1_1280.jpg

貞操器具での男性器支配は、おそらく2人の立場の違いを決定的なものにするでしょう。男性は、とにかく出してもらいたくてしょうがないので、女性の言いなりになるしかないのです。一方の女性の方は、鍵をちらつかせればパートナーの男性は自分の思いのままにコントロールできるのです。女性の立場を最大限に強め、男性の立場をとことん弱める究極のアイテムといえるのではないでしょうか。

立場が弱いことに興奮すると書きましたが、同時にそれは自分の意思が通らないことも意味します。たとえば顔面騎乗をしてほしくても、強い立場のパートナーからあっさりと無視されるかもしれません。また、マスターベーションや射精、エロチックなビデオなども禁止されたなら、それに従わなければなりません。
これは楽しいことなのか?

答えは出ませんね。
楽しくもあり、楽しくもなし(笑)
そういう意味で、私たちは矛盾を抱えた存在なのだと思います。

tumblr_my5jcgGoob1t4dpsso1_500.jpg






Ladu Sonia



このミストレスLadu Soniaさんは、もうかなり昔からやってらっしゃる女王様です。
かれこれ20年はやってらっしゃるんじゃないでしょうか。
この方お美しいのですが、昔から奴隷を責める表情がイマイチ。
サディスティックなものを感じさせないのが残念です。


sonia2.jpg

本気度があまり感じられない。どことなくお優しいんですよね。
結構過激なことやってるのに。



sonia3.jpg

スタイルも良くて個人的にはちょっと好きでした。



sonia4.jpg

この人はなぜか黒よりも白がよく似合う人です。

おそらく、40は過ぎてるでしょうね。
さすがにピチピチで売るのは厳しくなってきてると思います。
末永く頑張ってほしいものです。

sonia5.jpg

チラリズム



女性のスカート、
その奥がチラリと見えるかどうか
やっぱりときめいてしまいます。
これはM(Sub)であってもやっぱり変わりません。
悲しい男の性(さが)なのでしょうか。
それとも私のスケベさ故なんでしょうか。

tumblr_odm3csP6ps1s83jw3o1_1280.jpg

立場上、どうしても下から上に見上げるシチュエーションが多くなります。


tumblr_o978y0bwO01u8y461o1_540.jpg

這いつくばって女性を見上げる、すてきですね。
でも、スカートの中をのぞき見るっていうのは許されないことのようにも思えます。
それでお仕置きされるのもまたいいかも・・・





同じシチュエーションをもう1枚。
tumblr_o6bw1n2l561uxqkqbo1_500.jpg



tumblr_o6cb59xGl21trg6ugo1_1280.jpg

抜群のスタイル、
思いっきり高いヒールが魅力を倍増させていますね。




tumblr_nrmhdwzKDp1syfsqio1_500.jpg

トップの画像もそうなのですが、
いすに腰掛けた姿勢もまたドキドキものです。
四つん這いで控える奴隷に
「さあ、ここへおいで。」
なんて言ってくれそう!



tumblr_n9sviggD0A1rzzmy3o1_540.jpg

わざと足を組み替え、チラチラと見せて悩ませているみたいです。
「こっちへ来てブーツをお舐め。」
「は、はい。ただいま。」
「こら、何大きくしてるんだよ。こいつ、どこ見てるんだよ。」


chi1.jpg

考えてみれば、スカートの奥、
どうなってるなんてとっくにわかってるのに
それでもみたいと思ってしまうのって
ほんと、変ですね(笑)

よく出てくる言葉



今回は、体験談などでよくでてくる言葉をちょっとみなさんにご紹介したいと思います。
まず、上の画像。
男性が見事に大の字に拘束されています。
これからむち打ちが始まるのでしょうか。でも、体の全面だとあまり厳しいむち打ちはできないでしょうね。
この「大の字」を、英語では"Spread Eagle"といいます。訳すと「広げられた鷲」です。
なんか鷲にたとえられるのは妙にかっこいい感じもしますが、撃ち落とされて、広げてみた感じなのではないでしょうか。



kmzcmoThkghg7sabUAZDSfhto1_500.jpg

次は、四つん這い。これは英語で"All Four"といいます。
手足4本をつくという意味ですね。これはFemDomでは当然よく出てくる言葉です。



queening1.jpg

日本でもファンが多い顔面騎乗です。
英語では、そのままズバリ"Face Sitting"といいます。あまりにもそのまんまでつまらないですね。
そんなことへの配慮からか(のわけない)、"Queening"という呼び方もあります。
どちらかというとこちらの呼び方の方が多く使われている気がします。
意味としては、Queen(女王様)の、ing形、女王様のように男の上に君臨するという意味です。
意味上からも、こちらの方がいいですね。(クリーニングと間違わないようにしてください)



ci5_201705202232269d3.jpg

これは女性への「ご奉仕」
女性器に限らず女性が感じるところはすべて愛撫してさし上げるという意味で、"Body Worship"(直訳すると肉体崇拝”)
男性から女性への愛撫は「崇拝」なのです。
この感覚、なかなかいいと思いませんか。


tumblr_n59g7fgzdn1qgnjaoo1_1280.jpg

ペニバンのプレイは、ここではいつも使っていますが、"Strap-on Play"です。Strap-onとは、ディルドーを腰に装着したという意味です。
写真はバックからやっていますが、セックスの体位で「バック」は、"Doggy Stile"要するにワンちゃんスタイルというわけです。
バックの体位でのペニバンプレイは、あちらでは、ドギーポジションでのストラップオンプレイとなるわけです。



ww002.jpg

さてこちらは正常位。このプレイの場合、このポジションはむしろ少数派なんですけど。
この正常位は英語ではなぜか"Misionary Posision"といいます。
Misionaryとは、「宣教師」。
宣教師はこの体位しか許されないの?
なんて訳はないでしょう。
宣教師と説教をする台の関係なのでしょうかね。







聖水



連休のドライブインで偶然目にとまったもの
「お嬢様聖水」
ドキッとしました。
中に、な、何が入っているのだろう・・・
お嬢様の聖水って、まさか・・
なんて思わず想像してしまうのは私だけでしょうか。

みんなで

g1.jpg

今回は、女性たちがみんなでよってたかって1人の男性を責めている画像を集めてみました。
結構よくありそうなのですが、ほとんどは2人か3人で1人の男性を責めているものばかりなので、「4人以上」にこだわってみました。
4人以上となるとあんまりないものです。
上の1枚目は、拘束して感じやすいところをチョメチョメしています。あんまり過激じゃなくて、ソフトSM後のみの方には理想的なシチュエーションかもしれませんね。



g4.jpg

これも女性たちが男性の股間を弄んでいます。芝生の上で皆さん普段着のまま、それにしてもみんな楽しそうなこと。この調子だと、乗馬鞭で厳しくピシッとなんてことはしなそうですね。




g2.jpg

これはちょっと本格的になります。後ろから押さえつけた男性の股間にパンチを食らわす女性、面白そうにそれを見物する女性。自分が責められる様を見られてはやし立ってられるのは精神的な被虐感をあおられます。複数の女性に責められる醍醐味は「見物人」ができることかもしれませんね。




g3.jpg

上の画像の続きです。女性同士、楽しんでるとついつい責めもエスカレートしてくるのではないでしょうか。




tumblr_m4sl3nIDHU1rsl04yo1_1280.png

ピシッ
「うぐ・・・!」

「だいぶうまくなったじゃない。もう少しスナップをきかせるといいわよ。」
「ねえ、私にもやらせてよ。」
 
そんな会話を交わしているように思えてしまいます。



g6.jpg

最後のはみんなマスクを被ってなにやら妖しげな雰囲気。
よく見ると男性器が糸のようなもので縛られ、それを左右から引っ張られています。
生け贄の儀式みたいで不思議な魅力を感じます。

FemDomって、実現しにくいと思うのだけど、4人以上の女性に責められるのって、ほとんどあり得ない、超レアな状況なんだろうなあってつくづく思います。

彼の奇妙な性癖



健康、セックスライフなどの相談のページに寄せられたある女性からの質問、それにドクターからの回答、いわゆるQ&Aです。
ごく普通のノーマルな女性にとっては・・・・
といった感じで興味深く読みました。



Qドクター、私は27歳の女性です。最近私はちょっぴり頻繁なセックスライフを送っています。けれども今、私は結婚して、落ち着いて、そして子供を持ちたいと考えています。
3カ月前に、私はハンサムな、そして裕福な若いヨーロッパの国出身の男性に会いました。 彼は私より10歳ぐらい年上です。 彼は私に、私を愛してると言い、そして私もちょっぴり彼に惹かれています。彼は、彼の母親の許可が得られたら、来年私と結婚したいと言いました。

けれどドクター、少しばかり問題があるのです。私たちの関係の最初の頃、彼とのセックスは良かったです。そしてすべてがごく普通に思われました。 けれども最近の4週間、私は非常に不安に感じるようになりました。
私たちが寝室にいるときは、いつでも彼は私が彼に命令することを望みます。 彼は私にばかげたことを言わせたがるのです。「ベッドに上がりなさい。」とか、「私とセックスしなさい。」とか。
とりわけ奇妙なのは、私たちがセックスを終えたとき、彼は私に「ちっとも良くなかった!次はもっとうまくやりなさい。」 と言わせるのです。 換言すれば、彼は私が彼を批判して、そして彼が役に立たなかったと言わせたいのです。
私たちがベッドにいるとき、彼は私を「ミストレス」と呼び続けます。 そして彼は、自分がしたことを謝り続けて - そして私に彼を罰するように頼みます!

ドクター、これはどういうことなのでしょう?

A それは非常に単純です。 この男性は「サブミッシブ」あるいは「サブ」と呼ばれる人です。 それはある特定の国ではとても普通です。
この特定の性的形質を持っている男性たちは、女性たちによって支配されようと懸命になります。 実際、彼らは「dominatrix」として知られているタイプの女性によってこき使われることが何よりも好きなのです。
もしあなたがこの種類の行動がどれほどポピュラーであるかが知りたかったら、ただ単語「dominatrix」を Google で検索してください。 あなたはそれについて2億4000万以上のウェブサイトがあることに気付くでしょう!
そして、ニューヨークとロンドンのような、ある特定の都市には、文字通り、支配されたくて大金を払うこともいとわない男性たちに「支配」サービスを提供することによって、優雅に生計を立てる何千という女性たちがいます。
通常、支配関係では、マゾヒズムの要素が深く関係しています。 換言すれば、男性はしばしば女性によって叩かれたり、あるいはむちで打たれることを望みます。 私はあなたの新しい彼が、まもなくあなたに叩かれる、あるいは鞭で打たれることを望むようになると思います。けっこうな女性たちが熱心にこれをしています。
同様に、サブミッシブな男性たちが彼らのパートナーによって縛り付けられることを望むこともよくあるのです。知っていると思いますが、これは「ボンデージ」と呼ばれるものです。しばしば彼らは、彼女に性的な行為をするときに、ベッドに縛り付けてくれるよう頼みます。

今あなたの新しいボーイフレンドは一体なぜこのようなことをするのか? 本当のことは誰もわかりません。でも考えられているのは、彼がどのようにしつけられてきたか、または小さいことに起こった何かが関係しているのかもしれません。私はあなたのボーイフレンドがおよそ37であるにもかかわらず、結婚するのに彼の母親の許可を求めなければならないと感じていることが気になります。それは多分彼が「彼女の親指の下」いることを示唆します。
あなたは不思議に思うかもしれませんが、そのような男性を普通に戻す治療は全くないのです。あなたは、あなたに軽蔑的に扱われることを望む男性と一緒に人生を過ごすことを望むかどうか、自身で決めなければなりません!

私の見解を言うなら、あなたが「ちょっぴり彼に惹かれています」と表現しているところから判断して、正直言って彼があなたにとって理想的な花婿のようには思えないのですが。


stride2.jpg

ノーマルな、ごく普通の女性の反応としてはこんなものなのでしょうね。
このドクターの回答は、ごくまっとうなものだと思います。
ドクターがサブミッシブ男性はかなり一般的なものだと言っているのがちょっとうれしいような、そうでもないような・・・
もしもこの女性が男性のことを熱烈に愛しているのなら、きっとうまくやれるのでしょうね。
本当に好きな人のためならば、女性はミストレスでも女王様でもなってくれるはずです。男性よりも適応能力が優れていますから。
でも、ちょっぴり惹かれているのでは無理かなあと、私も思います。

ウェディングレポート



今回のはいわゆる体験談ではありません。Alter boy の貞操帯ページからのフィクションです。
けっこうM心をくすぐるシチュエーションですね。

「あなたは結婚後に再び私とセックスすることができるはずよ。」
私の貞操帯はカチッとロックされました。
もしかしたらそれは私をからかった冗談かもしれないと思いました。
それは4月1日でしたから。

私たちの結婚の日は5月14日でした。
私たちはセックスについて口論になり、結論として私のコックはロックされることになったのです。
私が最後に彼女の中に入れてもらったのはクリスマスにまでさかのぼります。

彼女は私に情熱的なキスをしました。
「私はあなたを気の毒に思います。でもあなたの舌はあなたの小さいモノよりもずっと良いのです。」
彼女は私の貞操器具をつかみました。そして私は彼女の必要を満たすために這いつくばりました。
通常私は週に1回は、彼女のストッキングをはいた足でイカせてもらっていたものです。たまに、手でいかせてもらうこともありました。めったにないことですが、まれに口でイカせてもらうこともありました。(ただし私は必ず1時間以上拘束され目隠しされています。)


我々の結婚式の日、私はほとんど正気ではいられませんでした。6週間にも及ぶ無情な誘惑・からかいと、たった2回のオルガスムなしの射精で過ごした私は、もう軽く触られるだけで爆発してしまいそうな状態になっていたのです。
入籍届を出しに車を運転しながら、私のコックは小さなナイロンパンティに包まれ、脚は、ガーターベルトに吊られた薄い白いストッキングに包まれていました。 私の貞操器具は前の晩に開かれました。

彼女は短いビジネススーツの下に、極端に薄い黄褐色のパンティーストッキングを身につけて、4インチのヒールを履いていました。その姿は私をいっそうおかしくしました。

式は短かったです。私の「はい、誓います」という声が式場に響きました。
戸籍担当者が知らなかったことは、ミストレスが私に、グレーのスーツの下にきわどい花嫁のランジェリー - おしゃれなガーターとパンティー、それに薄くて白いストッキングを吊る白いサテンのビスチェを着させて楽しんでいるということです。

パーティーで、いくらかシャンペンを友人たちと飲んだあと、私たちは彼女がハネムーンのために借りた湖畔の別荘に車で行きました。

近くのレストランで軽く食事をしたあと、私たちは家のソファーに座ってキスして、そして熱烈に抱き合っていました。 私は、キスしている間に、私のパンティーの中で噴出しないために本当に緊張しなければなりませんでした。なぜなら彼女はずっと私の固くなったモノをこすっていたのです。

「私たちの小さな友人が、新婚初夜を待ちきれないようね」
と言って、彼女は私のズボンを下ろしてからかいました。
小さいパンティに先走り液のシミを作っていました。私はまだ白い花嫁のランジェリーを着ていたのです。
「あなたがパンティを汚してしまったから、私は明日あなたをムチで叩いてやるからね。今晩我々はこの生意気な小さなものが私を満足させることができるかどうか試してみるからね」
と言いました。
彼女は、パンティの片方の脚の側から、私の固くなったコックを引き出しました。彼女は私をひざまずかせると、私のシャツのボタンを外し、私の乳首をつねり始めました。
私は少しマゾヒストなので、痛みにいっそう興奮してしまいました。
「そろそろあなたの妻をベッドに運ぶべき時でしょ。」
と、彼女は私に四つん這いになることを命じました。
彼女は赤い首輪を私の首にはめました。手首や足首の拘束具とおそろいのものでした。
彼女は私の目の前でスカートを脱ぎました。それから彼女は乗馬鞭を手に私の背に乗ると、寝室に向かって歩くように命じました。そこには薄くて美しいナイトガウンがベッドの上に置いてありました。

彼女は私の手首の拘束具を固定しました。
そして、私のパンティを下ろしました。
私は彼女が私と同じ白いパンティを身につけていることに気づきました。しかし、パンティストッキングの上から穿いていることを不思議に思いました。
私はそれを私の口で下ろすと、彼女の部分がナイロンの間に現れました。彼女はクロッチレスのパンティーストッキングを穿いていたのです。私は思わず興奮してしまいました。そして、それもまたパンティと同様、口で脱がすことを要求されました。
そのあと、私の脈打つ生殖器は2着のパンティーに擦られ、しごかれてしまいました。

彼女はベッドに腰掛けると、花飾りのついた白い輝くようなストッキングに脚を通しました。彼女の足先は、私が体を震わすまで私のコックを弄び続けました。
「セックスするためには、あなたをもっと拘束した方がいいわね。」
彼女は私のボールの周りをガーターで締め付け、私の体をベッドにくくりつけました。
それから彼女はブラウスを脱ぎ、ナイトガウンに着替えました。
彼女があまりに魅力的なので、私のコックはドキドキ脈打ってしまいました。
彼女は激しく私をつかむと、猛然とそれを吸い始めました。1分後には私は許しを請わずにはいられませんでした。
「ミストレス、止めてくれないと私はもうイッてしまいます。」
彼女がストップしたとき、私はあと1秒でイッてしまうところまで来ていました。
「ダメダメ、あなたは自分の妻とセックスするまでイッてはいけないのよ。」
そしてそれから彼女は私にまたがり、腰をぐいっと押しつけてきました。
「さあ、あなたのミストレス妻とセックスするのよ」
と叫びながら、彼女は腰を上下させました。
私は長くは我慢できず、多分20秒ほどでイッてしまいました。私のオルガスムははあまりに強烈だったので、私は呆然としてしまいました。

彼女はその後まだ1分間座ったままでした。それから彼女は私の顔をたたきました。
「イッてしまったの?役立たず。」
「申し訳ありません。ミストレス。でも、あなたがあまりに美しすぎるので・・・」
私は弁解しようとしましたが、彼女は、私の顔の上に座ることによって、私を黙らせました。
彼女は私が出したものすべてを舐め取らせました。数分後、彼女がエクスタシーの叫びを上げるまでの間、私はミックスジュースをすべて飲み干しました。
彼女の最初のクライマックスの後、彼女は向きを変えて、乗馬のむちに手を伸ばして、そして私の縮んでしまったコックをひどい目にあわせ始めました。
「役立たず、全くの役立たず!」
クライマックスの後の痛みは痛烈でした。彼女は、彼女の尻を私の顔に押しつけることによって、私の泣き声を押しつぶしました。
「これはあなたの未来のあるべき姿です。あなたはもう当分の間、ミストレスの中でイクことは許されません。そして、服従させられた亭主としての新しい人生の始まりになります。それを忘れないでください。多分あなたはもうこうやって出すことは許されないでしょう。」

彼女はほとんど3年間、今日までその約束にそむきません。

stride.jpg


英語が難しくてわけわからない部分はカットしてしまっています。失礼!
sidetitleプロフィールsidetitle

kaisub

Author:kaisub
既婚のサブミッシブ(M)男性です。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールはこちらからsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード